タイ・バンコク航空券(往復)安い時期を相場とあわせて解説するよ!

「タイ旅行に行こう!」と決めたら、最初に手配しないといけないのが航空券になります。「じゃあ、航空券を探すかなと思ったあなた!」ちょっと待って下さい!

日本の新幹線のようにほぼ値段が決まってるものなら、時期等は気にせずに「乗りたいとき」にチケットを購入するのがイチバンいい方法だと思います。

しかし、タイ行きの航空券は「乗車日や購入日によって値段が乱高下」するんですよね。ですので、ある程度の知識を入れておいたほうが「かなりお得」に航空券を購入できるんですよね。

タイ・バンコク航空券の高い時期

安い時期にタイ行き航空券を購入したいなら、イチバン大事なことは「高い時期」を外すことです。ですので、最初は「タイ行き航空券が高い時期」を紹介します。

タイ行き航空券が高騰する時期

タイ行きの航空券が特に高い時期は、以下の3時期になります。

  • 年末年始
  • お盆
  • ゴールデンウィーク

特に年末年始は驚くほどの値段になります。私の友人は、正月の1日~3日しかお休みがありません。ですので、毎年この時期にタイ旅行をします。

毎回の航空券代金は、2泊3日で12万円~15万円になります。これツアーの料金じゃないですよ。航空券のみの値段ですからね。

休みが取れない方は別ですが、安く行きたいなら「この時期は絶対に外すこと」ですね。お盆やゴールデンウィークも、かなり高めの相場になりがちですので外しましょう!

タイ行き航空券が高い時期

上記の他に航空券の値段が上がる傾向にあるのが、学生さんの長期休みの時期ですね。具体的には下記の2時期になります。

  • 夏休み:7月~8月
  • 春休み:3月~4月

この2つの時期も、航空券の値段が少し高い時期になります。安く行きたいなら、外したほうがいいですね。それでは、上記の高い時期を踏まえた上で、タイ行きの航空券の安い時期について見ていきましょう!

タイ・バンコク航空券の安い時期はこの3時期!

タイ行き航空券の安い時期を簡単に言うと、上記の「高い時期」を外した時期になります。さらに言うと上記の高騰時期の前後がベストになります。具体的には下記の3つの時期がオススメですね。

  • 4月上旬~4月下旬
  • 5月中旬~6月
  • 11月

4月上旬~4月下旬

春休みが終わった頃から、ゴールデンウィークが始まるまでは航空券は安い傾向にあります。この時期のタイは「暑季」になります。ですので、メチャクチャ暑い時期ですね。

それもあるので、日本からの観光客が減るんですね。だから、航空券の値段はとっても安いんですよね。

5月中旬~6月

ゴールデンウィーク終わった頃から、夏休みが始めるまでの時期ですね。この時期も航空券の値段が下がる傾向にあります。というもの、この時期のタイは「雨季」に突入した頃になります。

ですので、雨が多いんですよね。だから、観光客が減ります。実は「タイの雨季」はとっても過ごしやすいんですけどね。一日中土砂降りの雨が降り続くわけではないですしね。

なんせ、曇ってるから暑くないんですよね。スコールの後は少し涼しくなるので、この時季はとっても快適なんですよね。ただし、1日に数回降るスコールからは逃げられませんけどね(笑)

11月

11月も値段が下がる傾向にありますね。そして、この時期はタイでは「乾季」になります。航空券の値段は安いし、タイはこれからの最高のシーズンを迎えます。この時期にタイミングよくタイに行けるなら、とってもラッキーだと思いますよ!

航空券の相場

タイ行き航空券の相場を紹介します。ただし、使う航空会社によって値段は全く異なります。ここで紹介するタイ行き航空券の相場は、「あくまでも私の感覚」ということを予めお断りしておきますね。

高い相場の時期

  • 年末年始     :10万円~15万円
  • お盆       :6万円~12万円
  • ゴールデンウィーク:6万円~12万円
  • 夏休み(7月~8月):5万円~7万円
  • 春休み(3月~4月):5万円~7万円

安い相場の時期

  • 4月上旬~4月下旬:3.5万円~5万円
  • 5月中旬~6月  :3.5万円~5万円
  • 11月      :3.5万円~5万円
初めてのバンコク旅行におすすめな17観光名所を選びました。私が初めてバンコクに来たのは、もう22年前のことになります。 そんな私が、「...

次のページは、「格安と一般の航空券の違い」