プーケット旅行のおすすめ観光地15選!「予算や持ち物」も徹底解説

スポンサーリンク

タイ旅行がブームになりつつある昨今、アジア屈指の南国ビーチリゾートである「プーケット」の人気が再び高まりつつあります。

それと共に、「プーケット観光に行きたいのですが、おすすめはどこですか?」と、そんな質問が増えてきました。

プーケットは、「コバルトブルーの海」や「お手軽リゾートライフ」が魅力ですよね。実は、プーケットの魅力はそれだけではありません。

それが、ビーチリゾートなのに「安い物価」になります。ハワイやグアムも日本人に人気の素敵なビーチリゾートですが、「お値段が高くつく」のが難点になります。

タイびと
タイびと

しかし、プーケットはタイです。もともとの物価が安い国ですから、「お金のことを気にせず」に気持ちよく楽しめるんですよね。

まさじろ
まさじろ

今回は、「プーケット旅行のおすすめ観光地15選」と「旅の予算・持ち物・注意点」について、タイ歴22年でプーケットをこよなく愛する私が解説します!

スポンサーリンク

プーケット旅行のおすすめ観光地

まさじろ
まさじろ

最初に、プーケット旅行の「おすすめ観光地一覧」を地図で紹介しますね。

  1. パトンビーチ
  2. カロンビーチ
  3. ナイハーンビーチ
  4. カタビーチ
  5. カタノイビーチ
  6. ヤヌイビーチ
  7. プロンテープ岬
  8. ビッグブッダ
  9. ジャンクセイロン
  10. セントラルフェスティバル
  11. マリンプラザ
  12. バンザーン市場
  13. サイモンキャバレー
  14. プーケットファンタシー
  15. ピピ島

それでは次に、プーケットのおすすめ観光地を「具体的に紹介しますね!」と言いたいんですが、その前に少しだけ知ってほしい知識があります。

それがプーケットの概要になります。概要を「サラッと確認した後」のほうが、おすすめ観光地についての理解が深まりますよ!

プーケットの概要

プーケットにおいて、最初に知って欲しいことがあります。それが、プーケットは「観光客が多いエリア」と「地元の方が多いエリア」に分かれていることですね。

プーケットを大きく分けると、下記の2エリアに分かれるんですよね。

  • 1.パトンビーチの周辺:観光客が多いエリア
  • 10.セントラルフェスの周辺:地元の方が多いエリア
まさじろ
まさじろ

プーケットは西側に有名なビーチや観光地が集まっています。ですので、プーケットと言えば「西側エリア」を指すのが一般的ですよ!

スポンサーリンク

プーケット観光のおすすめ15選!

パトンビーチ

プーケットの中心でありメイン繁華街がパトンビーチになります。

タイびと
タイびと

プーケット旅行の初心者は、まずはパトンビーチのある「パトンエリア」に泊まることをおすすめします。

プーケットのパトンビーチと周辺にあるおすすめエリアを地図で解説!
プーケット随一の繁華街である「パトンエリア」は、昼も夜も多くの観光客で賑わっています。そのパトンエリアにあるビーチが、「パトンビーチ」になります。 プーケット島の西側には数多くのビーチがありますが、名実ともにメインビーチと言えるのが「...

カロンビーチ

カロンビーチは、パトンビーチのお隣りにあるビーチになります。そこまで人が多くないので「のんびりとしたビーチライフ」を過ごせるビーチになります。

タイびと
タイびと

パトンエリアの喧騒に疲れた方におすすめしますよ!

プーケット・カロンビーチの魅力と地図!鳴き砂は歩くだけでも爽快
今回は、プーケットのカロンビーチの魅力と地図について、タイ歴22年の私が解説します。 カロンビーチは、プーケットのメインであるパトンビーチのお隣になります。ですので、簡単に来られるのも嬉しいんですよね。 パトンビーチは賑やかですが、...

