ピーチの国際線を利用したので率直な感想を述べていくよ!

日本国内の移動でいつもお世話になっている「ピーチ」。格安で飛行機に乗れるのでいつも重宝しております。今回はピーチの国際線を利用したので、使い勝手や感想を紹介していきますね。

結論から言うと、格安航空は国内での移動に適してると思うよ(笑)ただし、料金が安いんだから当たり前のことなんですけどね。

ピーチ国際線(バンコク→沖縄)

今回の乗車内容

  • PEACH MM990便
  • 出発空港:バンコク 1:25(現地時間)
  • 到着空港:那覇空港 7:55(現地時間)

※日本とタイの時差は2時間なので実際の飛行時間は4:30ぐらい

バンコク→沖縄線の感想

値段相応というのが率直な感想になります(笑)安価にタイ旅行したい人や沖縄に住んでる人にはおすすめですね。

3つの問題点

バンコク→沖縄線には3つの問題点は以下になります。

  • シート間隔がせまい
  • 座席の移動はできないよ!
  • 沖縄についてからの乗り換え時間

※格安航空ですので、飲み物や食べ物は有料なのは当然なのでそこは省きますね。これも地味にキツイですが、機内で購入できますからね(割高だけどね)

シート間隔がせまい

最大の問題点は「シート間隔」になります。国内線だと飛行機に乗ってる時間は1時間程度なので、何とか我慢できます。

これがバンコク→沖縄になると4時間以上もこの狭い空間に放り込まれます。さらに驚くことに、日本人以外の外国人はこのシート間隔の中でも「平気でシートを倒します」。

特にアラブ人や中国人は完全に倒し切る人が多かったですね。ただでさえ狭いのに、シートを倒されると普通に座るのもキツくなります(笑)

座席の移動はできないよ!

さらに驚くことは、空席がけっこうあるのに「座席の移動はできません!」。正直、これには驚きましたね。

他の航空会社では言われたことがないのでビックリでしたね。ピーチの乗車規定に「席の移動は不可」との文言があるんでしょうかねえ。

沖縄についてからの乗り換え時間

「タイ旅行と沖縄旅行が同時に楽しめる!」と書きたかったのですが、狭い空間に押し込められて、飛行機を降りたらけっこうヘトヘトでしたね。

さらに那覇空港では、一般航空会社とピーチの乗り場はターミナルが異なります。ですので、ピーチターミナルから一般ターミナルに移動しないといけません。

この移動がバスになります。頻繁に来てくれたらいいのですが、毎回10分ほど待つことになります。暑い沖縄の戸外でのバス待ちはキツイです。

さらに、ピーチターミナルにはお土産屋さんぐらいしかありません。まあ、格安なんだからそれもしょうがないんですけどね(笑)

まとめ

今回は、ピーチ国際線について紹介しました。おそらくですが、この区間はタイ人観光客を誘致するための路線だと私は思いました。

実際にまわりを見渡すとタイ人が多かったですしね。沖縄に住んでる人以外には、ちょっと使いにくい区間ですね。

「タイ旅行のおすすめ情報」をまとめたので紹介しますね。頻繁にタイを旅している私が、実際に行った観光地、実際に食べたタイ料理等、全て「私の...

【タイ旅行Webガイドのおすすめ】

タイへの航空券を探す

タイ旅行ツアーを探す

タイのホテルを探す