スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

スワンナプーム国際空港からバンコク市内!「両替・タクシー・地図」

スポンサーリンク

タイ旅行の初心者さんが、気になることの1つに

読者さん
読者さん

スワンナプーム国際空港に到着した後は、何をしたらいいの?

があります。

 

結論から言うと、空港に到着した後の流れは

  1. 入国審査
  2. 両替
  3. 市内移動

の、たった3つになります。

 

ほとんどの方は、スワンナプーム国際空港に「慣れてない」から心配になっちゃいますよね。

 

しかし、空港ですべきことは「たったの3つ」です。

ですので、そんなに不安に感じる必要はありませんからね!

 

この記事では、

  • スワンナプーム国際空港のフロア地図
  • 空港に到着後の流れ
  • お得な両替とバンコク市内への移動

について、タイ歴22年の私が説明します。

 

まさじろ
まさじろ

タイ旅行で最初に降り立つ場所は空港ですので、「空港に関する知識」が少しでもあれば旅はグッと楽になりますよ!

スポンサーリンク

スワンナプーム国際空港のフロア地図

空港到着後をイメージしやすくするために、「スワンナプーム国際空港の概略」から紹介しますね。

 

スワンナプーム国際空港の各フロアの特徴は以下になります。

  • 4階:出発フロア
  • 3階:ショップ・レストラン
  • 2階:到着フロア
  • 1階:タクシー・フードコート
  • 地下:高レート両替所・電車

 

4階:出発フロア

4階は、国際線と国内線の「出発フロア」になります。

 

航空会社のチェックインカウンターもこの階にありますよ。

 

ぷち福
ぷち福

「4階はタイから日本に帰るとき」に利用するので、軽く頭に入れておいて下さいね!

 

3階:ショップ・レストラン

3階は、「ショップ・レストラン等のフロア」になります。

 

スタバやバーガーキングがありますね。

さらには、「ファミリーマート」もありますよ。

 

2階:到着フロア

2階は、到着フロアになります。

 

日本からの飛行機を降りた後、道なりに進むと「2階に到着」しますよ!

 

1階:タクシー・フードコート

1階は、「タクシー乗り場とフードコート」のフロアです。

 

スワンナプーム国際空港の物価は総じて高いです。

安く食事がしたいなら、「1階のフードコート」がおすすめですね。

 

地下:高レート両替所・電車

地下は、「高レート両替所と電車のフロア」になっています。

 

サラッと書いてますが、このフロアが「空港攻略のポイント」なんです!

 

まさじろ
まさじろ

空港に到着してからの流れをシンプルに言うと、「地下で両替 → バンコク市内」になるからですね。

 

タイへの入国で必要となる、「タイの出入国カードの記入例と書き方!」はコチラをどうぞ!

スポンサーリンク

空港に到着後の流れ

 

空港に到着後の流れを具体的に見ていきましょう!

 

2階の到着フロア

入国審査→荷物受け取りの後、道なりに歩いてくるとコチラの「2階の到着フロア」に出てきます。

 

この後は、両替をするために「地下フロア」に向かいます。

写真の「→」右手に向かって進んで下さい。

 

スワンナプーム国際空港のsimカード

右方向に向かってすすむと、すぐ近くに「simカード販売カウンター」が見えます。

最初に、「simカードを購入しましょう!」と、以前は言っていました。

 

しかし、最近では日本国内で事前に「simカードが購入」できるんです。

 

さらには、スワンナプーム国際空港で買うよりも安いんです。

並ばなくていいのもメリットですね。簡単に設定できちゃいますから(笑)

 

まさじろ
まさじろ

最近では、私もこればかりを使っています。慣れてくると、飛行機を降りるまでにネット接続ができちゃうからですね。

 

1階へのエスカレーター

simカウンターを通り過ぎて、さらに道なりに歩くと「1階へのエスカレーター」があります。

 

このエスカレーターで1階に降りて下さい。

 

1階から地下へ

コチラの写真が1階になります。

 

左側に見えるエスカレーターで2階から降りてきます。

次は、奥にあるエスカレーターで「地下フロア」に向かって下さい。

 

タイsimカードについては、「タイsimカードは日本で購入がおすすめ!」もチェックして下さいね!

