プーケットオプショナルツアーで現地申し込みかJTBで迷った方に!

スポンサーリンク

プーケット観光で絶対に訪れてほしい観光地をあげると「プーケットファンタシー」や「ピピ島などの離島」になります。

有名観光地には、当然ですが自力で行くことも可能です。ただし、ここは日本ではなくタイです。色々な不足の事態が起こる国なんですよね。

そんな観光地を訪れるのに便利なのが「オプショナルツアー」になります。特に「現地で申し込みができるツアー」は、かなり便利なサービスになります。

と言うのも、思い立ったときに現地ツアーに参加できるからです。「よし、今日はピピ島に行こう!」なんて素敵じゃないですか!

タイびと
タイびと

しかし、この現地申し込みが、「全ての日本人にとって便利」とは限らないんですよね!

まさじろ
まさじろ

今回は、プーケットオプショナルツアーで「現地申し込みがおすすめな方」と「JTBでの事前予約がおすすめな方」について、タイ歴22年の私が解説しますね!

スポンサーリンク

「プーケットオプショナルツアー現地申し込み」がおすすめな方

「プーケットオプショナルツアー現地申し込み」をおすすめできるのは以下の方になります。

  • 時間に余裕のある方
  • ツアーが空いてなくても気にならない方
  • 英語かタイ語が話せる方
タイびと
タイびと

上記のような方には、「プーケットオプショナルツアー現地申し込み」をおすすめしますね!

私も1人なら同じ方法です

私も一人でプーケットを旅してるときは現地で申し込みしてますね。私は、お金はないけど時間が余ってる旅行者ですからね。それに、簡単なタイ語なら話せます。

ただし、そんな私も「友人が一緒」だと話しは変わってきます。友人たちは、私のように暇じゃないですからね。

まさじろ
まさじろ

それでは次に、「現地申し込みをおすすめしない方」について見ていきましょう!

スポンサーリンク

「現地申し込み」をおすすめしない方

「プーケットオプショナルツアー現地申し込み」をオススメしない方は以下になります。

  • 時間に余裕のない短期旅行者
  • ツアーに絶対に参加したい方
  • 英語かタイ語が得意じゃない方

時間に余裕のない短期旅行者

時間に余裕のない短期旅行者の方には、「現地申し込み」はオススメできません。

と言うのも、短期旅行者の方は1日たりとも無駄な時間はありませんよね。「現地で申し込むその日」が無駄になりますよね。

例えばプーケットで大人気の「ピピ島1日ツアー」の出発時間は朝の7時頃になります。参加するとなると前日には申し込まないといけませんよね。

タイびと
タイびと

となると、当日に申し込んだとしても、参加できるのは翌日になります。それだけで1日潰れるのはもったいないですよね。

ツアーに絶対に参加したい方

1日ツアーは参加しにくいけど、夜から参加できる「プーケットファンタシー」「サイモンキャバレー」等なら、お昼頃までに申し込めば参加できる可能性はあります。

しかし、これは少々危うい方法になります。と言うのは、「当日の空きがない可能性」があるからです。

ですので、絶対に「プーケットファンタシーやサイモンキャバレーを見たい!」と思ってる方にはおすすめできないんですよね。「見れたらいいなぁ」って方にはおすすめですけどね。

スポンサーリンク

英語かタイ語が得意じゃない方

英語かタイ語を話せない人にも、「プーケットオプショナルツアー現地申し込み」はオススメできません。

と言うのも、オプショナルツアーのガイドさんが話す言葉は「英語」なんですよね。ですので、全ての説明を英語で聞くことになります。

ちなみに、ガイドさんはタイ人なのでタイ語は通じますよ。

タイびと
タイびと

そもそも、プーケットで現地申込みをするときは、「英語やタイ語」で予約しないといけません。日程や時間を間違えたら目も当てられませんよね(泣)

10年前にエライ目にあった

もう10年ほど前になりますが、私は友人と一緒に「ピピ島でのシュノーケリングツアー」にプーケット現地で申し込んだことがあるんです。

当時の私はタイ語もさっぱりでしたので、英語に頼らざるをえません。しかし、英語もそんなに得意じゃないので、友人と2人で孤立状態でしたね。

まさじろ
まさじろ

今では笑えますが、洋上では笑えませんでした。だって、シュノーケリングと言えど一歩間違えば危険なんですからね!

スポンサーリンク

プーケットオプショナルツアーはJTBでの事前予約がおすすめ!

プーケットオプショナルツアーは、JTBでの事前予約がおすすめなのは以下の方になります。

  • 時間に余裕のない短期旅行者
  • ツアーに絶対に参加したい方
  • 英語かタイ語が得意じゃない方

現地申し込みとの大きな違いは「安心感」

プーケットのオプショナルツアーは、JTBでの予約をおすすめしますね。JTBは日本でも屈指の大手旅行代理店なので安心感が違いますよね。

さらには、予約しておけば現地で「今日のチケットがない!」と泣くこともありませんしね。

あなたが何回もプーケットに行けるなら別ですが、そういう方はそもそも少ないと思います。プーケットまで行って、「チケットがありません」じゃあ面白くないですよね!

チケットの値段差

「JTBは大手だからチケット代金が高いんじゃないの?」と思う方もいますよね。ところが、そこまで値段が変わらないツアーが多いんですよね。

例えば、プーケットの有名観光地である「プーケットファンタシー」の料金はこんな感じになります。

  • 現地代理店:2,550バーツ
  • JTBで予約:2,800バーツ

JTBでの予約が現地代理店の1.5倍くらいするなら、私もかなり悩みます。しかし、これくらいなら安心代金だと思ってもお釣りがきますよね。

JTBでプーケットオプショナルツアーを探す

スポンサーリンク

まとめ

今回は、プーケットオプショナルツアーで「現地申し込みがおすすめな方」と「JTBでの事前予約がおすすめな方」について、タイ歴22年の私が解説しました。

まさじろ
まさじろ

現地申し込みであれJTBであれ、プーケット観光は楽しんだもん勝ちですよ!