ナイハーンビーチ

ナイハーンビーチは、アジアのベストビーチの超常連さんになります。「これぞまさしく南国ビーチ」ですね。

そこまで観光客も多くないですし、皆さん「のんびり」とビーチを楽しんでおられます。

まさじろ
まさじろ

私はナイハーンビーチでまったりと読書するのが最高の幸せです。超おすすめビーチですよ!

プーケット・ナイハーンビーチは超おすすめ!行き方と地図を解説
今回は、プーケットのナイハーンビーチに魅力と行き方を、タイ歴22年の私が解説します。 ナイハーンビーチは、「アジアのベストビーチ」という特集が組まれると高確率で10位以内にランクインされる大人気ビーチになります。 私がプーケットで1...

カタビーチ

カタビーチのあるカタエリアは、パトンエリアの次に賑やかなエリアになります。

まさじろ
まさじろ

プーケットをのんびりと楽しむならカタビーチがおすすめです。最近の私はカタエリアでのんびりと過ごす時間が増えてきました。

プーケット・カタビーチの魅力と地図!レストランやマッサージも多い
今回は、プーケットのおすすめ滞在エリアであるカタビーチの魅力と地図について、タイ歴22年の私が解説します。 カタビーチはビーチも素晴らしいのですが、周囲の雰囲気も南国リゾートそのもので最高に素晴らしいです。 1回目のプーケット観光な...

カタノイビーチ

カタノイビーチも、「ナイハーンビーチ」と同様でアジアベストビーチの常連です。

タイびと
タイびと

カタノイビーチを楽しむなら、近くにある「カタタニ・プーケットビーチリゾートホテル」に泊まることおすすめします。

プーケット・カタノイビーチの魅力と地図!ホテル滞在がおすすめだよ
今回は、プーケットのカタノイビーチについて、タイ歴22年の私が解説します。 カタノイビーチは、「アジアのベストビーチ特集」が組まれると、高確率でトップ10にランクされてるほどのビーチだから超おすすめですよ! ですので、プーケットにあ...

ヤヌイビーチ

何もないけど、「極上の砂浜」があるのがヤヌイビーチです。

まさじろ
まさじろ

純粋にビーチだけを楽しむならヤヌイビーチがおすすめですね。

プーケット・ヤヌイビーチの魅力と地図!ただそこに極上の砂浜がある
今回は、プーケットのヤヌイビーチの魅力と地図について、タイ歴22年の私が解説します。 ヤヌイビーチは、実は知る人ぞ知る隠れビーチになります。ですので、周囲にはほとんどお店がありません。 しかし、ここのビーチは最高なんです。その理由を...

プロンテープ岬

タイ国内で最高の夕日が見られると言われてる観光地です。プロンテープ岬で素敵な夕日に出会えたあなたは、それだけで幸せ者ですよね。

プーケット・プロンテープ岬はタイ国内で最高の夕日が見れる場所!
今回は、プーケットにあるプロンテープ岬の魅力と地図を、タイ歴22年の私が解説します。 プーケット観光のおすすめは色々とありますが、プロンテープ岬もその1つとなります。ただし、それにはある条件があります!

ビッグブッダ

プーケットのパワースポットであるビッグブッダ。とにかく大きいんです。奈良の大仏様のほぼ3倍の高さがあるんです。さらには、中にも入れるんですよね。

プーケット・ビッグブッダの巨大さに圧倒される!魅力と行き方を解説
今回は、プーケットのサグラダファミリアとして有名なパワースポットであるビッグブッダについて、タイ歴22年の私が解説します。 ビッグブッダは、建立が始まってから10年近くが経過してますが、いまだに未完成なんですよね。 ですので、現在も...

ジャンクセイロン

パトンビーチのランドマークでもある大型ショッピングモールのジャンクセイロン。レストランやカフェも充実しています。エアコンがキンキンに効いてるのが嬉しいですね。

プーケット・ジャンクセイロンをフロアーマップで解説するよ!
今回は、プーケットのパトンビーチにある大型ショッピングモールの「ジャンクセイロン(jungceylon)」について、タイ歴22年の私が解説します。 ジャンクセイロンは、世界中の料理が楽しめますし有名ファストフードも数々あります。 大...