スポンサーリンク

地下フロア→両替所エリアへ

1階から降りてきた直後の写真がコチラになります。

 

写真の右手奥に向かって進んで下さい。

 

両替の注意点

地下フロアを進むと、コチラの「2つの両替所」が見えてきます。

しかし、この2つの両替所は「タイの銀行が運営」してるのでレートが良くありませからね。

 

実は、スワンナプーム国際空港にある両替所は「お得・お得じゃない」の2つに分けられます。

コチラの両替所は、「お得じゃない方」になるんです。

 

まさじろ
まさじろ

ですので、コチラ両替している日本人を見る度に、「あー、ココで両替したらモッタイナイ!」と私はヤキモキしてしまうんですよね。

インフォメーション

タイの銀行が運営している両替所を通り過ぎると、「インフォメーションカウンター」があります。

 

上記写真の

  • 左奥:両替所
  • 右奥:電車乗り場

になります。

 

両替所までの通路

インフォメーションを左奥に進むと、「両替所までの通路」になります。

 

コチラの通路を、さらに奥に進むと「両替所エリア」になります。

 

両替後にパタヤに向かう方は、「スワンナプーム国際空港からパタヤへバスで移動」をどうぞ!

スポンサーリンク

スワンナプーム国際空港での両替は「本当にお得なの?」

一般的な海外旅行の基本は、「空港での両替は必要最小限」になります。

観光ガイドブックにも、そう書いてますよね。

 

しかし、スワンナプーム国際空港は例外になります。

スワンナプーム国際空港には、「タイの有名両替所の支店」があるからですね。

 

両替金額の差が大きい

 

タイたび
タイたび

タイ通貨への両替に関して、最初に知って欲しい「重要な情報」があります。

 

下記は、とある日に1万円を両替したときの「タイバーツの金額」になります。

  • 2,580バーツ:日本の銀行
  • 2,610バーツ:日本の空港
  • 2,750バーツ:タイの空港
  • 2,990バーツ:有名両替所の支店
  • 3,000バーツ:有名両替所の本店

 

同じ1万円で、これほどまでに両替金額に差がでるんです。

ちょっとした情報の差で、「かなりのレート損」になるのがタイという国なんですよね。

 

タイ通貨がないと不安な方

 

読者さん
読者さん

タイ旅行にいくのに、「タイ通貨」を持ってないと不安だよ!

と、思う方もいますよね。

 

タイ通貨を持ってないと不安な方も、「スワンナプーム国際空港での両替」をおすすめします。

日本の空港とスワンナプーム国際空港(一般両替所)のレート差を比べても、「140バーツ」の差がでるからですね。

 

本店をオススメしない理由

 

読者さん
読者さん

じゃあ、「有名両替所・本店」で両替するのがイチバンお得ってことだよね?

上記データからも読み取れるように、高レートで両替できるのが「有名両替所・本店」になります。

しかし、一般的な旅行者には本店はおすすめできません。

 

その理由は以下になります。

  • お客さんが多いので両替に時間がかかる
  • 最寄りの駅から徒歩10分以上と旅行時間がモッタイナイ
  • 最近の傾向で支店との両替差があまりない

 

本店をおすすめできない最大の理由が、「支店との両替差がなくなってきた」ことになりますね。

 

タイの通貨についてよく知らない方は、「タイ通貨のお金の単位と種類!」にも目を通しておいて下さいね!

スポンサーリンク

本店と支店の両替レートの差を「実データで確認」

2~3年前は、本店と支店の両替レートに「20バーツぐらいの違い」がありました。

しかし、2019年現在の傾向として、この差が「5バーツ~10バーツ」に縮まっているんですよね。

 

読者さん
読者さん

空港での両替がお得なんて信じられないよ!

海外旅行に慣れている方ほど、「空港での両替がお得」とは信じられないと思います。

ですので、「実際のデータ」で確認してみましょう。

 

緑のスーパーリッチ

タイ国内で常に高レートを誇る両替所が、「スーパーリッチタイランド(緑のスーパーリッチ)」になります。

それでは、緑のスーパーリッチの「本店と支店の両替レート」を確認してみましょう!

 

 

緑のスーパーリッチの現在の両替レートをチェック

※「Buying Rate」が日本円→タイバーツの両替レートになってます。

 

本店の両替レートが最初に表示されるので、その後「suvarnabhumi Aiport」をチェックしてみて下さい。

私もたまにですが両替レートを確認しています。「5バーツの差」であることが多いですね。

 

まさじろ
まさじろ

本店と支店の両替差は「たったの5バーツ」。よって、スワンナプーム国際空港の支店での両替がおすすめ!

