プーケットから「ピピ島へ行き方」について詳しく解説するね!

スポンサーリンク

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab_007

「プーケットまで行ったら、ピピ島にも行ったほうがいいですか?」との質問を頂くことがあります。プーケットで満足したので、「ピピ島は次の機会にしようかな」と思ってるんでしょうね。

結論から言うと、プーケットに来たなら「絶対に行ってほしいのがピピ島」になります。ですので、この質問に関しては、「富士登山で9.5合目で引き返せますか?」と毎回答えていますね。

タイびと
タイびと

プーケットも素晴らしい観光地ですが、ピピ島は「さらに素晴らしい観光地」なんです!

それに、プーケットのパトンビーチからピピ島の港までは「フェリー船」で簡単に行けちゃうんですよね。さらには、低料金で行けるのも魅力のひとつですね。

まさじろ
まさじろ

今回は、「プーケットからピピ島への簡単で安い行き方」と「時間がない方におすすめな日帰りツアー」について、タイ歴22年の私が解説します!

スポンサーリンク

プーケットからピピ島への簡単で安い行き方

プーケットからピピ島への簡単で安い行き方は以下の流れになります。

  1. パトンのバス乗り場 → 市場
  2. 市場 → ラサダ港
  3. ラサダ港 → ピピ島の港
タイびと
タイびと

プーケットからピピ島までの行き方の概要はたったこれだけです。ですので、まずは「思ったよりも難しくないぁ!」と感じて頂けたなら嬉しいですね。

デメリットもあるよ

ただし、この行き方にはデメリットもあります。それが「日帰りが厳しい」ことになります。安く行けるんですが、時間が「けっこうかかる」のが難点なんです。

まさじろ
まさじろ

ですので、短期旅行者の方は後述する「ピピ島日帰りツアー」をおすすめします!

タイびと
タイびと

プーケット観光のおすすめはコチラをどうぞ!

>>プーケット観光のおすすめ15厳選

スポンサーリンク

1.パトンのバス乗り場 → 市場

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab_000-1

プーケットのパトンビーチから、市場行きのバスが出ているので、まずは「パトンビーチのバス乗り場」まで向かって下さい。

「パトンビーチのバス乗り場」まで行くと、上記のようなバスが停車していますので乗って下さい。料金は1人30バーツとなります。

プーケット・セントラルフェスティバルの前を通るよ

出発すると、パトンビーチ沿いにのんびりと走ります。バングラ通りの入口でも2分から5分停車しますね。その後はスピードを速めて「市場」に向かいます。

市場までは1時間かかるので、のんびりと周囲の風景を楽しんでくださいね。40分くらい走ったら、左手に「プーケット・セントラルフェスティバル」が見えてきます。

タイびと
タイびと

「プーケット・セントラルフェスティバル」を過ぎたら、市場までは後15分位ですね。

まさじろ
まさじろ

パトンビーチについてはコチラをどうぞ!

>>パトンビーチにあるおすすめエリア

スポンサーリンク

2.市場 → ラサダ港

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab_001-1

「市場の近くのロータリー」でバスを降りて下さい。降りたら「市場(上記写真)」まで歩いて行きます。

ロータリーから市場までは歩いて2分ぐらいですね。ちなみに、ほとんどの乗客が「市場の近くのロータリー」で降りるので分かりやすいと思います。

タイびと
タイびと

念のために、運転手さんや乗客の方に「市場(マーケット)に行きたい」と伝えておくとさらに安心ですね!

市場からはトゥクトゥクがおすすめ!

「市場」の目の前にトゥクトゥクやバイクタクシーが停まってますので、それで「ラサダ港」を目指してください。

トゥクトゥクの料金は「100バーツ〜150バーツ」が相場だと思います。「ラサダ港の入港料」として20バーツかかるので、それも併せて払ってあげてください。

まさじろ
まさじろ

プーケットへの直行便についてはコチラをどうぞ!

>>プーケットへの直行便を探してる方に伝えたい

スポンサーリンク

3.ラサダ港 → ピピ島の港

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab_002-1

タイびと
タイびと

ラサダ港に到着したら、「ピピ島の港行き」のチケットを購入しましょう。

ラサダ港とピピ島の港を結ぶフェリーは数社が運営していますが、金額は各社横並びです。ですので、出発時刻が早いフェリーに乗ればいいですね。

プーケットからピピ島までの料金と所要時間

プーケットのラサダ港からピピ島の港までは、通常は90分~120分になります。ただし、天候によっては遅れがでることもあります。

料金は、「片道600バーツ・往復1,000バーツ」ですね。後は、のんびりと船の旅の楽しんで下さいね。

まさじろ
まさじろ

プーケットの雨季の楽しみ方はコチラをどうぞ!

>>プーケットの雨季の楽しみ方や過ごし方

スポンサーリンク

プーケットからピピ島行きの「フェリーの船内風景」

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab_001

プーケットからピピ島行きのフェリーの船内風景が上記写真になります。

座席の間隔も適度にあるので快適な船旅になりますよね。ちなにに、船内には「トイレも売店」もあるので安心して下さいね。

まさじろ
まさじろ

ところで、上記の写真を見たあなたは「大きいスーツケースを置く場所がなそうだけど」と心配してるんじゃないですか?

大きな荷物

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab_002

大きい荷物やスーツケースは上記写真のように船のデッキに収納します。ほとんどの旅行者が「大きいスーツケースやリュックサック」を持ち込んでいますね。

タイびと
タイびと

ただし、上にドンドン積まれていくので、リュックサックだと中身が心配ですね。

まさじろ
まさじろ

プーケット旅行でのおすすめの持ち物や予算はコチラをどうぞ!

>>プーケット旅行でおすすめの予算・持ち物・注意点

スポンサーリンク

短期旅行者は日帰りツアーがおすすめ!

ピピ島へは時間をかければ簡単に安くいけます。しかし、短期旅行者にはおすすめできません。この行き方だと往復で最低2日はかかってしまうからですね。

短期旅行者の方に、大手旅行代理店の「ピピ島日帰りツアー」をおすすめする理由は以下になります。

  • ホテルへの往復送迎
  • 無料シュノーケリングツアー
  • 日本語ガイド

特に、英語が得意じゃない方には「日本語ガイドさん」の存在は本当にありがたいですよね!

タイびと
タイびと

大手旅行代理店のピピ島日帰りツアーはコチラをどうぞ!

>>ピピ島1日観光ツアー

スポンサーリンク

プーケットからピピ島への行き方の地図

  1. パトンのバス乗り場
  2. セントラルフェスティバル・プーケット
  3. 市場
  4. ラサダ港
  5. ピピ島の港
タイびと
タイびと

プーケットのオプショナルツアーはコチラをどうぞ!

>>オプショナルツアーで現地申し込みかJTBで迷ったら

スポンサーリンク

まとめ

今回は、「プーケットからピピ島への簡単で安い行き方」と「時間がない方におすすめな日帰りツアー」について、タイ歴22年の私が解説しました。

まさじろ
まさじろ

自分で行くのもいいですし、日帰りツアーで行くのもいいです。どのような方法にせよ、ピピ島には絶対に行ってみて下さいね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
プーケット
スポンサーリンク
スポンサーリンク
役に立ったと思った方はシェアして下さいね!
タイびと