タイバーツの為替レートの推移をチャートで過去から紹介するよ!

今回は、タイバーツの為替レートを過去の分(1990年)からチャートで紹介します。今は1バーツが3円位ですが、昔は1バーツが5.6円の時代もあったんですよね。

昔の為替レートに比べると、今は本当にありがたい時代ですよね。

タイバーツの為替レートの推移

タイバーツの為替レート推移を見ていきましょう。全てのデータは、その年の1月の平均値となっております

過去に「1バーツがいくら?」だったのかをこの表で知ることができます。例えば1990年ですと、1バーツ5.6円になります。

ちなみに、今は「1バーツ=約3.1円」でしたよね。

今回は、タイ旅行の持ち物の準備について解説します。タイ旅行が近づくにつれて、気になるのは持ち物の確認ですよね! 「あれ持ったかな?」「...

タイバーツの為替レート(1月の平均値)

「タイバーツの為替レート」

1990年  5.627917
1991年  5.296537
1992年  4.951756
1993年  4.899192
1994年  4.360549
1995年  3.966807
1996年  4.172074
1997年  4.576182
1998年  2.464092
1999年  3.091493
2000年  2.809284
2001年  2.699829
2002年  3.019964
2003年  2.774753
2004年  2.715907
2005年  2.666835
2006年  2.915259
2007年  3.416929
2008年  3.548091
2009年  2.589994
2010年  2.764108
2011年  2.70432
2012年  2.439313
2013年  2.964018

(引用:海外投資データバンク)

今回は、タイ旅行の費用や予算について解説します。タイ旅行に行く前に不安になることの1つに、「いくらお金を持っていけばいいんだろう?」があ...

1997年のアジア通貨危機が過渡期

タイバーツの為替レートで特筆すべき点は、1997年のアジア通貨危機になります。ここからタイバーツのレートが大変化します。

1997年は、「1バーツ=4.5円」だったのに、1998年 には、「1バーツ=2.4円」に急激な変化をみせています。この変化の要因が「アジア通貨危機」になります。

アジア通貨危機とは?

アジア通貨危機とは、1997年7月よりタイを中心に始まった、アジア各国の急激な通貨下落現象である。アジアの通貨下落は、アメリカ合衆国のヘッジファンドを主とした、機関投資家による通貨の空売りによって惹起され、東アジア、東南アジアの各国経済に大きな悪影響を及ぼした。

(引用:WIKI)

今回は、タイバーツと日本円のお得な両替方法を徹底解説します。実は、タイ旅行を楽しむための最初の一歩は、日本円をタイバーツに両替することか...

次のページは、「タイバーツの為替レートの急激な変化で喜んだ人」