ワットアルン(暁の寺)の見所と行き方を分かりやすく解説するよ!

今回は、ワットアルンの見所と行き方を紹介します。三島由紀夫さんの小説である豊饒の海の3巻「暁の寺」で有名になったんですよね。

ワットアルンの近くには、「ワットプラケオ・ワットポー」があります。この3つの寺を一緒に観光する人が多いですね。

※2017年7月現在も未だに工事中なんです。ですので、工事部分はなるべく外すように写真を撮ってます。2016年9月に工事は終了の予定でした。ですので、ほぼ1年後に来たんですよね。でも、まだ工事中でした。そんなタイが好きです(笑)!

ワットアルン(暁の寺)の見所

バンコクにある3大寺院の1つであるワット・アルン。その見所は以下の3点になります。

  • チャオプラヤー川のほとりにある
  • 5つからなる仏塔
  • 秀逸なレリーフ

チャオプラヤー川のほとりにある

ワット・アルンの最大の魅力は、チャオプラヤー川のほとりにあるということです。船から眺めるワット・アルンの姿がとっても美しいんですよね。

特に夕暮れに見るワット・アルンは最高に綺麗です。ですので、可能なら夕暮れ訪れることをおすすめしますね。工事が終わったら、もう一度夕暮れに訪れて写真を取り直す予定です(笑)

5つからなる仏塔

ワット・アルンは、メインの大仏塔の周りを小さい4つの仏塔が囲むつくりになっています。上記写真は、小仏塔の1つですね。この5つの仏塔が素晴らしんです。

と言うのも、一つ一つの仏塔が本当に丁寧に細やかに作られてるんですよね。遠くから見ても楽しめますし、近くでじっくり見ても楽しめるのが嬉しいです。

秀逸なレリーフ

細かい装飾がとっても美しのもワット・アルンの魅力の1つですね。

実はもう一つの魅力もあるんだけど

実は、大仏塔には階段が備えられていて、途中まで登ることができるんです。しかし、今は工事中なので最上段まで登りきることはできません。

しかし、中段から見る景色でも十分に素晴らしいですよね。工事が終わったら、ここも再度写真を撮り直す予定です(笑)

ワット・アルンの入場料金

ワット・アルンの入場料は、50バーツとなります。大仏塔に近づかないなら無料なのですが、それではここまで来た意味がないですもんね(笑)

ワットアルンの行き方

ワットアルンの行き方は下記になります。

  • 水上ボート
  • タクシー
  • トゥクトゥク

私のおすすめは、トゥクトゥクですね。トゥクトゥクって今では観光名物ですからね。バンコク市内でもそんなに見かけませんよね。

水上ボートで行く

バンコクに慣れてる人なら、水上ボートでもワットアルンに行くことが可能です。まずは、BTSサパーンタクシン駅に向かってください。

駅の「2番出口」を出ると船着場に向かう通路になっています。そこを道なりに進むと「サトーンピア(船着場)」に到着します。Tha Tien駅(上記写真)行きの船に乗って下さい。

料金は片道14バーツです。Tha Tien駅に到着したら、駅の対岸がワットアルンになります。Tha Tien駅から対岸まで船がでてるので、それに乗ればいいですね。

※ボートの乗車駅がたまに変わるそうなので、乗り込む前に「Tha Tien駅」に止まるかを確認したほうが安心ですね。

タクシー

MRTファランポーン駅からタクシーに乗ってください。楽な方法ではありますが、周辺は超渋滞ゾーンです。ですので、時間がまったく読めません。

トゥクトゥク

MRTファランポーン駅からトゥクトゥクで「Tha Tien駅」を目指して下さい。その後は対岸のワットアルンに船で渡ればいいですね。

トゥクトゥクなら多少の渋滞は回避できます。それでも所要時間は20〜30分は見ておいてください。MRTファランポーン駅を出ると、上記写真のようにトゥクトゥクが客待ちをしています。運賃は150〜200バーツが相場となります。

アクセス

3:ワットアルン

初めてのバンコク旅行におすすめな17観光名所を選びました。私が初めてバンコクに来たのは、もう22年前のことになります。そんな私が、「実際...

まとめ

今回は、ワットアルンの見所と行き方を紹介しました。夕方のワットアルンは本当に綺麗です。どうしても時間のとれない方は「ワットポー」側からワットアルンを見るだけでも美しいですよ!

「タイ旅行のおすすめ情報」をまとめたので紹介しますね。頻繁にタイを旅している私が、実際に行った観光地、実際に食べたタイ料理等、全て「私の...

【タイ旅行Webガイドのおすすめ】

タイへの航空券を探す

タイ旅行ツアーを探す

タイのホテルを探す