プーケットのパトンビーチでマッサージする時はNOの店がおすすめ!

スポンサーリンク

プーケット旅行のとき、時間が空いた方におすすめなのが「タイマッサージ」になります。

実は、タイはマッサージ天国なんです。と言うのも、マッサージの価格を日本と比べると、「約3分の1の価格」で楽しめちゃうんですよね。

タイびと
タイびと

ですので、プーケット旅行にきたらタイマッサージは超絶におすすめなんです。

しかし、プーケットでのマッサージを楽しむためには「あること」に注意しないといけません。

「注意して下さい!」とは言っても、別に身の危険に関わる話ではないんです。しかし、今回の情報を知ってると「マッサージの満足度」が変わってきますよ。

まさじろ
まさじろ

今回は、プーケットのパトンビーチ周辺でマッサージするときは「NOの店がおすすめ」について、タイ歴22年の私が解説します!

スポンサーリンク

プーケットのパトンビーチには2種類のマッサージがある

パトンビーチ周辺にあるタイマッサージは、値段のわりに満足できるお店が多いです。

しかし、あまり満足できない「マッサージレベルのお店」もあるんですよね。実は、それには理由があります。

タイびと
タイびと

あまり大きな声では言えないのですが、プーケット・パトンビーチ周辺には以下の2種類のマッサージがあります。

一般的なマッサージ

一般的なマッサージとは、世間一般で知られている「普通のタイ古式マッサージ」になります。

男性向けマッサージ

男性向けマッサージとは、「男性向けの特別なマッサージ」になります。

まさじろ
まさじろ

プーケット・パトンビーチで困るのが「男性向けマッサージ」の存在なんです。そういうサービスを求めてない人にとっては、けっこうツライものがあります。

スポンサーリンク

男性向けマッサージを避けたい理由

私が男性向けマッサージを避けたい理由は以下の3点になります。

  • マッサージがあまり上手ではない
  • 営業活動が活発になる
  • 営業を断ると機嫌が悪くなる

マッサージがあまり上手ではない

「特別なマッサージの方」が稼げると知ってるマッサージ師さん。当然ですが、普通のマッサージはやる気が出ません。

おざなりなマッサージを施される確率があがります。それに、普通のマッサージはそんなに慣れてませんから上手ではありません。

まさじろ
まさじろ

女性が受ける被害はここまでです。しかし、「男性向けマッサージ」を求めてない男性は、これだけでは許してもらえません。

営業活動が活発になる

彼女たちの本当の目的は、「特別なマッサージ」を施すことにあります。ですので、その手段としてマッサージをしてくれます。

マッサージの最中に営業活動が始まります。断っても断っても全く気にしません。笑顔で営業を続けます。となると、当然ですがマッサージの方はおざなりになります。

営業を断ると機嫌が悪くなる

仕向けてきた営業活動を全てお断りすると、マッサージに専念してくれます。しかし、その後に「機嫌が悪くなる女性」が多いんですよね。

となると、当然ですが残り時間はサラッと流すだけのマッサージになってしまいます。

スポンサーリンク

「NOの店」をおすすめします

タイびと
タイびと

プーケット・パトンビーチのマッサージ店で失敗したくない方は、「NOの店」に行くことをおすすめします。

「NOのお店って?」と思われた方がほとんどだと思いますので、上記写真の「真ん中辺り」を見て下さい。

お店の名前の下に「NO 〇〇○」と言う文言が見えると思います。これが「NOのお店」になります。

一般のマッサージ店だと宣言してる

「NOのお店」とは、お店自身が「当店は特別なマッサージはしませんよ!」と宣言してるマッサージ店になります。

まさじろ
まさじろ

ちなみに、わざわざこの文言を店頭に書いてると言う事は、それだけ「男性向けマッサージ店」が乱立してる証拠でもあるんですよね(笑)

スポンサーリンク

プーケット・パトンビーチでのマッサージの不思議

ただし、誤解のないように言いますが、男性向けマッサージ店でも危険は特にありませんからね。

タイびと
タイびと

日本人女性だと、「このお店はマッサージが上手じゃないなあ」と思うくらいです。

意識してない国の人も多い

ちなみに、欧米人女性やアジア人女性は、「男性向けマッサージ店」との意識すらないんだと思います。

ですので、あからさまな「男性向けマッサージ店」にも、欧米人女性やアジア人女性が大挙してます。

バンコクやチェンマイだと、キッチリと区分けされてるんですけどね。南国だから、みんなそんな些細なことは気にしてないのかも知れませんね!

スポンサーリンク

まとめ

今回は、プーケットのパトンビーチ周辺でマッサージするときは「NOの店がおすすめ」について、タイ歴22年の私が解説しました。

まさじろ
まさじろ

私はタイマッサージが大好きなので、ほぼ毎日マッサージしてもらってます。きちんとマッサージしてほしい方は「NOのお店」を目指して下さいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
プーケット
スポンサーリンク
スポンサーリンク
役に立ったと思った方はシェアして下さいね!
タイびと