スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

タイ旅行の服装の選び方!バンコク観光は寒さとも戦う【驚愕の事実】

スポンサーリンク

今回の記事は、こんな疑問を感じてる方向けになります。

 

読者さん
読者さん
  • タイ旅行の服装で気を付けることはありますか?
  • ハーフパンツはタイの寺院で入場を拒否されるの?
  • タイ観光では寒さ対策も必要って本当?

 

結論から先に言うと、

  • タイ旅行の服装で気を付けることは、「服装規定・暑さ対策・寒さ対策…など」になりますね。
  • 一部の寺院を除いてハーフパンツでも入場可能ですが、なるべくなら長いパンツをおすすめします。
  • 寒さ対策も重要ですね。多くの日本人が「タイで寒い?意味がわからない!」となりますけどね。

 

まさじろ
まさじろ

「タイ旅行の服装選び方の注意点」について、タイ歴22年の私がシンプルに解説しますね!

 

スポンサーリンク

タイ旅行の服装は日本人のイメージと異なる

一般的な日本人が思い描くタイは、「赤道直下の暑い暑い国」になります。

さらには、日本に比べると「まだまだ発展してない国」というイメージもあるかも知れません。

 

そんな未発展で常夏の国を旅する時の服装は、

読者さん
読者さん

Tシャツ・ハーフパンツ・サンダル等でいいよね!

と思ってる旅行者は多いです。

 

結論から言うと、上記の服装だけでタイ旅行に行くと「問題が山積みになる可能性」が高いんですよね。

 

日本の真夏の服装だけではタイ旅行は厳しい

実は、タイ旅行で「日本の真夏の服装」しか持っていないと以下のような事が起こってきます。

 

  • 入場を拒否される
  • 風邪をひく
  • 紫外線で肌がやられる

 

タイは常夏ですので、本来は「日本の夏の服装」が丁度いいんですよね。

しかし、「その服装だけ」では、快適に旅行ができない可能性があります。

それには「タイ独特の服装事情」があるからなんです。

 

スポンサーリンク

タイ独特の服装事情

タイ独特の服装事情の中でも、ほとんどの日本人が驚くのが

  • タイにも寒い時期がある
  • 極寒になるタイのエアコン事情

になります。

日本人のイメージではタイは常夏の国ですから、「タイが寒いなんて言ってる意味がわからない!」と何度も聞き返されますよね。

 

タイ・バンコクの服装の注意点

しかし、実際に寒いんです。私も最初は意味が分からなかったので、その気持は理解できます。

では、その理由を一緒に確認しましょう!

 

タイ・バンコクの服装の注意点はこんな感じ!

  • タイの寺院にある厳格な服装規定
  • エアコンの効き過ぎで寒くなる
  • 1月と12月の朝夕は少々寒い
  • バンコク観光は「日焼け」に注意

 

スポンサーリンク

タイの寺院にある厳格な服装規定

IMG_20160624_103535

日本とタイは共に仏教徒の多い国です。しかし、タイの仏教は日本とは異なり厳格に仏教の教えを守っています。

日本のお寺ですと、派手な格好や奇抜な格好でも入場規制はありません。

 

しかし、厳格な仏教国であるタイでは、「お寺の入場に関する服装規定」があるんですよね。

上記写真は、タイで1番有名なお寺である「ワットプラケオ」の入場口にある服装規定の看板です。

ハーフパンツや短いスカートでは「入場できない」と書いていますね。

 

と言っても、絶対に入場できない訳ではありません。

 

レンタルパンツの大きな問題点

お寺で「長いパンツ」を貸してくれるんですよね。それを着用すれば入場可能です。

しかし、このレンタルパンツに問題があるんですよ。レンタルパンツの問題点は、衛生上の問題があります。

 

数多くの旅行者がレンタルパンツを着まわしてますので、どちらかと言うと汚いです。

多分ですが洗濯もあまりしてないと思います。さらには、見栄えの問題もあります。

 

レンタルパンツはお世辞にもセンスがいいとは言えません。ですので、写真なんか撮る気にもならないです(泣)

 

レンタルパンツを借りるぐらいなら、「タイパンツ」を買うことを強くおすすめします。そんなに高くないですしね。

【タイお土産】タイパンツがおすすめな理由5選!「履き方も簡単」
今回の記事は、こんな疑問を感じてる方向けになります。 読者さん そもそも、タイパンツって何? タイパンツは簡単に履けるの? タイお土産で人気な理由は? 結論から先に言うと、 ...

 

スポンサーリンク

エアコンの効き過ぎで寒くなる

日本人が驚くタイの七不思議に常にランクインされるのが、「タイのエアコンの効かせ方」になります。

タイは不思議な国でエアコンを「常にキンキン」に効かせたがるんです。

ですので、タイ旅行のときは季節を問わずに「常に羽織るものがあったほうがイイ」んですよね。

 

本当にキンキンですよ。暑くて熱いタイでは、エアコンの存在は本当にありがたいし嬉しいです。

しかし、物事には限度があります。タイのエアコンの温度はその限度を超えています。

そんなバンコクで「特にエアコンを効かせてる場所」は以下になります。

 

バンコクにある電車内

バンコクでは、電車に乗車した直後はエアコンが涼しいのでありがたいです。

しかし、時間の経過とともに寒くなります。

乗車時間が10分程度なら快適が続きますが、15分を超えたあたりから寒くなってきます。

ですので、タイの女性も電車内には羽織るものを持ち込んでますね。

 

特に困るのが「雨に濡れた後の乗車」ですね。もう、メチャクチャ寒いです。体調を崩す人も中にはいます。お気をつけ下さい。

 

ショッピングモール

暑いタイでショッピングモールの存在はとっても嬉しいです。

電車よりは少々マシですが、ショッピングモールもけっこう冷やしてます。

 

それに電車と違ってショッピングモールは滞在時間が長いです。ですので、1時間もいると「冷え込んで」きます。

ショッピングモールで食事やお土産探しをするなら、「羽織るもの」があったほうが絶対にイイですよ!

