プーケットの物価はタイ国内では高いけど日本と比べると安いよ!

スポンサーリンク

今回は、プーケットの物価は安いの高いの?について、タイ歴22年の私が解説します。

「プーケットの物価は高い!」とよく言われています。初めてのプーケット旅行の方は「どんくらい高いんだ?」と不安になりますよね。

そんな方のために、プーケットの物価とタイの首都のバンコクの物価を比較しますね。

結論から言うと、プーケットはタイ国内にしては高いけど、日本人からするとそんなに高くない物価だから安心してください!

スポンサーリンク

プーケットの物価を比較してみよう!

「プーケットの物価はタイにしては高い!」と言われていますが、それは当然なんです。だって、プーケットはタイ有数にビーチリゾートですからね。

まずは、プーケットの物価とバンコクの物価を比較してみましょう!

プーケットとバンコクの物価

エリアタイ料理交通費宿泊費
バンコク100%100%100%
プーケット200%500%150%

バンコクエリアの基準を100%だとすると、プーケットの物価は「私の体感では」上記のパーセントになります。

バンコクとプーケットを比べると本当に高いですよね。タイ国内の物価を知っている人ほtど「プーケットの物価は高いよ!」となるのも無理はありません。

スポンサーリンク

マクドナルドでの価格差

私の体感だと信憑性が薄いと思うので、実際の価格でプーケットとバンコクでどれくらいの価格差があるか見ていきましょう。

世界各国の物価を比べる際には、よくマクドナルドが用いられます。今回はそれに倣いたいと思います。今回調査したのは以下のマクドナルドです。

  • バンコク :アソークにあるロビンソンの1階
  • プーケット:ジャンクセイロン

※ジャンクセイロンとは、プーケットのパトンビーチ近くにあるショッピングモール

スポンサーリンク

プーケット物価はバンコクと比べると高い

 バンコク価格プーケット価格価格差
チーズバーガーセット109バーツ180バーツ71バーツ
ビックマックセット172バーツ213バーツ41バーツ
フィレオセット139バーツ205バーツ66バーツ

プーケットは、ほぼ日本の価格に近いですね。ですので、日本人からするとそう高くは感じません。

ただし、タイの物価に慣れてる人はビックリすると思います。チーズバーガーの71バーツってのは、確かに価格差がありすぎのような気もしますがね。

値段変更

  • チーズバーガーセット:180→190バーツ
  • ビックマックセット :213→225バーツ
  • フィレオセット   :205→215バーツ

※プーケットのジャンクセイロンの値段が少々上がってました(2017年12月追記)

スポンサーリンク

ショッピングモールの物価を比べてみる

私の好きな「ミスタードーナツのカフェラテ」の値段で、ショッピングモールの物価を比べてみましょう!

  • バンコク              :50バーツ
  • タイの田舎             :50バーツ
  • パタヤのセントラルフェスティバル  :80バーツ
  • プーケットのセントラルフェスティバル:50バーツ
  • プーケットのジャンクセイロン    :100バーツ

2017年12月現在このような価格になってます。プーケットのジャンクセイロンが、やっぱり1番高いですね。

※ジャンクセイロン店は閉店したかも知れません(2017年12月現在)

スポンサーリンク

プーケットで節約するなら!

物価の高いプーケットで、なるべく安くすませる方法は以下になります。

  • タイのコンビニ
  • ジャンクセイロンにある「Big C」
  • セントラルフェスティバル・プーケット
スポンサーリンク

タイのコンビニ

1番手っ取り早いのは「コンビニ」になります。コンビニはバンコクの価格と同じですので、とっても安いです。

しかし、せっかくのプーケットでコンビニは味気ないって人は下記に行ってみてくださいね!比較的に安くプーケットで過ごせますよ。

スポンサーリンク

ジャンクセイロンにある「Big C」

ジャンクセイロンの中に、Big C(ビッグシー)と言うタイのスーパーマーケットがあります。ここなら、かなり価格をおさえられます。

特にお惣菜コーナーが秀逸ですね。タイの物価よりも、ちょっとだけ高いくらいです。ですので、プーケット価格からしたら「激安」になります。

それに何が嬉しいかって、値段がちゃんと書いてることですよね。日本人であれ、西洋人であれ、タイ人であれ価格の前ではみんな平等です(笑)

プーケット・ジャンクセイロンのフロアーマップ!お土産と地図も解説
今回は、プーケットのパトンビーチにある大型ショッピングモールの「ジャンクセイロン(jungceylon)」について、タイ歴22年の私が解説します。 ジャンクセイロンは、世界中の料理が楽しめますし有名ファストフードも数々あります。 大...
スポンサーリンク

セントラルフェスティバル・プーケット

時間に余裕のある人は、セントラルフェスティバル・プーケットに行ってみてもいいですね。

フードコートもありますし、ほとんどが物価が、タイの物価になってますからね。

セントラルフェスティバル・プーケットのフロアーガイドと安い行き方
今回は、セントラルフェスティバル・プーケットについて、タイ歴22年の私が解説します。 観光客よりも地元の人が多いので、物価もそこまで高くないのが嬉しいモールですね。 セントラルフェスティバル・プーケット行き方もあわせて紹介しますね。...
スポンサーリンク

プーケットの物価の結論

プーケットはタイ国内ではダントツに物価が高いですね。しかし、ここはビーチリゾートだから物価が高いのもしょうがないですよね

それに、よくよく見てみると、日本の物価と同等かそれ以下なのは間違いないです。せっかくの旅行ですから、物価を気にするよりもいかに楽しむかを考えましょう!

プーケットのおすすめ観光地15選!旅行の持ち物や服装も徹底解説
今回は、タイのプーケット島の「観光のおすすめ15選」と「旅行で必要な情報」について、タイ歴22年でプーケットをこよなく愛する私が解説します。 アジアには素晴らしいビーチリゾートが数か所ありますが、プーケットはその中でもアジア人にも欧米...
スポンサーリンク

まとめ

今回は、プーケットの物価は安いの高いの?について、タイ歴22年の私が解説しました。

それでは、素敵なプーケット観光を楽しんで下さいね!

タイ旅行を全力で楽しむためのおすすめ情報をギュッと詰め込んだよ!
今回は、「タイ旅行のおすすめ観光地」と「タイに行く前に知りたい旅情報」について、タイ歴22年でタイ旅行が大好きな私が解説します。 「タイ旅行にいこう!」と思ったとき、まず決めないといけないことがあります。それが、タイの「どこの観光地に...