スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

プーケットファンタシーを楽しむモデルコース!お得なチケット購入も

スポンサーリンク

 

今回は、「プーケットファンタシーを楽しむモデルコース」と「おすすめのチケット購入方法」について、タイ歴22年の私がシンプルに解説します。

 

まさじろ
まさじろ

結論を言うと超オススメです。息つく暇もないくらいに魅力的なショーが続くので、「あっ」と言う前に時間が過ぎ去るのに驚きを隠せませんでしたよ!

 

プーケットファンタシーのチケットのおすすめはコチラ!

 

>>プーケットファンタシーのおすすめチケット

 

スポンサーリンク

プーケットファンタシーは人気テーマパーク

 

プーケットファンタシーは、プーケットにある人気テーマパークになります。

 

プーケットファンタシーとは?

カマラ・ビーチにある、およそ25万坪の敷地を持つテーマパーク。毎晩21時から上演される、タイの歴史と伝統文化を現代技術を駆使して演出したゴージャスなショーが人気。

(引用:タイ国政府観光庁「プーケットファンタシー」より)

 

大まかな流れを紹介

今回は、プーケットファンタシーの、「ショー・ブッフェ・往復送迎」のトリプルチケットを購入しました。

 

大まかな流れは、こんな感じになります。

  • 17:30 専用車でホテルまでお迎え
  • 18:00 プーケットファンタシーに入場
  • 18:10 ブッフェやアトラクションを楽しむ
  • 21:00 ショーの開演

 

専用車でホテルまでお迎え

泊まっているホテルまで、プーケットファンタシーの専用車でお迎えに来てくれます。

私の宿泊ホテルのあとは、3つほどのホテルをまわってお客さんをピックアップしてましたね。

 

専用車の乗客は、総勢10名くらいでしたので快適に移動できました。

私以外は、全員欧米人でしたので静かなもんでしたよ。

 

ほぼ定刻に来てくれましたが、プーケットもこの時間は混んでるので、時間のことはあまり気にしない方がいいと思います。

 

スポンサーリンク

プーケットファンタシーに入場

プーケットファンタシーに到着したら、入場チケットの交換にいきます。

ここのスタッフは気が利くので、空いてるカウンターに案内してくれました。

 

ですので、そんなに長い時間並ぶことはないと思います。

私のときは、すぐにカウンターに案内してもらえましたね。

 

メインであるショーの開演が21時からなので、それまでブッフェやアトラクションを楽しみましょう。

私はお腹が空いてたのでブッフェから行きました(笑)

 

帰りは別の車

ちなみに、帰りは別の車になります。ですので、乗ってきた車のナンバー等を覚える必要は全くありません。

帰りはホテルのあるエリア毎に車で送ってくれます。それも、「1つのエリアは1便だけ」とかではありません。

 

何便も出てるので乗り遅れる心配がないので、のんびりとプーケットファンタシーを楽しんで下さいね!

 

スポンサーリンク

4,000人収容可能な大広間でブッフェを楽しむ!

ブッフェレストランの入り口で、下記の写真のように「チケットにテーブル番号」を書いてくれます。

 

私ですと、「F41」がテーブル番号ですね。

分からなかったら、レストラン内にいるスタッフに聞けば気軽にテーブル席を案内してくれますよ。

 

4,000人収容可能な大広間での食べ放題サービスは、その場にいるだけでもけっこうワクワクしました(笑)。

 

圧巻の大広間

タイ料理・中華料理・西洋料理等がズラーッと並んでいます。

ブログで紹介するために、ほぼ全種類の料理をチョビっとだけ味見しましたが、70点〜80点の味ですね。

 

「とびっきり美味しい!」ってのは少ないです。

しかし、食べ放題ですからこれで十分だと私は思います。

 

ただし、私が何度もおかわりしたものもがあります。

 

サラダも充実!

タイ旅行では、生野菜が乏しくなりがちなんです。

ですので、ここのサラダをバクバクと頂きました(笑)

 

ちなみに、食べ放題でありがちな「雑多な汚さ」はここでは皆無です。

上記の写真のように、スタッフが綺麗に食べ物を整えてくれてるからです。

 

スポンサーリンク

アトラクションを楽しもう!

 

メインのショーが始まるまで少し時間があるので、食事の後は「アトラクションやショッピング」を楽しみましょう!

 

ホワイトタイガー

可愛いホワイトタイガーを見ることができます。

白い虎って可愛いですよね。

 

こちらは入場無料なので、かなりオススメのアトラクションです。

何をおいても、まずは見に行きたいですね!

 

象に乗る

象に乗ることもできます。象に乗ったことのない人にはおすすめですね。

プーケットファンタシーの中を5分〜7分歩いてくれます。料金は、1,000バーツ(約3,000円)ですね。

 

スポンサーリンク

圧巻のパフォーマンスを誇る豪華なショー

それでは、お待ちかねの「プーケットファンタシーのショー」を紹介します。

まずは、劇場があるこちらの建物にお入り下さい!