 

タイ旅行の持ち物を確認することをオススメします。女性はストールも役に立ちますよ。

タイ旅行の持ち物を徹底解説!バンコク・プーケットを【全力満喫】
読者さん タイ旅行の必需品や必要になるものは何ですか? 女性がタイに持って行った方が良いものはあるの? タイ旅行に持っていかなくて良いものは? タイ旅行の必需品は、「お金とパスポート」に...

 

スポンサーリンク

バンコクの「1月と12月の朝夕」は少々涼しい

バンコクでは、「1月と12月の朝夕」は少々涼しくなります。ですので、1月と12月はホットシャワーが必須となります。

 

「寒い寒い!」と言うよりも、数字で確認する方が信憑性が高いですよね。「客観的なデータ」でバンコクの気候を確認してみましょう!

 

バンコクの平均気温や降雨日数

バンコクの年間を通した「平均気温や降雨日数」が以下になります。

「バンコクの平均気温や降雨日数」

 平均最低気温平均最高気温平均降雨日数雨量mm
1月21.032.019.1
2月23.332.7329.9
3月24.933.7328.6
4月26.134.9664.7
5月25.634.016220.4
6月25.433.116149.3
7月25.032.718154.5
8月24.932.520196.7
9月24.632.321344.2
10月24.332.017241.6
11月23.131.6648.1
12月20.831.319.7

(引用:Wikipedia「バンコクの気候」より)

 

バンコクの気候の特徴は、「1月と12月の最低気温が20℃前後になる」ことですね。

ただし、日中は相変わらず暑いです。日本の「春や秋」をイメージしてもらえば分かりやすいと思います。

 

バンコクの安宿には「ホットシャワーなし」もある

ちなみに、この時期にホットシャワーのないホテルに滞在すると「心臓が止まる」思いをしますので気をつけて下さい。

日本だとホットシャワーがあって当然ですが、タイでは事情が異なります。

 

読者さん
読者さん

20℃で寒い?意味がわからない!

という人もいますが、気温15℃~20℃の中で浴びる水シャワーは、「ビックリするほど水が冷たい」です。

タイで寒いなんて信じられないでしょうが、実際に体験すると「冗談じゃなかった!」と大後悔すると思いますよ!

 

1月と12月のバンコクでは、日本の夏の服装に「何か羽織るものを追加」することをオススメします!

 

この時期に、バンコクよりも寒くなるのがチェンマイです。実体験の前にコチラを確認することをオススメします。

チェンマイ旅行の服装の選び方!「12月〜2月」の観光は【要防寒】
今回の記事は、こんな疑問を感じてる方向けになります。 読者さん チェンマイ旅行の服装で注意することは? チェンマイって寒くなるって本当? 結論から先に言うと、 チェンマイ旅...

 

スポンサーリンク

バンコク観光は「日焼け」に注意

バンコクでは、戸外を観光します。そんな時の注意点が、「日焼け対策」になります。

実は、数年前の私は「何の日焼け対策」もしていなかったんです(最近ではしてるので、安心して下さいね!)。

 

そんな私だからこそ言えることが、「タイの紫外線は半端じゃないよ!」になります。

タイの戸外を「30分~1時間」バイクでドライブしたら、けっこうな日焼けっぷりです。

 

驚くほどすぐに「真っ黒」になります。2時間~3時間となると、しっかりと「焼け上がり」ます。その頃になると肌が痛いですよ。

 

日焼け対策に「長袖シャツ」を1枚持って行くことをおすすめします。

 

女性の方はコチラの記事にも目を通しておいて下さいね!

タイ旅行の服装で女性が気を付けた方がいいこと!【読者さん追記有】
今回の記事は、こんな疑問を感じてる方向けになります。 読者さん タイ旅行の服装で、女性が注意することってある? 暑さ対策はモチロンのこと「寒さ対策」も必要なの? 結論から先に言うと...

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、「タイ旅行の服装選び方の注意点」について解説しました。

おさらいすると以下になります。

  • 日本の真夏の服装だけだと問題が山積み
  • タイのお寺には服装規定がある
  • タイのエアコンは冷やしすぎる傾向にある
  • 1月や12月のバンコクは朝晩冷え込むことがある

日本人の友人に「タイって寒いこともあるんだよ!」と言っても信じてくれません。しかし、それを体感した人は言います。「ヤバイくらいに寒かった!」と。

 

まさじろ
まさじろ

バンコクよりも、もっと日差しが強いのがプーケットになります。南国ビーチリゾートなので当然ですよね。確認しておいて下さいね!

プーケット旅行の服装の選び方!常夏だから日焼け対策【必須】
今回の記事は、こんな疑問を感じてる方向けになります。 読者さん プーケット旅行の服装で注意することは? プーケットはやっぱり暑いんだよね? 結論から先に言うと、 プーケット...