バンコクにある暁の寺で有名な「ワットアルン」の見所3選と行き方!

スポンサーリンク

三島由紀夫さんの小説で、暁の寺として有名になった「ワットアルン」。エメラルドブッダで有名な「ワットプラケオ」や、涅槃仏で有名な「ワットポー」とあわせて観光する人が多いです。

ワットプラケオやワットポーの見所が多すぎて、ワットアルンは他の2寺院に比べると「少々見劣り」すると思われがちです。

しかし、それは大きな間違いです。実は、ワットアルンは「ライトアップ」されてからが圧巻なんです。

間近で見ても美しいですが、チャオプラヤー川越しにみる「ライトアップされたワットアルン」がおすすめですね。

タイびと
タイびと

対岸に「絶景ポイント」があるので、そこからワットアルンを眺めて写真をパシャパシャ撮っちゃいましょう!

まさじろ
まさじろ

今回は、「ワットアルンの見所と行き方」と「おすすめの写真ポイント」について、タイ歴22年の私が解説しますね!

スポンサーリンク

ワットアルンの見所3選

ワットアルンの見所3選は以下になります。

  • ライトアップ前のワットアルン
  • ライトアップされたワットアルン
  • チャオプラヤー川越しに見るライトアップされたワットアルン
まさじろ
まさじろ

1つずつ詳しく確認していきましょう!

スポンサーリンク

ライトアップ前のワットアルン

タイびと
タイびと

ライトアップ前のワットアルンの見所は以下になります。

チャオプラヤー川のほとりにある

ワットアルンはチャオプラヤー川のほとりにあるので、船から眺める姿がとっても美しいんですよね。

5つからなる仏塔

ワットアルンは、メインの大仏塔の周りを「小さい4つの仏塔」が囲むつくりになっています。上記写真が、大仏塔と小仏塔の1つになりますね。

この5つの仏塔が素晴らしんです。と言うのも、1つ1つの仏塔が本当に丁寧に細やかに作られてるんですよね。

まさじろ
まさじろ

遠くから見ても楽しめますし、近くでじっくり見ても楽しめるのが嬉しいです。

秀逸なレリーフ

細かい装飾がとっても美しいのもワットアルンの魅力の1つですね。

タイびと
タイびと

ワットアルンの入場料は無料ですが、大仏塔へ入場するには「50バーツ」が必要になります。大仏塔の入場時間は「8時〜18時」になります

スポンサーリンク

ライトアップされたワットアルン

こちらがライトアップされたワットアルンになります。これでも十分綺麗ですが少々見えにくいですよね。

タイびと
タイびと

もう少し近くで、じっくりと見たいですよね。しかし、近づくことはできません。

大仏塔は18時まで

前述したように、ワットアルンの大仏塔(上記写真)への入場時間は「8時〜18時」になります。残念ですが、ライトアップされる頃には大仏塔の近くにはいけないんです。

しかし、大仏塔に近づけなくても全く問題ありません。前述したように、ワットアルンはチャオプラヤー川越しの景色が絶景だからですね。

まさじろ
まさじろ

大仏塔へは入場できませんが、ワットアルンの敷地には18時を過ぎても入場することは可能ですよ。

スポンサーリンク

絶景ポイントまで渡し船を使う

  1. 渡し船入口
  2. ターティアン船着き場
  3. 絶景ポイント
タイびと
タイびと

前述したように、チャオプラヤー川越しに見るライトアップされたワットアルンが絶景なんです。まずは、対岸まで渡し船で行きましょう。

渡し船入口

対岸までの「渡し船(上記写真)」があるので、それを使って対岸まで行って下さい。運賃は4バーツになります。

絶景ポイント近く

絶景ポイント近くに「廟」があるので、そこを奥に進みます。

絶景ポイント

こちらが絶景ポイントから見るワットアルンになります。

まさじろ
まさじろ

地元の方5人に聞いたら、4人がこの場所をオススメしてくれましたよ!

