スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ショートステイの費用をざっくり計算!「減免と注意点」も解説します

スポンサーリンク

今回の記事は、

  • ショートステイの費用
  • 費用の減免制度

について、現役ケアマネジャーの私が解説します。

 

よちる
よちる

ショートステイを上手に利用できると、在宅介護がグッと楽になりますよ!

 

スポンサーリンク

ショートステイの費用

ショートステイの利用を考えた時、特に気になることが「ショートステイの費用」になります。

 

私がショートステイの契約に行くと、最初に聞かれるのが、

読者さん
読者さん

で、いくらかかるの?

になるからですね。

 

初めてショートステイを利用する際には、「相場などがわからない」ので悩むのも当然だと思います。

 

ショートステイの3つの費用

ショートステイの「おおまかな費用」は下記の3つになります。

 

  • 施設の形態
  • 部屋のタイプ
  • 要介護度

 

まさじろ
まさじろ

詳しく確認していきましょう!

スポンサーリンク

費用を具体的に確認

施設の形態

単独型ショートステイと併設型ショートステイで費用に違いがあります

 

  • 単独型:医療施設や介護施設などに併設していないショートステイ
  • 併設型:特別養護老人ホームなどに併設しているショートステイ

 

料金は、併設型のほうが安くなります。

 

部屋のタイプ

ショートステイができる部屋のタイプは大きく分けると4種類あります。

 

  • 多床室:一つの部屋を数人で利用する大部屋
  • 従来型個室:一人で一部屋を使う個室
  • ユニット型個室:キッチン等の共有スペースがあり個室
  • ユニット型準個室:多床室を間仕切りして作った個室

 

料金は、「多床室 < 従来型個室 < ユニット型準個室 < ユニット型個室」となります

 

要介護度

要介護度が高くなるほど、介護する量が増えるので料金も高くなります。

 

要介護度の基準

  • 要介護1:要介護認定等基準時間が32分以上50分未満又はこれに相当すると認められる状態
  • 要介護2:要介護認定等基準時間が50分以上70分未満又はこれに相当すると認められる状態
  • 要介護3:要介護認定等基準時間が70分以上90分未満又はこれに相当すると認められる状態
  • 要介護4:要介護認定等基準時間が90分以上110分未満又はこれに相当すると認められる状態
  • 要介護5:要介護認定等基準時間が110分以上又はこれに相当すると認められる状態

(引用:厚生労働省「要介護認定はどのように行われるか」より)

 

よちる
よちる

要介護度とは、介護認定に使われる「介護の手間を表す時間」のことですね

 

スポンサーリンク

費用の減額制度と注意点

費用の減額制度

部屋代と食費は、介護保険が適応しないので実費になります(料金は施設で異なります)。

所得に応じて負担を軽減してくれる「介護保険負担限度額認定」という制度があります。

 

まさじろ
まさじろ

わかりやすく言うと、年金の金額や貯金額によって「部屋代と食事代を安くしてくれる制度」ですね。

 

この制度を利用するには、「市町村への申請」が必要です。

ショートステイを利用するときには申請しておきましょう。

 

ショートステイ費用に関する注意点

ショートステイの料金は、「利用開始日・終了日」も利用日数に含まれます。

つまりは、2泊3日では「3日分のショートステイの費用」がかります。

 

よちる
よちる

さらには、「急なキャンセル」も費用が発生する場合があります。利用者さんの気が変わることがあるので、このケースはたまにありますね。

 

前日になって、利用者さんが「そんな話は聞いていない!」となることがあるんです。

当日にお迎えに行くと、「利用者さんの拒否」があって利用できなくなることもあります。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、ショートステイの「費用と減免制度」について解説しました。

 

ショートステイは便利な介護サービスなので、上手に利用して下さいね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ショートステイ
役に立ったと思った方はシェアして下さいね!
ぷち福