タイに美人や美女が多い5つの理由を包み隠さず話してみよう!

ひと昔前に比べて「タイに美人や美女が増えた」と思いませんか?実は20年前と10年前のタイ女性の写真を比べても、そんなに違和感はないんですよね。しかし、昨今の写真と昔を比べるとビックリするぐらいに違いを感じます。

大きく違いを感じるのは、タイ女性の「肌の色」「服装」「メイク」などになりますね。しかし、本当の理由はまだ他にもあるんですよね。タイ美人の宝庫である「チェンマイ・チェンライ」についても解説しますね。

タイに美人と美女が多い理由

タイ女性が美人になってきた理由が下記の5つの理由になります。

  • 肌の色が白くなってきた
  • 服装のレベル
  • メイクが上手
  • 整形に違和感があまりない
  • ハーフ美人が増えてきた

肌の色が白くなってきた

最近のタイ女性は、驚くほど美白意識が高いです。ですので、日焼けすることを嫌がります。タイで人気があるのは「肌の白い女性」なんですよね。

だから、チェンマイやチェンライ等に代表される「北方のタイ女性の人気が高い」です。と言うのも、タイの北部の方が色白女性が多い傾向にあるんですよ。

そんな理由からか、タイ女性は日焼けに関しては敏感ですよね。美白に関しては、日本女性やアジア女性独特の共通の意識になりつつありますよね。

10年前や20年前のタイ女性は小麦色の肌が多かったです。昔は、肌の白い女性が少なかったんですよね。しかし、最近ではかなり増えつつあります。

子供の頃から日焼けに気を使ってますからね。肌の色の変化もタイ人に美人や美女が増えたと感じる理由の一つですね!

服装のレベル

常夏の国って、どうしても服装が単調になりがちなんですよね。と言うのも、ほぼ暑い訳ですよね。となると、必然的に「涼」を重視する服装になるんです。

ですので、昔は薄い布切れのような服装が主流でした。しかし、最近ではしっかりした服装に変わりつつあります。大都会バンコクの中心地を歩くと、お洒落な女性で溢れかえってますよね。

流石に日本人クラスの服装にはまだ到達してませんけどね。日本人の女性の服装のレベルが高すぎるんだと私は思ってます(笑)

※ユニクロ等の、日本と同じ服装を販売するメーカーがタイにも進出しています。ですのでこれからは、ますます両者の違いはなくなりそうです

メイクが上手

メイクが上手なタイ女性が増えています。バンコクの電車の中でメイクをなおす女性も増えつつあります。昔は、口紅を軽くつけるという印象だったんですけどね。

最近では、「こってりメイク」の女性も多いですね。これはあくまで私見になりますが、「エアコンの普及と関連性があるのでは?」と思ってます。

エアコンなしのバスで通勤してたタイ女性が、最近ではエアコンのキンキンに効いた電車や地下鉄で通勤してます。ですので、汗でメイクが落ちる心配がなくなったんではないでしょうか?

バンコクなどの大都会では、ばっちりメイク・こってりメイクの女性が多いですが、タイの地方都市に行くとバンコクほどメイク率は高くないように見受けられます。

理由は、暑いから汗で流れ落ちるからだと思います。タイの田舎でもデパートに遊びに行くときは、多くの女性がバッチリとメイクをしていますよ!

整形に違和感があまりない

昨今のタイ女性(特に若い女性)は、整形に違和感を感じない人が増えてます。お金が貯まったら「鼻を高くしたい」と何回聞いたことやら。

しかも、タイは整形費用が安いんですよね。鼻を高くするのは、わずか3万円でできちゃいます。タイもそのうち整形大国になるかもしれませんね。

ハーフ美人が増えてきた

タイに美人が増えている理由を4つ説明してきましたが、これが本当の理由だと思います。それは「タイにハーフが増えてきた」からですね。やはりメイクや整形ではだせない本物のキレイさをもってますね。

タイ人は外国人との結婚を歓迎する人が多いですから、ハーフが必然的に増えやすい環境です。バンコクにも大勢いますしタイの地方都市でもよく見かけますね。

最近のタイの俳優や女優さんは、めちゃくちゃ格好よかったり可愛かったりするんですよ。タイで活躍する俳優や女優さんは、非常にハーフ率が高いです。

やはり、タイ人は異文化を積極的に受け入れる体制が整ってるんでしょうね。ハーフと言っても、西洋人とタイ人のハーフもいますし、アジア人とタイ人のハーフもいます。

パートナーが西洋人であれアジアン人であれ、ハーフには可愛いタイ人女性が多いです。

タイ女性が綺麗になった別の要因

タイ女性が綺麗になったのには、もう1つ別の要因があります。それはSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)の充実、ひいてはインターネットの普及にあります。