 

オレンジのスーパーリッチでも確認!

 

読者さん
読者さん

ところで、緑のスーパーリッチって「本当に高レート」なの?

と、気になる方もいるかと思います。

 

緑のスーパーリッチと同じぐらい有名なのが、

「スーパーリッチ1965(通称:オレンジのスーパーリッチ)」

になります。

 

 

オレンジのスーパーリッチの現在の両替レートをチェック

※「Buying」が日本円→タイバーツの両替レートになってます。上記写真を参考にして下さいね!

 

ぷち福
ぷち福

「緑のスーパーリッチが本当に高レートなの?」と不思議に思う方は、オレンジのスーパーリッチの両替レートもチェックするといいですね。

 

タイバーツの両替については、「タイバーツと日本円を高レート両替!」で詳しく説明していますよ!

スポンサーリンク

タイバーツをお得に両替するなら「地下フロア」

 

読者さん
読者さん

日本円からタイバーツは、スワンナプーム国際空港で両替しても損じゃないんだね!

いえいえ、前述したようにスワンナプーム国際空港には「一般両替所」と「有名両替所の支店」があります。

 

一般両替所での両替だと、流石のスワンナプーム国際空港でも「大損」になります。

前述した、スワンナプーム国際空港にある「有名両替所の支店」で両替しましょうね!

 

インフォメーションの奥に「両替所エリア」があるよ

前述した、両替所の通路を進むと、コチラの両替所エリアに到着します。

「このエリアで両替すること」をオススメしますね。

 

このエリアは「どこでも両替しても高レート」ですが、各両替所で微妙に両替レートが異なります。

全部で10店舗もないので、グルっと一回りして「イチバンレートの高い両替所」で両替しましょう。

 

まさじろ
まさじろ

地下フロアのおすすめ両替所は以下になります。最近の私はハッピーリッチで両替することが多いですね。オレンジのスーパーリッチは混み過ぎ(笑)

 

オレンジのスーパーリッチ

オレンジのスーパーリッチは、バンコクの両替では「超有名なお店」です。

バンコク市内にもいくつもの支店があります。

 

スワンナプーム空港のスーパーリッチも支店の1つとなりますので、「こちらでの両替は安心感」があります。

オレンジのスーパーリッチで両替しておけば間違いはないですね。

 

タイびと
タイびと

オレンジのスーパーリッチは有名なので混んでいることが多いです。混んでるなら、別の両替所を利用しましょう。旅行時間がモッタイナイですもんね。

 

HAPPY RICH(ハッピーリッチ)

第2候補は、「HAPPY RICH(ハッピーリッチ)」になります。

 

実は、ハッピーリッチは凄いお店なんです。

何故かと言いますと、他の両替所よりも「ほんの少しですが高レート」なことが多いからですね。

 

まさじろ
まさじろ

ハッピーリッチはまだまだ無名なんで、まったく混んでません。スイスイです。そこもメリットになりますね。

 

まさじろも「このエリア」で両替してるよ

私まさじろも、最近では「スワンナプーム国際空港の地下フロア」を使わせてもらっています。

今回は、33.7万円分の日本円をタイバーツに両替しました。

 

昔なら、30万円以上の両替は「有名両替所の本店」に行ってましたね。

前述したように今ではレート差が薄いので、「空港でサクッと替えたほうが便利」なんですよね。

 

まさじろ
まさじろ

有名両替所の支店は24時間営業ではありません。各両替所で営業時間は異なりますが、「6時~22時頃」になりますね。

 

両替の後に電車でバンコク市内に向かう方は、「エアポートレールリンクの乗り方!」を参考にして下さいね!

スポンサーリンク

スワンナプーム国際空港からタクシーでバンコク市内へ行く方法

両替を済ませたら、スワンナプーム国際空港1階にある「タクシー乗り場」を目指しましょう。

 

大きめのスーツケースを持ってる時は、タクシーで「空港からホテルに直行」すると本当に楽ですよ。

電車はちょっとキツイ(笑)

 

1階の4番出口

1階に到着したら、その後はコチラの「4番出口」を目指して下さい。

 

「4番出口」に到着したら、このまま空港の外に出て下さい。

その後、「←」左方向に進みます。

 

