プーケットの地図を使ってエリアの特徴や交通の要所を解説するよ!

スポンサーリンク

プーケット旅行の前に気になることが、プーケットの「エリアごとの特徴」になります。

エリアごとの特徴を軽く知っておくだけで「安心感」が違いますもんね。プーケット旅行の前にサラッと確認して、「プーケットに関しての知識」を深めて下さいね。

まさじろ
まさじろ

今回は、プーケットの地図を使って「エリアごとの特徴や交通の要所」について、タイ歴22年の私が解説します!

スポンサーリンク

プーケット地図でエリアの特徴を確認

プーケットにおいて、最初に知って欲しいことがあります。

タイびと
タイびと

それが、プーケットには「2つのエリアがある」ことになります。

プーケットを大きく分けると下記の2つのエリアに分かれます。

  • パトンエリア:観光客が多いエリア
  • プーケットタウン:地元の方が多いエリア

パトンエリア

パトンエリアやカタエリアに観光客が集まっていますね。プーケットは、西側に有名なビーチや観光地が集まっています。

まさじろ
まさじろ

「プーケット」と言えば、こちらのエリアを指すのが一般的ですよ!

プーケットタウン

プーケットタウンは、プーケットの東側になります。こちらは観光客よりも地元のプーケットの方が生活しているエリアになりますね。

ですので、一般的な観光客の方が訪れる機会は少ないと思います。まずは、上記の2エリアがあることを簡単に頭に入れておいて下さいね。

スポンサーリンク

プーケットの地図を詳細に見ていこう!

  1. パトンエリア
  2. カタエリア
  3. プーケット国際空港
  4. プーケットバスターミナル1
  5. プーケットバスターミナル2
  6. ラサダ港

前述したように、「1・2」の周辺が観光客エリアで、「4~6」の周辺がプーケットタウンエリアになります。

スポンサーリンク

パトンエリア

パトンエリアは、プーケットの中心になります。プーケット旅行の初心者は、まずはパトンビーチのある「パトンエリア」に泊まることをおすすめします。

ビーチも楽しめますし、ショッピングも楽しめます。さらには、ナイトライフが充実してるのも嬉しいエリアですね。

プーケットのパトンビーチと周辺にあるおすすめエリアを地図で解説!
プーケット随一の繁華街である「パトンエリア」は、昼も夜も多くの観光客で賑わっています。そのパトンエリアにあるビーチが、「パトンビーチ」になります。 プーケット島の西側には数多くのビーチがありますが、名実ともにメインビーチと言えるのが「...
スポンサーリンク

プーケット空港

プーケットの地図において、最初におさえてほしいのは「プーケット空港」の場所になります。と言うのは、ほとんどの観光客がプーケット空港を使うからですね。

そこから、皆さん「パトンエリア・カタエリアなど」の目的地へと向かいますね。最近では、「プーケット空港から → リゾートホテル」に直行する観光客も増えてますね。

まさじろ
まさじろ

ホテルでの滞在を楽しむリゾートライフも素敵ですよね!

プーケット空港からはタクシーが便利

プーケット空港から各地への移動はタクシーが便利ですね。プーケット空港は2016年の9月に新ターミナルができたんで「まだまだ綺麗な空港」なんです!

プーケット空港での両替と「タクシーを使っての移動」を詳しく解説!
アジア有数のビーチリゾートであるプーケット。その玄関口が「プーケット空港」になります。 プーケット空港に到着すると、「空港の新しさ」に驚く旅行者が多いんです。それもそのはずで、2016年の9月に「新ターミナル」ができたので、まだまだ新...
スポンサーリンク

プーケットの交通の要所

プーケットバスターミナル1・2

バンコクからバスでプーケットに来たときに、バスターミナル1・2を利用することになります。

タイびと
タイびと

ちなみに、バンコクからプーケットは「850キロ」と遠いですから、飛行機をおすすめしますよ!

バンコクからプーケットの行き方で「移動のおすすめ」を3選したよ!
タイが誇る国内最大のビーチリゾートであるプーケット。リゾートのわりには物価もそこまで高くないので、アジア人にも欧米人にも大人気です。 結論から言うと、バンコクからプーケットへの行き方は「飛行機」での移動を強くおすすめします。と言うのに...

ラサダ港

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab_002-1

ラサダ港はピピ島への玄関口になります。この港からピピ島行きの船が出てるんですよね。

上記のパトンエリアからピピ島の港までは「バス→トゥクトゥク→船」で簡単に行けちゃうんですよ!

プーケットから「ピピ島への行き方」について詳しく解説するね!
「プーケットまで行ったら、ピピ島にも行ったほうがいいですか?」との質問を頂くことがあります。プーケットで満足したので、「ピピ島は次の機会にしようかな」と思ってるんでしょうね。 結論から言うと、プーケットに来たなら「絶対に行ってほしいの...
スポンサーリンク

まとめ

今回は、プーケットの地図を使って「エリアごとの特徴や交通の要所」について、タイ歴22年の私が解説しました。

まさじろ
まさじろ

それでは、素敵なプーケット旅行を楽しんで下さいね!