セントラルフェスティバル・プーケット

プーケットで安く買い物や食事がしたい時に重宝するのが「セントラルフェスティバル・プーケット」になります。ここは一般的なプーケットの人が来るモールなんです。

セントラルフェスティバル・プーケットのフロアーガイドと安い行き方
今回は、セントラルフェスティバル・プーケットについて、タイ歴22年の私が解説します。 観光客よりも地元の人が多いので、物価もそこまで高くないのが嬉しいモールですね。 セントラルフェスティバル・プーケット行き方もあわせて紹介しますね。...

マリンプラザ

タイ国内にしては、物価の高いプーケットで安く楽しめるのがマリンプラザになります。ただし、近くにビーチはないのが少々残念です。

プーケット・マリンプラザの魅力は低価格で食事が楽しめること!
今回は、今回は、プーケットのパトンビーチの端っこの方にある「マリンプラザ(MARIN PLAZA)」について、タイ歴22年の私が解説します。 マリンプラザの魅力は、「プーケットにしては物価が安い!」になります。ですので、節約派旅行者の...

バンザーン市場

バンザーン市場は、ジャンクセイロンのすぐ近くにあります。昼はおみやげ探しに重宝するんですが、夜はナイトマーケットになるんですね。これがねえ、いい雰囲気なんですよね。

プーケット・バンザーン市場はお昼も夜も楽しめるからオススメだよ!
今回は、プーケットのパトンビーチにある「バンザーン市場(BANZAAN)」について、タイ歴22年の私が解説します。 バンザーン市場は、タイ旅行のお土産を買うときなどに重宝しますよ。 夜はナイトマーケットになるのも嬉しいですね。いろん...

サイモンキャバレー

綺麗な男性がプーケットの夜空を舞い踊るショーになります。そうですね、俗に言う「ニューハーフショー」ですね。

サイモンキャバレーで華麗なショーを堪能!予約と場所についても解説
プーケットでも人気のある観光地の1つである「サイモンキャバレー」では、綺麗な男性が素敵な歌と踊りとショーで1時間楽しませてくれます。 「綺麗な男性?」。そうなんです、サイモンキャバレーの売りは、「ニューハーフによるエンターテイメントシ...

プーケットファンタシー

プーケット観光の超おすすめが、プーケットファンタシーになります。「あっ」と言う前に時間が過ぎ去るのに驚きを隠せませんでしたよ!

プーケットファンタシーは絶対におすすめ!魅力とチケット購入を解説
プーケット観光で絶対に外せない観光地の1つであるプーケットファンタシーですが、最初は私も「絶対に外せないなんて大げさな物言いだよね」と正直馬鹿にしてました。 しかし、友人が「どーしても行きたい」と言うので、渋々ですが一緒に行くことにし...

ピピ島

プーケットまで来たなら、南国の楽園である「ピピ島」まで足を伸ばしてみてはいかがでしょうか?

プーケットから「ピピ島への行き方」について詳しく解説するね!
「プーケットまで行ったら、ピピ島にも行ったほうがいいですか?」との質問を頂くことがあります。プーケットで満足したので、「ピピ島は次の機会にしようかな」と思ってるんでしょうね。 結論から言うと、プーケットに来たなら「絶対に行ってほしいの...
スポンサーリンク

プーケット旅行の予算をチェック!

「プーケット旅行にいこう!」と思ったとき、最初に気になるのは予算や費用のことですよね。旅の初心者ほど「いくら持っていけばいいんだろう?」と気になるもんです。

しかし、それは「すごく大事なこと」だと思いますよ。旅の途中でお金が尽きたら楽しさ激減ですもんね!

