スポンサーリンク
スポンサーリンク

【最新版】タイバーツと日本円の両替で高レートになるおすすめ方法!

スポンサーリンク

今回の記事は、こんな疑問を感じてる方向けになります。

 

読者さん
読者さん
  • タイバーツと円の両替を日本でしたら損って本当?
  • タイの空港で両替したらいいんでしょ?
  • タイバーツと日本円の両替のおすすめ場所は?

 

結論から先に言うと、

  • 日本国内でのタイバーツと円の両替は、「かなりのレート損」になりますね。
  • タイの空港での両替は、「少々のレート損」になります。日本国内での両替に比べると遥かにマシですが。
  • タイバーツと日本円の両替のおすすめは、「スワンナプーム国際空港と有名両替所の支店」になります。

 

まさじろ
まさじろ

「タイバーツと日本円のお得な両替方法」について、タイ歴22年の私が解説しますね!

 

スポンサーリンク

タイバーツと日本円の両替は「レート差が激しい!」

タイ旅行を楽しむための最初の一歩は、「日本円をタイバーツに両替すること!」になります。

ほとんどの旅行者は、タイの通貨である「タイバーツ」なんて持ってないですもんね。

 

それに、この両替が後々の「タイ旅行の成否を左右する」といっても過言ではないんです。

 

読者さん
読者さん

両替って円をバーツに替えたらいいだけでしょ、「何をおおげさな!」

と思った方もいるかと思います。

 

しかし、多くの旅行者にとって「両替は大事」なんです。

と言うのも、両替をする場所次第では、「レートにかなりの差」がでるからですね。

 

両替金額の差が大きい

最初に、タイバーツと円の両替に関しての「重要な情報」があります。

 

下記は、とある日に1万円を両替したときの「タイバーツの金額」になります。

  • 2,580バーツ:日本の銀行
  • 2,610バーツ:日本の空港
  • 2,750バーツ:タイの空港
  • 2,990バーツ:有名両替所の支店
  • 3,000バーツ:有名両替所の本店

 

同じ1万円で、これほどまでに両替金額に差がでるんです。

ちょっとした情報の差で、「かなりのレート損」になるのがタイという国なんですよね。

 

有名両替所の本店のデメリット

という事で、日本円とタイバーツの両替は「有名両替所の本店に行きましょう!」と以前は言ってました。

しかし、昨今では事情が異なります。

 

それは、バンコクのメイン空港である「スワンナプーム国際空港」に有名両替所の支店が入ったからなんですよね。

タイバーツの両替レートが最も良い場所が、「有名両替所の本店」になります。

 

ファイル_007 (22)

しかし、本店にはデメリットもあります。

  • BTSの駅から少々遠いので旅行時間が減る
  • お客さんが多いので両替に時間がかかる
  • 最近では、支店とのレート差が薄い

 

有名両替所の本店は、上記のように短期旅行者には「あまりお得にはならない可能性」があります。

短期旅行者は、「些細な両替レートの違い」よりも旅行時間の方が大事ですもんね。

 

日本円とタイバーツの両替でお得になる方法は、実は「個々の状況」によって異なってくるんです。

 

スポンサーリンク

両替の損得を「日本の銀行と空港・タイの空港・有名両替所」で確認

 

それでは次に、日本円をタイバーツに両替できる「場所ごとの損得」を詳しく解説します。

 

日本の銀行・空港

前述した両替データから読み取ると、日本の銀行や空港は両替レートがよろしくありません。

 

以下のように、有名両替所の支店のレートと比べるても「約400バーツ」の差がでるからですね。

  • 2,580バーツ:日本の銀行
  • 2,610バーツ:日本の空港
  • 2,990バーツ:有名両替所の支店

 

海外旅行にいくときは、日本の銀行や空港で「現地通貨に両替」したくなります。

不安な気持ちが、「先に現地通貨を手に入れておこう」という思考に直結するんだと思います。

 

私も知らない国なら「少しでも両替しておこう」となります。

しかし、タイ旅行に関しては、その必要は全くありません。

 

タイの空港にある両替所

タイの空港での両替は、日本国内での両替と比べたら遥かにレートが良くなります。

 

「現地のお金がないと不安な方」は、タイの空港での両替をオススメしますね。

  • 2,610バーツ:日本の空港
  • 2,750バーツ:タイの空港
  • 2,990バーツ:有名両替所の支店

 

ただし、タイの空港での両替は日本と比べると良いですが、有名両替所の支店と比べると「240バーツもの差」がでます。

ですので、タイの空港での両替は「必要最小限」にすることをオススメします。

 