スポンサーリンク

チャオプラヤー川越しに見るライトアップされたワットアルン

ライトアップは18時30分からになります。しかし、18時頃から「のんびりとワットアルン」を眺めることをオススメします。それは、ワットアルンの変化が素敵だからですね。

上記が、「18時ちょうど」のワットアルンになります。背景の夕焼け空とワットアルンが重なって美しいですよね。

チャオプラヤー川は船の往来が多い

チャオプラヤー川は船の往来が多いんです。船の灯りとワットアルンがあうんですよね。

まさじろ
まさじろ

汽笛なんかが聞こえてきそうな雰囲気です。旅情を感じるよね。

日が暮れると頂上の灯りが目立つ

さらに日が暮れると、仏塔の頂点にある灯りが「くっきり」と見えるようになります。

頂点の灯りを拡大

頂点の灯りを拡大すると、こんな感じになります。

漆黒の闇

漆黒の闇が近づくいて、さらにハッキリとワットアルンの姿が見えるようになりました。

タイびと
タイびと

ライトアップの5分前ぐらいですね。

ボートの灯り

この時刻になると、ボートの灯りとワットアルンの灯りが一層引き立ちます。

ライトが点灯

18時30分きっかりに、ワットアルンに火が灯ります。チャオプラヤー川にうつる灯りも素敵ですよ。

陰影が際立つ

ライトアップされたワットアルンを少し拡大してみます。陰影がハッキリしてて美しいですよね。

まさじろ
まさじろ

チャオプラヤー川越しに見るワットプラケオは、最高に綺麗ですね!

角度を変えて

時間がある方は、角度を変えてワットアルンのライトアップを見ても素敵ですよ。

スポンサーリンク

ワットアルンへの行き方

まさじろ
まさじろ

バンコク市内からワットアルンに行くには、「BTSと水上ボート」を使うと便利なんです。

  1. BTSサパンタクシン駅・2番出口
  2. 水上ボート乗り場
  3. ワットアルン

最寄り駅は、BTSサパンタクシン駅

ワットアルンの最寄り駅は、「BTSサパンタクシン駅」になります。

タイびと
タイびと

BTSについてはコチラで確認して下さい!

>>タイ・バンコクのBTSの路線図と料金!

BTSサパンタクシン駅の構内地図

上記写真が、BTSサパンタクシン駅の構内地図になります。ワットアルンに行くための水上ボート乗り場に近いのは、「2番出口」になります。

まさじろ
まさじろ

駅に着いた後は、「2番出口」を目指しましょう!

2番出口

上記写真が「BTSサパンタクシン駅・2番出口」になります。写真の奥に見える階段を降りていきます。

階段下を直進するとボート乗り場

2番出口の階段を降りた後、道なりに少し歩くと上記写真の場所にでます。ここをさらに「↑」直進します。

タイびと
タイびと

ちなみに、こちらを「←」左折するとトイレがあります。

階段下を左折するとトイレ

水上ボート乗り場を目指してるのでなかなか目に入らないですが、こちらに公衆トイレがあります。無料の割には清潔に保たれているのでオススメですよ。

まさじろ
まさじろ

使用可能時間は、朝から夕方になりますね。夜は閉められているので、ご注意くださいね!

案内表示

それでは、さきほどの「階段下」に戻って下さい。階段下を直進すると、「案内表示」がデカデカと見えてきます。

案内板の「←」の表示にしたがって左に曲がると、水上ボートのチケットオフィスがあります。

スポンサーリンク

ツーリストボートとエキスプレスボート

水上ボートにも色々な種類があるのですが、ワットアルンに行くには下記の2つが便利です。

  • エキスプレスボート:各駅に停車するボート
  • ツーリストボート:主要駅だけに停車する快速ボート
タイびと
タイびと

おすすめは、「ツーリストボート」ですね。混雑してないのと、時間が節約できるからです。

スポンサーリンク

エキスプレスボート

エキスプレスボートのチケットは、上記写真の場所で購入します。ワットアルンへの運賃は「15バーツ」になります。

運行間隔は、「15〜20分に1本」になりますね。ですので、それほど待つことはなさそうです。

タイびと
タイびと

時間はかかってもいいから、安く行きたい方におすすめですね!