プーケットは南国ビーチリゾートでは、「物価が安い方」になりますが、タイ国内の物価と比較すると少々高いです。

ですので、バンコクやチェンマイを観光するときのような予算の組み方では、「少々足らなくなる可能性」があるんですよね。

タイびと
タイびと

それでは次に、プーケット旅行の予算をザックリと計算してみましょう。

まさじろ
まさじろ

「タイの通貨って何?」と思った方は、タイ通貨のお金の単位を確認しましょう!

タイ通貨の「お金の単位」と日本円への簡単な計算方法を解説するよ!
初めての国や慣れてない国に行くときは、その国の貨幣価値が分からないので「損をするんじゃないだろうか?」と不安になりますよね。 お金のことで問題が発生すると旅がつまらなくなるので、「タイ通貨のお金の単位」に関しては必ず覚えておいて下さい...

航空券

プーケット行き航空券の1年を通しての平均は以下になります。

  • 一般的な航空会社:45,000円~70,000円
  • 格安航空会社  :30,000円~50,000円

予算を抑えたい方は、「航空券の代金を抑える」と効率的ですね。プーケット旅行の予算の20%〜30%は、航空券の代金になるからですね。

タイびと
タイびと

日本からプーケットまでは直行便が飛んでないので、航空券は少々割高になります。詳しい記事はコチラをどうぞ!

プーケットへの直行便を探してる方に伝えたい悲しきお知らせ!
「プーケット旅行にいくときは、どうせなら日本からの直行便が楽だよね!」と言いながら航空券を探していると、時間と共に気づくことがあります。 それが、「プーケットへの直行便がない!」ことになります。直行便があると楽なんですけどね。大変残念...

ホテル

プーケット旅行の予算の15%〜30%はホテルの代金になります。航空券と同様で、旅のスタイルにあわせてしっかりと調整していきたいですね。

プーケットのホテルを種類で分別すると下記に分けられます。

  • 高級ホテル   :10,000円~
  • 中級ホテル   :6,000円~
  • エコノミーホテル:3,000円~

なるべくなら「中級ホテル以上」に泊まることをおすすめしますね。せっかくのビーチリゾートですので、ホテルも楽しんでほしいです!

まさじろ
まさじろ

プーケットのおすすめホテルはコチラで確認して下さいね!

プーケットのホテル選びのおすすめ情報を初心者向けにまとめたよ!
今回は、プーケット観光の初心者向けに「プーケットのホテルの選び方」について、タイ歴22年の私が解説します。 初めての場所や慣れてない土地に来ると地理感に乏しいので、「一体どこらへんのホテルにすればいいんだろう?」と悩んでしまいます。 ...

食費

プーケット旅行の予算の15%〜30%は食事の代金になります。プーケットでも食費を抑えよと思うと可能です。

タイびと
タイびと

しかし、せっかくの南国ビーチリゾートですから、「美味しいシーフード」を楽しみたいですよね!

プーケット旅行の1回の食事の平均金額を書いておきます。

  • フードコート     :300円~
  • ローカルタイ料理屋  :600円~
  • 中級タイ料理     :3,000円~5,000円
  • 高級タイ料理     :6,000円~
  • ビーチ沿いシーフード店:5,000円~

「タイは物価が安い国なので、食費はそんなにかからないですよ!」と、プーケット以外のタイ国内なら言うんですけどね。

まさじろ
まさじろ

前述したようにプーケットの物価は日本と同じぐらいですね。気になる方はコチラをどうぞ!

プーケットの物価はタイにしては高いけど日本と比べると安いよ!
プーケット旅行の前に気になるのが、プーケットの物価になります。物価によって旅の予算が変わってきますもんね。 タイびと それに、プーケットにはこんな噂があります。「プーケットの物価って高いらしいよ!」と。 ...

女性のレジャーは、「エステ・スパ・ショッピング」

プーケットでの女性が楽しめるレジャーとしては、「エステ・スパ・ショッピング」があります。一般的なエステやスパの料金は、1日あたり6千円~1万円ぐらいの予算を想定しておけばいいですね。

ホテルの高級スパなどの「4時間~6時間コース」も、1.2万円~と日本と比べると激安価格になってます。

ショッピングは、「タイの小物やタイの地元のお土産」から「タイシルクやハイブランド」と、幅広いので計算は難しいです。

タイびと
タイびと

ショッピング・お土産選びのおすすめはコチラをどうぞ!

