プーケットのパトンビーチと周辺にあるおすすめエリアを地図で解説!

スポンサーリンク

プーケット随一の繁華街である「パトンエリア」は、昼も夜も多くの観光客で賑わっています。そのパトンエリアにあるビーチが、「パトンビーチ」になります。

プーケット島の西側には数多くのビーチがありますが、名実ともにメインビーチと言えるのが「パトンビーチ」なんですよね。

白い砂浜に青い海、まさに南国ビーチリゾートですよね。パトンエリアに居るだけで本当に幸せな気分になれます。

タイびと
タイびと

その理由は、プーケットを訪れてる人の多くが「心から楽しんでいる」のが見てとれるからですね。皆んな本当に幸せそうです(笑)

まさじろ
まさじろ

今回は、「プーケットにあるパトンビーチ」と「パトンビーチ周辺のおすすめエリア」について、タイ歴22年の私が解説しますね!

スポンサーリンク

プーケットのパトンビーチ

プーケットのパトンビーチは、まさしく南国ビーチリゾートですね。そよそよと揺れる椰子の木と青い海。いつまで見てても飽きません。

のんびりと散歩するのもいいですが、せっかくなんでビーチライフを満喫してください!

タイびと
タイびと

パトンビーチでの楽しみ方を紹介していきますね!

ビーチチェアでのんびり

パトンビーチでのおすすめは「ビーチチェアでのんびり」になります。パラソル付きのチェアにのんびりと横たわりながら海の風を楽しみます。

本などを持っていくと、さらに優雅な時間を過ごせますね。観光旅行もいいですが、時間を忘れる旅も本当に心が休まりますよ!

ビーチチェアの料金は、1人に付き「200バーツ〜」になっています。

パラセイリング

パラセイリングは、1人1200バーツ〜ですね。フワッと浮き上がる感覚、空を飛んでるような感覚がたまりません。

バナナボート

1人で楽しむというよりも、仲間と楽しむ遊びですね。風切るバナナボートがすげー楽しいです。私はバナナボートが大好きなんですよね。料金は、1人500バーツ〜ですね

ジェットスキー

ジェットスキーも楽しいですよね。料金は30分1500バーツ〜になってますね。1人で乗るか2人で乗るかによって少し料金が変動します。

スポンサーリンク

ジャンクセイロン

パトンビーチ周辺のおすすめエリアの1つ目は、「ジャンクセイロン」になります。

ジャンクセイロンは、パトンエリアにある「プーケット有数」の大型ショッピングモールですね。食事を楽しむ時、お土産を探す時に特に重宝しますね。

1階がジャンクセイロンのメインフロアーになっていて、スターバックスやマクドナルドが入っています。

避暑地としても本当にありがたい!

プーケットは暑いですから「避暑地」としても利用できます。店内はエアコンでキンキンに冷やされてますので、皆さん大喜びですよ!

スポンサーリンク

バングラー通りは夜のおすすめ

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab_002-5

パトンビーチ周辺のおすすめエリアの2つ目は、「バングラー通り」になります。

パトンエリアの、メインストリートが「バングラー通り」になります。バングラー通りの周辺には、お土産物屋さん、レストラン、ファストフード、バーがズラリと並んでいます。

昼よりも夜に活気がでるよ

のんびりと散策しても楽しいですよね。バングラー通りは、お昼はそこまでの人通りはありません。

ここは、夜に本当の姿を見せるエリアなんですよね。特にオススメなのがクラブですね。

スポンサーリンク

お洒落なレストランゾーン

パトンビーチ周辺のおすすめエリアの3つ目は、「お洒落なレストランゾーン」になります。

この周辺は、「お洒落なレストランゾーン」になっています。特に夜は最高のロケーションになりますね。

海風が心地よい

心地よい海からの風を感じながらの食事は、まさに南国ビーチリゾートです。お酒が飲める方は、シーフードと一緒に楽しむといいですね。

タイびと
タイびと

雰囲気も素晴らしいので、最高の夜になりますよ!

スポンサーリンク

バンザーン市場

パトンビーチ周辺のおすすめエリアの4つ目は、「バンザーン市場」になります。

タイびと
タイびと

バンザーン市場は、前述した「ジャンクセイロン」の近くにあるので、行きやすいのも嬉しいんですよね。

おすすめはナイトマーケット

バンザーン市場のオススメはナイトマーケットですね。屋台が連なるので色んな料理を安く楽しめるんですよね。色んな国の観光客が集まって来るので活気があります。

バンザーン市場の周囲にも屋台が出るので、のんびりと歩いてみても楽しいですよ!

スポンサーリンク

マリンプラザ

パトンビーチ周辺のおすすめエリアの5つ目は、「マリンプラザ」になります。

マリンプラザの入り口付近に食べ物屋台が集まっています。そこで購入して各自の席で食べるというスタイルですね。

タイびと
タイびと

マリンプラザのおすすめは「安く楽しめる!」「そこそこ雰囲気もいい!」この2つです(笑)

安さが魅力のナイトマーケット

マリンプラザは、安さが魅力のナイトマーケットになります。ですので、節約派旅行者の方にピッタリです。

パトンビーチには、他にも「もっと美味しく」シーフードやタイ料理が楽しめる店が数多くあります。

ですので、記念日なんかにはそちらをオススメします。海に近いほうが雰囲気も良いですからね。

スポンサーリンク

サイモンキャバレー

パトンビーチ周辺のおすすめエリアの6つ目は、「サイモンキャバレー」になります。

サイモンキャバレーは、ニューハーフ達の「踊りとショー」が楽しめるスポットになりますね。サービス精神旺盛な男の子たちが、観客を色々と楽しませてくれます。

プーケットの夜の観光にピッタリ!

「豪華ショーあり・お笑いあり」と盛りだくさんですので、プーケットの夜の観光にちょうどいいですね。

プーケットでも人気のある観光地の1つですので、開演前になるとけっこうな人だかりができます。

タイびと
タイびと

ビックリするほど綺麗なニューハーフちゃんがいるよね!

スポンサーリンク

バービア街

パトンビーチ周辺のおすすめエリアの7つ目は、「バービア街」になります。

上記写真を見て頂くと分かってもらえると思いますが、この「何とも言えない寂びれ感」がたまらなく心地よいんですよね。

安さと雰囲気が魅力

バングラー通りは華やかですが、いい値段するんですよね。のんびり、まったりとプーケットの夜を楽しみたいなら、こちらをおすすめします。

ちなみに、バービア街は男性向きエリアですが女性グループもよく見かけますよ。

タイびと
タイびと

安さと雰囲気が魅力のバービア街がこちらになりますね!

スポンサーリンク

プーケット・パトンビーチ周辺の観光地図

  1. パトンビーチ
  2. ジャンクセイロン
  3. バングラー通り
  4. お洒落レストランゾーン
  5. バンザーン市場
  6. マリンプラザ
  7. サイモンキャバレー
  8. バービア街
スポンサーリンク

まとめ

今回は、「プーケットにあるパトンビーチ」と「パトンビーチ周辺のおすすめエリア」について、タイ歴22年の私が解説しました。

まさじろ
まさじろ

「ビーチも近い・ショッピングモールもある・ナイトライフも楽しめる」ということで、初めてのプーケット旅行の方はパトンエリアでの宿泊をおすすめしますよ!