タイバーツの為替レートの推移と「過去レート」に関する思い出を語る

スポンサーリンク

昨今のタイバーツの為替レートは、「1バーツに対して3.3円~3.5円近辺」をウロウロとさまよっています。

正直、かなり渋い為替レートと言わざるをえません。それは、過去のウハウハのレート時代を知ってるからです。

「早く昔のレートに戻らないかな」と、過去を知っている人ほど思うんですよね。

タイびと
タイびと

「昔は良かったんだよ!」と、人は言います。人は歳を重ねると、若い頃の思い出が美化される傾向にあるようです。

しかし、タイバーツに関しては美化ではありません。そうなんです、タイバーツの為替レートは、過去に「やたらにレートが良い時代」があったんです。

まさじろ
まさじろ

今回は、「タイバーツの為替レートの推移」と「過去のウハウハなレート時代の思い出」について、タイ歴22年の私が解説します。

スポンサーリンク

タイバーツの為替レートを過去から読み解く

タイバーツの為替レートを過去の分(1990年)からチャートで紹介します。今は1バーツが3.3円位ですが、昔は1バーツが「なんと2.4円!」の時代もあったんですよね。

タイびと
タイびと

1バーツが2.4円の時に両替すると、「1万円:約4,000バーツ」になったんですよ。

昨今だと、1万円で「2,800~3,000バーツ」ぐらいなので、かなりの差がありますよね。タイバーツに関しては、昔は本当に良かったんです。

1バーツはいくらだったの?

それでは次に、具体的なタイバーツの為替レート推移を見ていきましょう。過去に「1バーツがいくら?」だったのかを以下のチャート表で知ることができます。

例えば1990年ですと、「1バーツ=約5.6円」になります。ちなみに、今は「1バーツ=約3.3円」でしたよね。

まさじろ
まさじろ

タイ旅行の持ち物についてはコチラをどうぞ!

>>タイ旅行の持ち物で「必要なもの」

スポンサーリンク

タイバーツの為替レートの推移をチャートで確認

タイびと
タイびと

下記のデータは「その年の1月の平均値」となっておりますので、大体の目安だと理解した上でご確認下さいね!

「1990年代」のタイバーツの為替レート

1990年 5.6
1991年 5.2
1992年 4.9
1993年 4.8
1994年 4.3
1995年 3.9
1996年 4.1
1997年 4.5
1998年 2.4
1999年 3.0

「2000年代」のタイバーツの為替レート

2000年 2.8
2001年 2.6
2002年 3.0
2003年 2.7
2004年 2.7
2005年 2.6
2006年 2.9
2007年 3.4
2008年 3.5
2009年 2.5
2010年 2.7
2011年 2.7
2012年 2.4
2013年 2.9

(引用元:海外投資データバンクより)

タイびと
タイびと

タイ旅行の服装についてはコチラをどうぞ!

>>タイ旅行の服装の選び方

スポンサーリンク

1997年のアジア通貨危機が過渡期

タイバーツの為替レートで特筆すべき点は、1997年の「アジア通貨危機」になります。ここからタイバーツのレートが大変化します。

「1990年:5.6円」→「1997年:4.5円」までは、徐々に変化していました。しかし、1998年にいきなり「2.4円」になります。

アジア通貨危機とは?

アジア通貨危機とは、1997年7月よりタイを中心に始まった、アジア各国の急激な通貨下落現象である。アジアの通貨下落は、アメリカ合衆国のヘッジファンドを主とした、機関投資家による通貨の空売りによって惹起され、東アジア、東南アジアの各国経済に大きな悪影響を及ぼした。

(引用:WIKI)

タイびと
タイびと

「タイ旅行の予算や費用」についてはコチラをどうぞ!

>>タイ旅行の予算を費用の相場からザックリと計算

スポンサーリンク

過去のウハウハなレート時代の思い出

アジア通貨危機で、タイを旅していた日本人は「とんでもない恩恵」を受けます。

両替金額がビックリするほど跳ね上がったんですよね。当時の日本人は皆んなウハウハでしたね。

まさじろ
まさじろ

両替するときに約2倍になるんですもん。「盆と正月が一緒に来た」ような感じでしたよ!

体感で2倍になったよね

ざっくり計算するとこんな感じになります。

  • 1997年は1万円が「2,000バーツ」
  • 1998年は1万円が「4,000バーツ」

同じ1万円で、倍のタイバーツが両替できるんです。当時の旅行者は震え上がるほど喜びましたね。

タイびと
タイびと

バンコクの高レート両替所に関してはコチラをどうぞ!

>>バンコクの両替でおすすめの両替所

スポンサーリンク

当時のタイは物価も安かった

さらに、当時のタイは現在よりも物価が「かなり安かった」んですよね。この頃のタイは、「為替レートは高いが物価は安い」というのウハウハ時代でしたよね。

当時のタイだと3万円あれば「1ヶ月生活」することも十分可能でしたね。

当時の物価

当時のタイの物価はこんな感じになります。

  • タイチャーハン:15~20バーツ
  • タイラーメン:15~20バーツ
  • パッタイ:10~15バーツ
  • ゲストハウス1泊:100バーツ

生活費は、「1日300バーツあれば十分」という猛者がゴロゴロしてた良き時代ですね。ちなみに、タイの田舎では「今でも上記の値段に近いエリア」がありますよね。

まさじろ
まさじろ

安く生活したいならタイの田舎がおすすめですね。ただし、娯楽があまりないので、楽しいかどうかは本人次第ですけどね。

タイびと
タイびと

タイバーツの両替についてはコチラをどうぞ!

>>タイバーツと円の両替でお得になる方法

スポンサーリンク

まとめ

今回は、「タイバーツの為替レートの推移」と「過去のウハウハなレート時代の思い出話」について、タイ歴22年の私が解説しました。

ウハウハ時代を知ってる人ほど、今の低レート時代はキツイですよね。今では1万円が3,000バーツを超えたら、けっこう嬉しいですもんね!