プーケットのお土産で女子へのおすすめと楽しく探せるエリアを解説!
プーケット旅行の「最後の楽しみ」がお土産選びになります。家族や職場へのお土産を選んでるときって、けっこう楽しいですもんね。 タイびと しかし、そこでチョット困るのが「プーケットのお土産は何がおすすめなの?」になり...

男性のレジャーは、「夜遊び」

男性の夜遊びは、どこで何の遊びをするかによっても変わってきます。あくまでも目安ですが、1日の予算は以下を参考にしてください。

  • 1万円  :ギリギリ遊べます
  • 2万円  :遊べます
  • 3万円  :楽しく遊べます
まさじろ
まさじろ

プーケット夜遊びで大事なことを下記でまとめています。

タイ・バンコク夜遊びで「予算を下げたい」なら服装を整えるべき理由
タイブロガーの私が最近強く感じたことがあります。それは、「タイにおいては服装等の見てくれが人の価値を決める!」になりますね。 昔から理解はできてたんですが、今回それを実感することになりました。タイには「清貧」なんて美しい言葉はないんで...

 

スポンサーリンク

プーケット旅行でおすすめの持ち物

プーケット旅行を全力で楽しみたい方へのおすすめは、「しっかりとした旅の準備」になります。実は、それにはプーケット特有のある事情があるんです。

まさじろ
まさじろ

それが、「日焼け対策」になります。南国特有の日差しは、「驚くほど簡単」に肌を焼いてくれます。

プーケット旅行でおすすめの持ち物は以下になります。

  • 日焼け止め
  • 虫除けスプレー
  • UVのリップクリーム

日焼け止め

プーケットは南国なので、かなり日差しが強いんです。ですので、ちょっと外を歩いてるだけで日焼けするのが女性には困るようです。

タイびと
タイびと

日焼けしたくない方は、「日本から日焼け止めを持っていく」ことを強くオススメします。

虫除けスプレー

ホテルにも蚊がいることがあるので、刺されやすい人は持って行ったほうが良いかもしれません。蚊が飛んでたら、ゆっくりと睡眠できないですもんね。

UVのリップクリーム

機内やホテルが乾燥しやすいのと、意外に唇も焼けやすいので「UVのリップクリーム」も持っていくといいですね。

まさじろ
まさじろ

「タイ旅行の持ち物」に関して詳しく知りたい方はコチラをどうぞ!

タイ旅行の持ち物で「必要なもの」を徹底解説!女性読者さん追記あり
タイ旅行の楽しさの1つに、「旅の前の準備」があります。タイ旅行の持ち物について悩んでる間も「心はタイ」に飛んでますもんね。 旅のスケジュールを確認しながら、「あれ持ったかな?」「これは必要なもの?」と、それはそれで慌ただしさが楽しかっ...
スポンサーリンク

おすすめの服装

プーケット旅行の服装は、基本的には日本の夏の服装で問題ありません。バンコクは大都会なので、しっかりとした服装が必要な場所もあります。

しかし、プーケットは南国ビーチリゾートです。「Tシャツ・ハーフパンツ・サンダル等」の、ゆったりした服装をおすすめしますね。

タイびと
タイびと

ただし、プーケットならではの注意点もあります。それが、「日焼け・エアコン対策」になるんですよ!

日焼けを回避

プーケットは日本の夏の服装で全く問題ないんですが、日焼けを避けたい方は「長袖のシャツ」「長いパンツ」をおすすめします。

まさじろ
まさじろ

もしくは、日焼け止めを「これでもか!」と塗るかですね。

エアコン対策

プーケットでのショッピングやお土産選びで、ショッピングモールに行くこともあるかと思います。

タイのショッピングモールは、エアコンで「キンキンに冷やされてる」のが特徴になります。羽織るものが1枚あると重宝しますよ。

タイびと
タイびと

「タイ旅行の服装」に関してはコチラでも確認しておいて下さいね!