最近は、ほとんどのタイ女性がスマホを持っています。タイ人はフェイスブックが大好きです。タイ人女性は自分が大好きなので自撮りしてはフェイスブックにアップします。

そんなフェイスブックは商用利用にも使われていて「肌の色が白くなる薬」「お洒落な服やカバン」「お洒落なコスメ」などを販売しています。

それを販売しているタイ女性はみんな綺麗です(私の見てる限り全員です。しかも、ほぼ整形済み)。さらに服装も日本人に近い服装をしていますし、お化粧もめちゃくちゃ上手です。

そういう女性を毎日見てるので、一般のタイ女性も目が肥えてきます。ですので、美容意識は否が応でも高まるようですね。

チェンマイ・チェンライは美人・美女が多い

チェンマイやチェンライと言えば美人の産地だとタイでは言われています。というのも、タイの北部の人は色白な傾向があるんですよね。

私はチェンマイに長期滞在したことが数回あります。本当に綺麗な女性が多いのに驚きますよね。これはチェンライも同様です。

タイは白肌信仰

日本人もそうですが、タイ人は日本人以上に「白肌信仰」が強い国です。タイのテレビを見ると、色白の女優さんや俳優さんばかりに驚くと思います。

日本人女性もかなり美白意識が高いですが、タイの女性も同様に高いです。というのも、タイの日差しは日本のとは比べ物になりませんからね。

ですので、タイ人の若い女性は本当に日焼けするのを避けてますね。バンコクならエアコンが効いてるからいいのですが、地方のタイ人女性の涙ぐましい努力には感服します。

タイでも有数の熱帯地域であるイサーンエリア

タイの東北部をイサーンというのですが、ここは暑い時期は40℃を簡単に超えてきます。そんな中で、イサーンの女子大生はパーカーを着てバイクに乗っています。

当然ですが、寒いからではありません。日焼け対策です。40℃を超える暑さってのは、もうウダルような暑さな訳ですね。そんな中でも日焼けを避ける。どこの国も若い女性の努力は涙ぐましいですね。

チェンマイ・チェンライ女性は、肌の色が白いよ

タイ人女性に「色白の肌と小麦色の肌」のイメージを聞いたことがあります。

「色白の肌のイメージ」
都会・上品・知的・清潔・綺麗・お金持ち等

「小麦色の肌イメージ」
田舎・下品・知的レベルが低い・汚い・お金がない等

タイでは肌の色1つでイメージがガラッと変わるんですよね。ですので、タイのほとんどの女性が色白を目指します。

日本の貴族に象徴される色白

昔の日本も、貴族階級ほど色白の傾向がありました。労働者階級は、外で働くから嫌でも日焼けしますからね。ですので、色白は日本人女性の憧れとなった訳ですね。

しかし、日本では小麦色の肌でもそこまで毛嫌いされる訳ではありません。しかし、タイは「色白一択」です。例外はありません。ほぼ全てのタイ人女性が色白を目指しています。

チェンマイ大学とチェンライ大学

そんな美人の産地であるチェンマイとチェンライ。頂点に君臨するのは、チェンマイ大学とチェンライ大学の女子大生になります。色白な上に、勉強もできるなんて素敵ですもんね。

どちらの大学にもお邪魔したことがありますが、そりゃあビックリですよね。可愛い女子大生がワンサカいるんですもんね。やはりタイでは色白女性が人気があるのも頷けましたね。

まとめ

結論から言うと、タイも豊かになりつつあるってことですよね。ますます美人な女性が増えてきたら嬉しいですね。個人的には、年齢関係なしに女性が綺麗になるってのは素晴らしいことだと思いますよ!

「タイ旅行のおすすめ情報」をまとめたので紹介しますね。頻繁にタイを旅している私が、実際に行った観光地、実際に食べたタイ料理等、全て「私の...

【タイ旅行Webガイドのおすすめ】

タイへの航空券を探す

タイ旅行ツアーを探す

タイのホテルを探す