前述したように、有名両替所の支店が入っているので「スワンナプーム国際空港だけは例外」になります(詳しくは後述)。

 

有名両替所の本店と支店

タイバーツと日本円の両替で1番レートが高くなるのが、「有名両替所の本店」になります。

支店は本店と比べると、ほんの少しだけレートが落ちますね。

 

ただし、近年の傾向として、本店と支店のレート差は「5バーツから10バーツ」に縮まっています。

 

2~3年前は支店と本店の両替レートが、「20バーツぐらいの違い」があったんです。

  • 2,990バーツ:有名両替所の支店
  • 3,000バーツ:有名両替所の本店

 

20バーツぐらいの差があるなら、「本店での両替」もメリットがありました。

しかし、「5バーツ~10バーツのレート差」だと、そこまでのメリットはありませんね。

 

有名両替所の支店は、「ショッピングモールやBTSの駅など」に入ってるので便利なんですよね。

 

タイ通貨であるタイバーツをよく知らない方は、コチラに目を通しておくと今回の記事の理解が深まりますよ!

 

【最新版】タイ通貨のお金の単位と種類!両替レートで得する知識
今回の記事は、こんな疑問を感じてる方向けになります。 読者さん タイ通貨の単位は何になるの? タイのお金の種類には何があるの? 結論から先に言うと、 タイ通貨の単位は、「バ...

 

スポンサーリンク

個々の状況に分けた「おすすめの両替場所」

それでは次に、個々の状況に分けて「一番お得な両替場所」について解説します。

 

タイバーツのお得な両替は、「日本からタイへの到着空港」によって以下に分けることができます。

  • 1円でも多く両替したい方
  • スワンナプーム国際空港「以外」を使う方
  • スワンナプーム国際空港を使う方

 

1円でも多く両替したい方

ファイル_000 (28)

「1円でも多く両替したい方」には、バンコク市内にある4つの有名両替所がおすすめです。

両替レートは常に変動しているので、各両替所のサイトで「現在のレート」を確認してから向かいましょう!

 

バンコクにある有名両替所についてはコチラをどうぞ!

 

バンコクでの両替は空港とスーパーリッチがおすすめ【高レート】
今回の記事は、こんな疑問を感じてる方向けになります。 読者さん 両替レートが常に高い両替所はありますか? バンコクのおすすめ両替場所はどこですか? バンコクの空港での両替はお得じゃないの? ...

 

スワンナプーム国際空港「以外」を使う方

スワンナプーム国際空港以外を使う方。

例えばドンムアン空港を使う方は、空港での両替レートがよくありません。

 

空港では、少額だけ両替することをオススメします。

バンコク市内に出た後に、「有名両替所の支店」で両替したらいいですね。

 

ドンムアン空港での両替情報はコチラをどうぞ!

 

【レート損】ドンムアン空港での両替は少額がおすすめ!残りは市内で
読者さん ドンムアン空港の両替レートは良いのですか? 24時間営業の両替所はあるの? ドンムアン空港からパタヤに行くんだけど両替はどこがおすすめ? ドンムアン空港の両替レートは、あまり良...

 

スワンナプーム国際空港を使う方

スワンナプーム国際空港に日本からの飛行機が到着する方は、「地下フロアでの両替」をおすすめします。

 

ただし、「一般両替所」と「有名両替所の支店」があります。

一般両替所で両替してしまうと、かなりのレート損になるのでご注意下さい。

 

どちらもスワンナプーム国際空港の地下フロアにあるのですが、1万円の両替に対して「240バーツ」の差がつくんです。

 

スワンナプーム国際空港での両替はコチラで確認して下さいね!

 

スワンナプーム空港でタイ通貨に両替する時のおすすめ【超レート得】
読者さん タイに限らず「空港での両替」は必要分がおすすめだよね? スワンナプーム国際空港にある両替所のおすすめは? スワンナプーム国際空港では「24時間」両替可能なの? 一般的な海外旅行...

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、「タイバーツと日本円のお得な両替方法」について解説しました。

 

おさらいすると以下になります。

  • バーツと円の両替は場所でのレート差が激しい
  • 日本国内の銀行や空港での両替はお得じゃない
  • タイの空港はスワンナプーム国際空港だけがお得
  • 有名両替所の支店での両替がおすすめ

 

まさじろ
まさじろ

次は、タイ旅行で本当に役立つ「旅の事前情報」をチェックして下さいね!

タイ旅行で役に立つ情報を紹介するよ
今回は、「タイ旅行で役に立つ旅の情報」について、タイ歴22年でタイ旅行が大好きな私が解説しますね!