ぷち福
ぷち福

エアコンが効いた快適な空港内とは違って、外に出た途端に「温かく絡みつくような南国の空気」がタイを感じさせてくれますよ(笑)

 

レギュラータクシー

左折した直後に見えるのがコチラの場所になります。

 

3つのレーンが並んでいるので、バンコク市内に向かう方は「写真中央のREGULAR TAXI」に進みましょう。

 

タッチパネル

そのまま進むと、コチラのタッチパネルがあります。

 

「GET TICKET!」を押すと、画面の下部からタクシーチケットが出てきます。

 

スポンサーリンク

タクシーチケットに書かれている内容

 

タクシーチケットで最初に確認する情報は、「Lane Number 10」になりますね。

これは「10番乗り場に向かってね!」と言う意味になります。

 

さらに、このタクシーチケットには以下の情報が書かれています。

降車するときまで「大事に保管」して下さいね。

 

Driver ID運転手の氏名
Member IDメンバーID
Car Type車のタイプ
Licensed Plate Noプレート番号
Telephone No電話番号

 

ぷち福
ぷち福

「何か問題があったときのため」にあるのがタクシーチケットになります。コールセンターの電話番号の記載もありますよ!

 

タクシー乗り場に向かう

「Lane Number 10」の場所にタクシーが止まっています。

 

運転手さんに先程の「タクシーチケット」を見せて下さい。

 

まさじろ
まさじろ

タクシーチケットは見せるだけです。渡したらダメですよ!

 

タクシー乗車後

タクシー乗車後に運転手さんに「行き先」を伝えます。

行き先次第では、「高速道路を使ってもいい?」と聞いてきます。

 

高速料金もそんなに高くないので、積極的に利用していきたいですね。

と言うのも、バンコク市内までは「高速道路を使ったほうが快適」だからですね。

 

スポンサーリンク

バンコク市内までの値段目安と「深夜の注意点」

スワンナプーム国際空港からバンコク市内までのタクシー料金は「以下を合算した値段」になります。

  • タクシー料金
  • 空港使用料(50バーツ)
  • 高速代金

 

タクシー料金の確認方法は、メーターで確認します。

上記写真だとタクシー料金は「37バーツ」になりますね。

 

空港からタクシーを使う時は「空港使用料:50バーツ」が追加になります。

 

高速代金

さらに、高速道路を使った方は「高速代金が追加」されます。

高速代金は、「100バーツ」もみておけば十分ですね。タイはまだまだ高速代金も安いんです。

 

高速代金は、高速道路の入口で「料金を支払う度に手渡す」のが一般的です。

タクシーの運転手は計算が苦手な人が多いので、最後に合算するとややこしくなります(笑)

 

バンコク市内へのタクシーの総額は、

「ざっと見積もると:400バーツ~500バーツ」

ぐらいですね(目的地や高速道路や混雑具合で異なります)。

 

一人旅の女性は深夜のタクシーに注意!

スワンナプーム国際空港に限らず、「女性1人での深夜タクシー」は危険です。

その理由は、日本人女性には色白が多いので「ムラムラっときちゃう」からですね。

 

タイには白肌信仰があるので、「白い肌ってだけでモテモテな国」なんですよね。

 

実は、タイのタクシー運転手は「田舎出身の出稼ぎ労働者」が多いんです。

ですので、タクシー運転手のひとり一人と話すと「けっこう良い奴」なんです。

 

しかし、彼らの多くは我慢が苦手な人が多いんです。

ですので、「短絡的な行動に走る運転手」も中にはいるんですよね。

 

タイたび
タイたび

ちなみに、タイ人女性も深夜の1人タクシーは「危ないから」と敬遠しますよ。言葉の通じない外国人なら「なおさら危険」ですよね。

 

タイ旅行では気を付けるべきこともあります。詳しくは、「タイ旅行の注意点!」を確認して下さいね!

スポンサーリンク

まとめ

今回は、「スワンナプーム国際空港に到着後の流れ」と「両替とタクシーでバンコク市内へ」を説明しました。

 

空港で両替すると、「あっ、パスポート忘れた!」なんて失敗もないですので超便利ですよ。

空港で両替しても損じゃないなんて、ありがたいことですよね!

 

スワンナプーム国際空港の次は、「バンコク旅行のおすすめ観光地18選!」を確認しておくと、きっとあなたの役に立ちますよ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
バンコク
役に立ったと思った方はシェアして下さいね!
ぷち福

コメント