列に並ぶ

チケットを購入したら、順番待ちの列に並びます。ここらへんから、「けっこう人が多いなあ」と感じると思います。ボートが来たら順番に乗り込みます。

エキスプレスボートの船内風景

エキスプレスボートは観光客も地元の方も利用するので、けっこう混雑していますね。

スポンサーリンク

ツーリストボート

ツーリストボートのチケットは、上記写真の場所で購入します。ワットアルンへの運賃は「50バーツ」になります。

運行間隔など

ツーリストボートの運行間隔などは以下になります。

  • 運行間隔:30分に1本
  • 始発:9時
  • 最終:17時30分
まさじろ
まさじろ

BTSサパンタクシン駅の近くにある水上ボート乗り場は、「Sathorn(Central)」と言います。

列に並ぶことは少ない

何回もツーリストボートに乗ってますが、並ぶほど混雑したことはありません。ですので、ワットアルンまでの船旅をのんびりと楽しめます。

ツーリストボートの船内風景

前述したエキスプレスボートは、立ってる乗客が多いです。しかし、ツーリストボートでは「空席が目立つ」ほど空いています。

スポンサーリンク

ワットアルン船着き場

エキスプレスボートで来た方もツーリストボートを使った方も、大きな橋を2本くぐったら目的地である「ワットアルン船着き場」が近いです。

ワットアルンが遠くに見える

進行方向の左手にワットアルンが見えたら、そろそろ降りる準備をします。船から降りるために「船の後方」に移動して下さい。

船の後方

船の後方で、「ワットアルン船着き場」に停留するのを待ちます。降りていいタイミングになると、スタッフが知らせてくれます。

ワットアルンに到着

ワットアルン船着き場に到着後、道なりに進むと上記写真の場所にでます。ワットアルンのチケットオフィスは、ここを「↑」直進した場所にあります。

スポンサーリンク

BTSサパンタクシン駅へのボートでの帰り方

ワットアルンからBTSサパンタクシン駅に帰るのは、上記写真の「ワットアルン船着き場・1番」を使います。

まさじろ
まさじろ

エキスプレスボートもツーリストボートも、どちらも「ワットアルン船着き場・1番」になります。

列に並ぶ

ワットアルン船着き場・1番の近くで乗船準備のために並びます。ちなみに、長い列が出来ているのは「エキスプレスボート」になります。

タイびと
タイびと

一方、ツーリストボートは「ほとんど並んでない」ので快適ですよ。

ツーリストボートの最終時刻

ツーリストボートの最終時刻は、「18時10分」になります。

まさじろ
まさじろ

ツーリストボートの最終に乗れなかったら、エキスプレスボートで帰りましょう。

エキスプレスボートの最終時刻

エキスプレスボートの最終時間は「19時45分」になります。最終時刻には、ご注意くださいね!

タイびと
タイびと

バンコクのおすすめ観光地はコチラをどうぞ!

>>バンコク旅行のおすすめ観光地

スポンサーリンク

まとめ

今回は、「ワットアルンの見所と行き方」と「おすすめの写真ポイント」について、タイ歴22年の私が解説しました。

ワットアルンをおさらいすると以下になります。

  • ワットアルンの入場料は無料
  • 大仏塔は50バーツで8時〜18時まで
  • 渡し船で対岸の絶景ポイントに行ける
  • ライトアップは18時30分
  • BTS+水上ボートがおすすめ
  • ツーリストボートは快適
  • 帰りのボートの最終時刻に注意