プーケットファンタシーは絶対におすすめ!魅力とチケット購入を解説

スポンサーリンク

プーケット観光で絶対に外せない観光地の1つであるプーケットファンタシーですが、最初は私も「絶対に外せないなんて大げさな物言いだよね」と正直馬鹿にしてました。

しかし、友人が「どーしても行きたい」と言うので、渋々ですが一緒に行くことにしました。

ショーの時間は1時間20分くらいなんですが、気づくと身を乗り出して見入ってる私がいました。久しぶりに心沸き立つ魅力的なショーを堪能させてもらいましたね。

タイびと
タイびと

息つく暇もないくらいに魅力的なショーが続くので、「あっ」と言う前に時間が過ぎ去るのに驚きを隠せませんでしたね!

まさじろ
まさじろ

今回は、プーケットファンタシーの「魅力やチケット購入方法」について、タイ歴22年でプーケットファンタシーにハマった私が解説します!

スポンサーリンク

プーケットファンタシーを見に行く流れ

タイびと
タイびと

今回は、プーケットファンタシーの「ショー・ブッフェ・往復送迎」のトリプルチケットを購入しました。

プーケットファンタシーを見に行く流れは、こんな感じになります。

  • 17:30 専用車でホテルまでお迎え
  • 18:00 プーケットファンタシーに入場
  • 18:10 ブッフェやアトラクションを楽しむ
  • 21:00 ショーの開演

専用車でホテルまでお迎え

泊まっているホテルまで、プーケットファンタシーの専用車でお迎えに来てくれます。私のホテルの後、3つのホテルをまわってましたね。

専用車の乗客は総勢10名くらいでしたので快適に移動できました。私以外は全員欧米人でしたので静かなもんでしたよ。

まさじろ
まさじろ

ほぼ定刻に来てくれましたが、プーケットもこの時間は混んでるので、時間のことはあまり気にしない方がいいと思います。

スポンサーリンク

プーケットファンタシーに入場

プーケットファンタシーに到着したら、入場チケットの交換にいきます。ここのスタッフは気が利くので、空いてるカウンターに案内してくれました。

ですので、そんなに長い時間並ぶことはないと思います。私のときは、すぐにカウンターに案内してもらえましたよ!

まさじろ
まさじろ

メインであるショーの開演が21時からなので、それまでブッフェやアトラクションを楽しみましょう。私はお腹が空いてたのでブッフェから行きました(笑)

帰りは別の車

ちなみに、帰りは別の車になります。ですので、乗ってきた車のナンバー等を覚える必要は全くありません。

帰りはホテルのあるエリア毎に車で送ってくれます。それも、1つのエリアの便は「1便だけ」とかではありません。

何便も出てるので乗り遅れる心配はありません。のんびりとプーケットファンタシーを楽しんで下さいね!

スポンサーリンク

豊富なブッフェを楽しもう!

ブッフェレストランの入り口で、上記写真のように「チケットにテーブル番号」を書いてくれます。

私ですと、「F41」がテーブル番号ですね。レストラン内にいるスタッフに聞けば気軽にテーブル席を案内してくれますよ。

まさじろ
まさじろ

4,000人収容可能な大広間での食べ放題サービスは、その場にいるだけでもけっこうワクワクしました。

圧巻の大広間

タイ料理・中華料理・西洋料理等がズラーッと並んでいます。ブログで紹介するために、ほぼ全種類の料理をチョビっとだけ味見しましたが、70点〜80点の味ですね。

「とびっきり美味しい!」ってのは少ないです。しかし、食べ放題ですからこれで十分だと私は思います。ただし、私が何度もおかわりしたものもがあります。

サラダも充実!

タイ旅行では、生野菜が乏しくなりがちなんです。ですので、ここのサラダをバクバクと頂きました(笑)

ちなみに、食べ放題でありがちな「雑多な汚さ」はここでは皆無です。上記の写真のように、スタッフが綺麗に食べ物を整えてくれてるからです。

スポンサーリンク

アトラクションを楽しもう!

まさじろ
まさじろ

メインのショーが始まるまで少し時間があるので、食事の後は「アトラクションやショッピング」を楽しみましょう!

ホワイトタイガー

可愛いホワイトタイガーを見ることができます。こちらは入場無料なので、かなりオススメのアトラクションです。何をおいても、まずは見に行きたいですね!

象に乗る

象に乗ることもできます。象に乗ったことのない人にはおすすめですね。プーケットファンタシーの中を5分〜7分歩いてくれます。料金は、1,000バーツ(約3,000円)ですね。

スポンサーリンク

圧巻のパフォーマンスを誇る豪華なショー

それでは、お待ちかねの「プーケットファンタシーのショー」を紹介します。まずは、劇場がある上記写真の建物にお入り下さい!

タイびと
タイびと

メイン劇場に入る前に、まずはスマホ・カメラ等をレセプセションに預けないといけません。ということで、ここからの紹介は写真がありませんよ。

写真撮影会

「スマホ・カメラ等」を預けた後、劇場のメインルームに行く途中、

  • 民族衣装の女性
  • ホワイトタイガーの赤ちゃん
  • 象さん

と、有料ですが写真をとってくれます。特に「ホワイトタイガーの赤ちゃん」が可愛いので人気でしたよ!

劇場内は少々寒い

まさじろ
まさじろ

劇場内は少々寒いので、女性は羽織るものを1枚持っていくことをオススメします。

スポンサーリンク

動画で確認してみよう!

写真が撮れなかったので、動画を探してきました。30秒程度の短いものなので、まずは御覧ください!後半がショーの内容となってます。

圧倒的な感動感!

象が踊り・火が舞い・水が降る、最高のショーでした。高度なマジックあり、お笑いあり、だったので、息つく暇なく楽しませてもらいましたよ!

日本語の歌まで入ってる

ショーの途中で日本語の歌が突然に流れるのですが、日本人としてこれに少し感動しましたね。

「ぞう、ぞう、ぞう、君の笑顔♪」こんな感じの歌でしたよ。素晴らしかった!

スポンサーリンク

プーケットファンタシーの料金とチケット購入

プーケットファンタシーのチケットを現地代理店で購入したときの料金は以下になります。

  • ショー :1,800バーツ
  • ブッフェ:400バーツ
  • 往復送迎:350バーツ

※プーケットファンタシーは木曜日は定休日になります

英語やタイ語が話せる方は、パトンエリアにある「現地代理店」でプーケットファンタシーを予約すればいいですね。

チケット購入の注意点

しかし、それにはデメリットもあります。まず、その日のチケットが確保できるか否かが分からないことです。

ですので、一般的な旅行者の方は「大手旅行代理店経由での予約」をおすすめします。せっかくプーケットまで行って、「チケットがありません」じゃあ面白くないですもんね!

タイびと
タイびと

プーケットファンタシーのチケット代金の確認はコチラをどうぞ!

>>プーケットファンタシーのチケットをチェック

スポンサーリンク

アクセス地図

上記地図の「14」がプーケットファンタシーになります。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、プーケットファンタシーの「魅力やチケット購入方法」について、タイ歴22年でプーケットファンタシーにハマった私が解説します!

まさじろ
まさじろ

プーケット観光の目玉は、プーケットファンタシーと素敵なビーチで決まりですね!