 

メイン劇場に入る前に、スマホ・カメラ等をレセプセションに預けないといけません。

ということで、ここからの紹介は写真がありませんよ。

 

写真撮影会

「スマホ・カメラ等」を預けた後、劇場のメインルームに行く途中、

  • 民族衣装の女性
  • ホワイトタイガーの赤ちゃん
  • 象さん

と、有料ですが写真をとってくれます。

 

特に「ホワイトタイガーの赤ちゃん」が可愛いので人気でしたよ!

 

プーケットファンタシーを動画でチェック!

 

約30秒の動画なので、まずは御覧ください!

 

圧倒的な感動感!

象が踊り・火が舞い・水が降る、最高のショーでした。

高度なマジックあり、お笑いあり、だったので息つく暇なく楽しませてもらいましたよ!

 

ショーの途中で日本語の歌が突然に流れるのですが、日本人としてこれに少し感動しましたね。

「ぞう、ぞう、ぞう、君の笑顔♪」こんな感じの歌でしたよ。素晴らしかった!

 

※劇場内は少々寒いので、女性は羽織るものを1枚持っていくことをオススメします。

 

スポンサーリンク

プーケットファンタシーのチケット購入

 

プーケットファンタシーのチケット購入方法には以下があります。

  • プーケットファンタシー
  • 現地の旅行代理店
  • 日本の旅行代理店

 

プーケットファンタシー

プーケットファンタシーで、チケットを購入するという方法ですね。

「2,200バーツ:ショー+ブッフェ」になります。

 

ただし、現地まで自分で来ないといけません。プーケットは移動費が高いんですよね。

さらには、当日のチケットがない可能性もあります。

 

プーケットファンタシーでのチケット購入は、おすすめできませんね。

 

現地の旅行代理店

プーケットファンタシーのチケットを、現地代理店で購入したときの料金は以下になります。

  • ショー :1,800バーツ
  • ブッフェ:400バーツ
  • 往復送迎:350バーツ

 

英語やタイ語が話せる方は、パトンエリアにある「現地代理店」でプーケットファンタシーを予約すればいいですね。

しかし、デメリットもあります。その日のチケットが確保できるか否かが分からないことです。

日本の旅行代理店

一般的な旅行者の方は、「日本の旅行代理店での予約」をおすすめします。

せっかくプーケットまで行って、「チケットがありません」じゃあ面白くないですもんね!

 

>>プーケットファンタシーのチケットを確認する

 

スポンサーリンク

基本情報とアクセス地図

基本情報

住所99 Moo 3 Kamala Kathu Phuket 83150 Thailand
電話番号07-638-5000
営業時間17:30~23:00頃 ※ショーは21時から
定休日木曜日
WEBhttp://www.phuket-fantasea.com/japanese/index.php

 

プーケットファンタシー・アクセス地図

 

  1. プーケット国際空港
  2. バスターミナル1
  3. バスターミナル2
  4. ラサダ港
  5. パトンビーチ
  6. カロンビーチ
  7. カタビーチ
  8. カタノイビーチ
  9. ナイハーンビーチ
  10. ヤヌイビーチ
  11. プロンテープ岬
  12. ビッグブッダ
  13. ジャンクセイロン
  14. セントラルフェスティバル
  15. マリンプラザ
  16. バンザーン市場
  17. サイモンキャバレー
  18. プーケットファンタシー
  19. ピピ島

 

プーケットのエリアの特徴や交通の要所はコチラでどうぞ!

 

【最新版】プーケット地図で観光地と交通要所を知ろう!
今回は、プーケットの地図で「観光地・市内エリアの特徴・交通の要所」を、タイ歴22年の私が解説します! まさじろ プーケットに来るだけで、「心が踊ります」。青い空と青い海の境界線を探しに行きましょう! ...

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、「プーケットファンタシーを楽しむモデルコース」と「おすすめのチケット購入方法」についてシンプルに解説しました。

 

ショーの時間は1時間20分くらいなんですが、気づくと身を乗り出して見入ってる私がいました。

久しぶりに心沸き立つ魅力的なショーを堪能させてもらいましたね。

 

まさじろ
まさじろ

プーケットには、魅力的な観光地がまだまだあるんですよ。詳しくはコチラをどうぞ!

 

【最新版】プーケット観光おすすめ15選をシンプルに紹介するよ!
タイ旅行がブームになりつつある昨今。 アジア屈指の南国ビーチリゾートである「プーケット」の人気が再び高まりつつあります。 それと共に、 読者さん プーケット観光に行きたいのですが、おす...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
プーケット
役に立ったと思った方はシェアして下さいね!
スポンサーリンク
タイたび

コメント