タイ旅行の服装の選び方「2018年現在」女性はお洒落も忘れずにね
タイ旅行の服装は、「Tシャツ・ハーフパンツ・サンダル」で基本的には問題ありません。タイは常夏ですから、「日本の夏の服装」が調度いいんですよね。 しかし、「その服装だけ」では、快適に旅行ができない可能性があります。それにはタイ独特の服装...
スポンサーリンク

プーケット旅行の注意点

プーケット旅行で気になるのは「現地プーケットの治安」ですよね。「危険な場所だったら?」と不安になりますよね。

結論から言うと、プーケットの治安は基本的には安全ですので、ご心配なさらないで下さい。

タイびと
タイびと

プーケットの治安に関してはコチラをどうぞ!

プーケットの治安の概要と外務省情報で旅の前の不安を解消しよう!
プーケット旅行を決める前に気になるのが、現地プーケットの治安になります。治安の悪い観光地になんて行きたくないですもんね。 タイびと 結論から言うと、プーケットの治安は基本的には安全ですので、ご安心下さい! ...

ただし、少し注意した方が良いこともあります。それが以下になります。

交通事故

タイは車優先の国ですので、交通事故に気を付けて下さい。日本のような歩行者優先の国ばかりではありませんからね。

ちなみに、タイ以外の車優先の国から来た人も「歩行者に対する配慮がメチャクチャ薄い」です。

女性限定の注意事項

実は、日本女性に気をつけてほしいことがあります。それが、「プーケットのビーチボーイにハマらないようにね!」になります。

「私は大丈夫!」と言いながらも、けっこうハマっちゃう女性が多いのも事実です。幸せな恋愛なら何も言うつもりはないんですが、そうじゃない人が圧倒的に多いんですよね。

まさじろ
まさじろ

タイ旅行の注意点はコチラでも確認して下さいね!

タイ旅行の注意点で「危険を回避」するための5ヶ条を詳しく解説!
タイは東南アジアでは比較的に治安が良い国になります。ですので、命までとられる危険性は少ないんですが「小さな危険」は至る所に転がっています。 ところで、タイ旅行等の海外旅行において「一番気を付けないといけない事」を知ってますか?それは「...
スポンサーリンク

プーケットお役立ち情報

タイびと
タイびと

それでは最後に、「知ってると重宝するプーケット旅行情報」を紹介します。必須情報ではありませんが、知っておくと何かと役に立ちますよ!

バンコクからプーケットの行き方

バンコクからプーケットの移動のおすすめは「飛行機」になりますね。バンコクからプーケットは、「約850キロ」の距離があるからですね。

まさじろ
まさじろ

ただし、「長距離バスや電車」をおすすめする方も中にはいます。

バンコクからプーケットの行き方で「移動のおすすめ」を3選したよ!
タイが誇る国内最大のビーチリゾートであるプーケット。リゾートのわりには物価もそこまで高くないので、アジア人にも欧米人にも大人気です。 結論から言うと、バンコクからプーケットへの行き方は「飛行機」での移動を強くおすすめします。と言うのに...

プーケット空港

プーケット空港での「両替とタクシーでの移動方法」を簡単に頭にいれておくと、空港についてからの行動がスムーズですよ!

タイびと
タイびと

前述したように、ほとんどの旅行者は「プーケット空港」を利用することになりますよ。

プーケット空港での両替と「タクシーを使っての移動」を詳しく解説!
アジア有数のビーチリゾートであるプーケット。その玄関口が「プーケット空港」になります。 プーケット空港に到着すると、「空港の新しさ」に驚く旅行者が多いんです。それもそのはずで、2016年の9月に「新ターミナル」ができたので、まだまだ新...

