スポンサーリンク
スポンサーリンク

プーケット旅行の服装の選び方!常夏だから日焼け対策【必須】

スポンサーリンク

今回の記事は、こんな疑問を感じてる方向けになります。

 

読者さん
読者さん
  • プーケット旅行の服装で注意することは?
  • プーケットはやっぱり暑いんだよね?

 

結論から先に言うと、

  • プーケット旅行の服装で注意することは、「日焼け対策」がメインになりますね。
  • 暑いですよ、日差しが強いです。南国ビーチリゾートですからね!

 

まさじろ
まさじろ

プーケット旅行の「服装の選び方」について、タイ歴22年の私がシンプルに解説しますね!

 

スポンサーリンク

プーケット旅行の服装の選び方

プーケットの平均気温は、年間を通して「25℃~33℃」とほぼ一定になります。

ですので、「Tシャツ・ハーフパンツ・サンダル等」がプーケットの服装になります。

ただし、プーケットで1点だけ注意して欲しいことがあります。

 

それが、「日焼け対策」になります。

タイの紫外線を体感しているからこそ言えるよ!

今ではキッチリと紫外線対策をしている私ですが、数年前は「何の対策」もしてませんでした。

そんな私だからこそ言えることが、「タイの紫外線は半端じゃないよ!」になります。

タイの戸外を「30分~1時間」バイクでドライブしたら、けっこうな日焼けっぷりです。驚くほどすぐに「真っ黒」になります。

 

2時間~3時間となると、しっかりと「焼け上がり」ます。その頃になると肌が痛いですよ。

 

スポンサーリンク

プーケットの気候を知ろう!

タイはメチャクチャ熱い国です。暑いではなくて「熱い」んです。タイのある地方では、毎日40℃を超える日が続くこともあります。

プーケットでショッピングモールにだけ行くなら「日焼け」に関しては何の問題ありません。

しかし、プーケットではビーチリゾートを楽しむ人がほとんどです。

 

日焼け対策に「長袖シャツ」を1枚持って行くことをおすすめします。

 

プーケットの平均気温や降雨日数

プーケットの年間を通した「平均気温や降雨日数」が以下になります。

「プーケットの平均気温や降雨日数」

 平均最低気温平均最高気温平均降雨日数雨量mm
1月24.532.7430.3
2月24.933.6323.9
3月25.434.0573.5
4月25.833.911142.9
5月25.632.821259.5
6月25.532.419213.3
7月25.132.019258.2
8月25.332.019286.8
9月24.631.523361.2
10月24.531.522320.1
11月24.731.716177.4
12月24.431.7872.4

(引用:Wikipedia「プーケットの気候」より)

 

気温だけで言うと「30℃前後」なんですが、プーケットは赤道近くに位置するので、日差しが本当に強いんですよね。

 

スポンサーリンク

長距離バスでプーケットに行く人

バンコクからプーケット間のオススメは飛行機ですが、長距離バスで行くことも可能です。

プーケットに限らずタイ国内を長距離バスで移動する人は、車内がエアコンでキンキンに冷やされる可能性が高いので注意して下さい。

 

実は、タイのエアコンの王様は「長距離バス」です。

 

お昼は涼しくて快適なのですが、深夜も同じ温度を保ってるので「恐ろしく寒く」なります。タイ人も寒さに震えています。

タイの長距離バスに乗るときは「防寒対策必須」です。対策を怠ると、簡単に風邪をひけますよ。私は何回も風邪をひいてます(笑)

 

女性の方はコチラの記事にも目を通しておいて下さいね!

タイ旅行の服装で女性が気を付けた方がいいこと!【読者さん追記有】
今回の記事は、こんな疑問を感じてる方向けになります。 読者さん タイ旅行の服装で、女性が注意することってある? 暑さ対策はモチロンのこと「寒さ対策」も必要なの? 結論から先に言うと...

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、プーケット旅行の「服装の選び方」について解説しました。

おさらいすると以下になります。

  • プーケットは日焼け対策必須!
  • 長袖シャツを1枚持って行きましょう

 

まさじろ
まさじろ

日焼け対策以外のタイ旅行の服装は、コチラの記事で詳しく解説しています。目を通しておいて下さいね!

タイ旅行の服装の選び方!バンコク観光は寒さとも戦う【驚愕の事実】
今回の記事は、こんな疑問を感じてる方向けになります。 読者さん タイ旅行の服装で気を付けることはありますか? ハーフパンツはタイの寺院で入場を拒否されるの? タイ観光では寒さ対策も必要って本当?...