高齢者向けの介護・福祉施設の種類についてシンプルに解説します!

昨今では、「両親を自宅で介護するのは厳しいよね」と、感じる方が増えています。

それもそのはずで、身内とは言えど「誰かの介護」をするのはかなりの重労働になります。

 

ご自宅での介護、どうもお疲れ様でした。後は、私共「介護のプロフェッショナル」におまかせ下さい。

昔の介護は「個人や個々家庭」で支えていました。しかし、現代の介護は「地域社会」で支えているからですね。

 

介護施設にはそのための人員や設備が整っているんですよね。

介護に関する思いは家庭によって異なりますが、せっかくの「介護保険を有効」に使っていきたいですね!

 

ところで、いざ施設を利用したいと調べてみるといろんな施設があります。

入りたいと思ってもいろいろな施設があるので、「どこを選べばいいのか?」と迷ってしまいます。

 

それでは最初に、「高齢者向けの介護・福祉施設の種類」から確認していきましょう!

よちる
よちる

介護経験20年で現役ケアマネジャーの、「よちる」がシンプルに解説しますね!

【よちる・保有資格】

  • ケアマネジャー
  • 介護福祉士

 

高齢者向けの介護・福祉施設の種類

高齢者向けの介護・福祉施設の種類を大きく分類すると下記になります。

  • 特別養護老人ホーム
  • 介護老人保健施設
  • グループホーム
  • サービス付き高齢者向け住宅
  • 有料老人ホーム

 

厳密に言えば、あと数種類の「高齢者向けの介護・福祉施設」があります。

しかし、今回は有名な施設だけを紹介しますね。

 

それでは、上記「高齢者向けの介護・福祉施設」を1つずつ詳しく見ていきましょう!

 

特別養護老人ホーム

高齢者向けの介護・福祉施設で最も有名なのが、「特別養護老人ホーム」になります。

一般的には、特養(とくよう)と略して呼ばれていますね。

 

特別養護老人ホームは、「介護老人福祉施設」と呼ばれることもあります!

 

特別養護老人ホームの特徴

特別養護老人ホームの特徴は、「費用が安い」ことにあります。

ただし、費用が安いので「入所希望者」が他の介護施設に比べると多くなります。

 

ですので、入所のための「順番待ち」をするのが一般的になります。

順番待ちの期間は「数ヶ月」や、中には「数年」の方もいますね。

 

よちる
よちる

こればかりは、申込みをした特別養護老人ホームの「順番待ちの状況次第」になりますね!

 

介護老人保健施設

高齢者向けの介護・福祉施設で、次特別養護老人ホームと同じくらい有名なのが「介護老人保健施設」です。

介護老人保健施設は、一般的には老健(ろうけん)と略して呼ばれていますね。

 

介護老人保健施設の特徴は、利用者さんが自宅に帰ることを目的にした「リハビリ」になります。

ですので、医師が必ず1名常勤しています。

 

介護老人保健施設の特徴

さらには、「作業療法士・理学療法士・言語聴覚士」等の専門家が常勤している老健も多いですね。

長期的に入居する施設ではなく、利用者さんが自宅に帰るための「機能回復訓練」が目的になるからですね。

 

介護老人保健施設は、「医療システムが充実した環境」になります。

ですので、自宅で生活をしたいと望む利用者さんにオススメですよ!

 

グループホーム

グループホームの正式名称は、「認知症対応型共同生活介護」と言います。

高齢化社会となった現在では、認知症が原因で以下のような高齢者が増えています。

  • 記憶が曖昧になる
  • 思いもよらない行動をとる

 

グループホームの特徴

グループホームは、認知症により通常の生活ができない高齢者を対象が「介護スタッフからのサポート」を受けながら共同生活する施設になります。

 

身体はまだまだ元気ですし、ほとんどの方は正常な状態ですので、こちらも気の毒になります。

しかし、1人で放っておくと、やはり「危なっかしい」ので気が気ではないんですよね。

 

パンダ一郎
パンダ一郎

グループホームは、身体はまだまだ元気だけど「認知症がねえ」という方におすすめの施設になります!

 

サービス付き高齢者向け住宅

サービス付き高齢者向け住宅とは、バリアフリー構造が特徴の民間の賃貸住宅になります。

一般的なマンションやアパートなどと同じ完全個室のためプライバシーも守られるので人気があります。

 

要支援・要介護状態の人でも入居可能ですが、入居の条件は60歳以上となります。

ただし、健康で介護の要らない人や軽い介護が必要な人ですね。

 

サービス付き高齢者向け住宅の特徴

サービス付き高齢者向け住宅の特徴は、安否確認や生活相談が必須なので「安心して生活」できることにあります。

高齢者の方が安全に生活できるようにバリアフリー対応などの設備が整えられた住宅であって「施設ではないので自由に生活できる」のも特徴の1つですね。

 

よちる
よちる

サービス付き高齢者向け住宅を簡単に言うと、「高齢者向けに設計されたマンション」になりますね!

 

有料老人ホーム

有料老人ホームは、介護を必要としている利用者さんが「自宅で生活してるのと同じ環境」に限りなく近い介護施設となります。

有料老人ホームの種類は以下になります。

  • 介護付き有料老人ホーム
  • 住宅型有料老人ホーム
  • 健康型有料老人ホーム

 

有料老人ホームは、基本的には空きがあればいつでも入居可能となってますね。

 

有料老人ホームの特徴

有料老人ホームの特徴は、環境は自宅に近いにも関わらず「介護サービス」が受けられることになります。

有料老人ホームで受けられるサービスは以下になります。

  • 食事
  • 入浴
  • 介護サービス
  • 洗濯

 

有料老人ホームを経営してるのは民間企業が多いので、色々なサービスが充実してますね。

ただし、特養や老健に比べて費用が高めになる傾向があります!

 

よちる
よちる

介護サービスをご利用頂いて、ご家族の負担が「少しでも軽くなれば」、私も介護に携わる者の1人としてとっても嬉しいです!

高齢者
旅ごころ