プーケットの時差と国や場所

プーケットの名前は知っていても、「どこらへんの場所にあって、どの国なのか」を知らない日本人がたまにいますよね。

まさじろ
まさじろ

さらには、日本とプーケットには「時差がある」ことも確認しておいて下さいね!

プーケットの時差と「国や場所はどこ?」について解説するよ!
プーケットという名前は聞いたことがあるし、アジアの有名ビーチリゾートだということも知ってる。「でも、プーケットがどこの国にあるのかは知らない!」 バンコクの地名は知っていても、「プーケットやチェンマイ」などを知らない日本人は少なくあり...

プーケットの天気・気温・気候

プーケット旅行の直前にチェックすると、旅の持ち物を柔軟に変更することができますよ。

タイびと
タイびと

日本の天気予報より、「現地の天気予報」で確認しましょう!

プーケットの天気予報と気温!気候についても詳しく解説するよ
旅行の前にチェックすると旅が2倍楽しくなることがあります。それが、現地の「天気・気温」の確認になります。 現地の天気や気温に応じて、プーケット旅行の持ち物が変わってきますよね。雨のときは、傘の用意も必要になります。 ただし、プーケッ...

プーケットのベストシーズンは乾季

「プーケットのベストシーズンはいつですか?」と聞かれることがあります。せっかくのプーケット旅行ですから、外したくないですもんね。

まさじろ
まさじろ

プーケットのベストシーズンが乾季な理由は、「プーケットの雨量と平均降雨日数」にありますね。

プーケットのベストシーズンは乾季!時期による違いも解説するよ
プーケット旅行を計画したとき、気になることの1つに「プーケットのベストシーズンはいつの時期?」があります。 せっかくのプーケット旅行ですから、ベストな時期に行きたいと考えるのは皆んな同じですよね。特に社会人の方は、「絶対に外したくない...

プーケットの雨季

プーケットのベストシーズンは乾季だと言いましたが、それでは「雨季」はプーケット旅行に向かないんでしょうか?

タイびと
タイびと

実は、雨季のプーケットには、「雨季ならではのメリット」があるんですよ!

プーケットの雨季ならではの楽しみ方や過ごし方について解説します!
「プーケットは雨季でも楽しめますか?」と聞かれると、私は少し困ってしまいます。それは、プーケットが「1年中楽しいビーチリゾート」だからです。 プーケットには「乾季と雨季」の2つの時期があるのですが、時期によってプーケットでの楽しみ方が...

プーケットは英語がメイン言語

まさじろ
まさじろ

プーケット旅行をためらう方の中に、「タイ語が話せないから言葉の問題が!」と言う日本人がいます。しかし、実はその心配は杞憂になります。

と言うのは、プーケットで使われるメインの言葉は「英語」なんです。さらに言えば、中学生程度の「単語を並べただけの英語」でも全く問題ありませんよ。

プーケットは英語がメイン言語だからタイ語は必要ないので安心してね
プーケット旅行では、「タイ語が必須」だと思ってる方がたまにいます。「タイ語が分からないと楽しくないんでしょ?」と聞いてくる方もいます。 結論から言うと、プーケットはタイ語よりも「英語が飛び交ってる街」になります。ですので、タイ語を知ら...

プーケットの夜遊びはクラブがおすすめ

タイのプーケットにある5つのクラブを紹介します。ちなみに、私もよく利用させてもらうクラブばかりなので安心して下さいね。

タイびと
タイびと

素敵な出会いがあるといいですね!

プーケットの夜遊びはクラブで決まり!素敵な出会いを探しに行こうよ
今回は、プーケットの定番の夜遊びである大人気クラブ5選を、タイ歴22年の私が解説します。 南国ビーチリゾートであるプーケットのクラブは、女性も男性も楽しめるので超おすすめな夜遊びですね。 お昼はパトンビーチ周辺で楽しんで、夜はクラブ...

プーケットの繁華街はバングラ通り

プーケットの中心地がパトンエリアで、パトンエリアの中心地が「バングラ通り周辺」になります。

まさじろ
まさじろ

昼はショッピング、夜はナイトライフを楽しめる場所ですね!

