サイアム周辺を地図で解説。バンコクの中心だから都会的だよ!

今回は、バンコクの中心地である「サイアム」を地図でじっくりと解説します。サイアムは、バンコクの中心になります。

東京や大阪の中心地を想像すると分かりやすいですね。ですので、当然ですが「サイアムエリア」は大都会になります。

ランドマークとして「サイアム」の名前を覚えておいてください。ちなみに、着飾ったタイ人や外国人で溢れかえってます。汚い格好をしてると「浮きまくる」のでご注意ください。

タイ旅行の初心者の方がサイアムに来ると、かなり戸惑う人が多いですね。「イメージしてたタイと違うよ〜」とね。ココらへんは20年前から都会でしたので、私もビックリした事を思い出しますね(笑)

サイアムの地図

  • BTSサイアム駅
  • サイアムパラゴン
  • サイアムスクウェアワン
  • MBKセンター
  • セントラルワールド
  • 伊勢丹バンコク
  • ゲイソンショッピングセンター
  • サイアムスクウェア
  • プラトゥーナムファッションモール
  • パンティッププラザ
  • ジムトンプソンの家
  • 高レート両替エリア
初めてのバンコク旅行におすすめな17観光名所を選びました。私が初めてバンコクに来たのは、もう22年前のことになります。そんな私が、「実際...

サイアムエリアをじっくり見ていこう!

1:BTSサイアム駅

サイアムエリアの中心は「BTSサイアム駅」になります。BTSにはスクンビット線とシーロム線の2路線があります。その2路線が唯一交わるのがサイアム駅になります。

ですので、とにかく混みます。混雑したらBTSチケット購入にやたらに時間がかかるのが困ります。ですので、BTSカードの購入をオススメしますよ。

2:サイアムパラゴン

サイアムエリアの代表のような大型ショッピングモールですね。BTSサイアム駅に直結してるので、とっても便利です。

後述する「セントラルワールド」と「サイアムパラゴン」がバンコク2大ショッピングモールになりますね。

今回は、高級ショッピングモールである「サイアムパラゴン」のフロアマップと行き方を初心者向けに紹介します。 サイアムパラゴンがあるサイア...

3:サイアムスクウェアワン

数年前にできた新しいショッピングモールです。こちらもBTSサイアム駅と直結してますね。

4:MBKセンター

「セントラルワールド」と「サイアムパラゴン」が上品なモールだとすると、MBKセンターは「庶民派モール」になりますね。ですので、他のモールに比べると「低予算」での買い物が可能です。

衣料品・日本へのお土産・電化製品の購入に適したモールですね。特に電化製品は有名です。電化製品に関することならMBKに来ればいいですね。

今回は、バンコクにある庶民派ショッピングモールの代表であるMBKセンター(マーブンクロンセンター)のフロアガイドと行き方を紹介します。 ...

5:セントラルワールド

タイ・バンコクの中心部にあるショッピングモールでは、「セントラルワールド」と「サイアムパラゴン」が圧倒的な集客力と、巨大な売り場面積を誇ります。

セントラルワールドは、厳密に言うと両隣にある「ISETAN(伊勢丹)」と「ZEN」を含むのですが、今回はセントラルワールド単体を紹介しますね。

今回は、バンコクにある大型ショッピングモールである「セントラルワールド」とその行き方を紹介します。都心にあるのに、とにかく巨大な売り場面...

6:伊勢丹バンコク

セントラルワールドには、日系デパートである伊勢丹も入ってます。ですので、このエリアには日本人が多いですね。伊勢丹の店内は、ほぼ日本ですね。何でも揃う感じがします(笑)

7:ゲイソンショッピングセンター

高級ショッピングモールになります。タイ人のお金持ちが多い印象です。モール内の雰囲気が他のモールとは一線を画しますね。凛とした空気が流れています。

こちらでショッピングはしたことがありませんが、1階にある素敵なカフェをよく利用させてもらってます。このモールは雑然としてませんから、とっても静かで落ち着きますよ!

8:サイアムスクウェア

バンコクの原宿と呼ばれる、タイの若い人に人気のエリアですね。しかし、最近ではショッピングモールが数多くできてきたので、昔のようには賑わってない様子です。

しかし、サイアムスクウェアをのんびりと歩いてるだけでも楽しいですよ。人気がなくなった理由は、エアコンが効いてないからだと思います。

戸外だからエアコンがないのは当然なんですけどね。ショッピングモールは、エアコンがギンギンに効いてるから好きだそうですよ(笑)

9:プラトゥーナムファッションモール

安く服を買いたいなら、プラトゥーナムファッションモールがオススメですね。所狭しと服屋さんが軒を連ねています。可愛い服が安く買えるのは嬉しいのですが、常にモール内は混雑しています(笑)

10:パンティッププラザ

バンコクの秋葉原と言われて、パソコン・スマホ・カメラ等のお店が多いんですよ。バンコクで電子機器の購入を考えたときは「MBKセンター」か「パンティッププラザ」が便利ですよ。

MBKは常に混雑してるので、個人的にはパンティッププラザを使ってますね。スマホを買ったり、スマホの充電池を交換したりしてますよ。お店によって値段が変わるんで、各店舗をまわることをオススメします。

11:ジムトンプソンの家

シルク王で有名なジムトンプソン氏の住居が博物館として残されています。簡単に行けるのでバンコクでも人気の高い観光地の1つですね。

ジムトンプソンのアウトレットはこちら!

今回は、ジムトンプソン・アウトレットとその行き方を解説します。ジムトンプソンはタイシルクの割には値段も手頃ですので、日本人にも人気のある...

12:高レート両替エリア

タイでも随一の高レート両替所が集まってるので、バンコクでお得に両替したいならこのエリアがオススメです。

タイ旅行を楽しむための最初の一歩は、「日本円をタイバーツに両替」することから始まります。ほとんどの旅行者の方は、タイの通貨である「タイバ...

まとめ

今回は、バンコクの中心地である「サイアム」を地図でじっくりと解説しました。

「タイ旅行のおすすめ情報」をまとめたので紹介しますね。頻繁にタイを旅している私が、実際に行った観光地、実際に食べたタイ料理等、全て「私の...

【タイ旅行Webガイドのおすすめ】

タイへの航空券を探す

タイ旅行ツアーを探す

タイのホテルを探す