プーケットの繁華街である「バングラ通り」の見所を解説しますね!
プーケットの中心地であり繁華街は、パトンエリアにある「バングラ通り」になります。 初めてのプーケット旅行ではパトンエリアに滞在する方が多いので、世界中の観光客で溢れかえってますね。 ただし、バングラ通りは昼よりも夜に活気がでる通りな...

プーケットでマッサージ

あまり大きな声では言えないのですが、プーケットのパトンビーチ周辺には「一般向け」と「男性向け」の2種類のマッサージがあります。

タイびと
タイびと

純粋なタイ古式マッサージを受けたい方は、「NOの店」がおすすめなんですよね。

プーケットのパトンビーチでのマッサージは「NOの店」がおすすめ!
プーケット旅行のとき、時間が空いた方におすすめなのが「タイマッサージ」になります。 実は、タイはマッサージ天国なんです。と言うのも、マッサージの価格を日本と比べると、「約3分の1の価格」で楽しめちゃうんですよね。 タイび...

プーケットで屋台ご飯

プーケットで屋台ご飯が楽しめるスポットを5選しました。

まさじろ
まさじろ

シーフードなどに飽きたときや、予算が心もとないときに重宝しますよ。

プーケットで屋台ご飯をお手軽に楽しめるスポットを5選したよ!
プーケットには美味しいグルメが数多くあります。様々な国の料理が楽しめるのがプーケットの魅力の1つなんですよね。 プーケットは南国ビーチリゾートですから、基本的には「美味しいグルメ料理」を楽しんでほしいです。 しかし、毎食毎食が豪華グ...

プーケットのナイトマーケット

プーケットの夜に行きたいナイトマーケットを3選しました。

タイびと
タイびと

ナイトマーケットをぶらぶらと散策するだけでも楽しめますね。

プーケットの夜を彩るナイトマーケットのおすすめを3選したよ!
プーケットの夜の観光のおすすめであるナイトマーケットは、「食事・ショッピング・お土産探し」と色々な楽しみ方があります。 しかし、何もしなくても、南国の夜の街を「ぶらぶらと散歩」するだけでも楽しいんです。 タイびと ...

プーケットやピピ島でシュノーケリング

プーケットやピピ島の海を楽しむなら、シュノーケリングがおすすめです。ダイビングをしない方に、ぜひオススメしたいですね。

まさじろ
まさじろ

世界観が変わるので、まさじろイチオシのアクティビティだよ!

プーケットやピピ島でのシュノーケリングの楽しみ方について解説!
プーケットやピピ島にはダイビングが目的でくる人も多いようです。しかし、シュノーケリングでも十分に楽しめます。 それに、これからダイビングをしたい方にもシュノーケリングはおすすめです。海の魅力を知った今では、「次こそはダイビングだ!」と...

プーケットオプショナルツアー

プーケット観光は、オプショナルツアーがとっても便利なんです。パトンエリアには現地旅行代理店が数多くあるので、「現地申し込み」できるんで便利なんですよね。

タイびと
タイびと

ただし、現地申し込みにはデメリットもあるんです。一般的な旅行者の方は、大手旅行代理店での予約を強くオススメしますよ!

プーケットオプショナルツアーで現地申し込みかJTBで迷った方に!
プーケット観光で絶対に訪れてほしい観光地をあげると「プーケットファンタシー」や「ピピ島などの離島」になります。 有名観光地には、当然ですが自力で行くことも可能です。ただし、ここは日本ではなくタイです。色々な不足の事態が起こる国なんです...

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、「プーケット旅行のおすすめ観光地15選」と「旅の予算・持ち物・注意点」について、タイ歴22年でプーケットをこよなく愛する私が解説しました。

白い砂のビーチ。どこまでも続くコバルトブルーの海。そして、青い空と白い雲。これぞまさに「南国ビーチリゾート」です。

プーケットに来るだけで、「心が踊ります」。青い空と青い海の境界線を探しに行きましょう!