一般的なパタヤ観光は「パタヤビーチとラン島」が超おすすめだよ!



%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab_000-2

今回は、パタヤ観光について紹介します。パタヤは、バンコクからバスで簡単に来られるので、タイ人にも外国人にも大人気です。さらにそのバスの運賃も安いんですよね。

ですので、本当にフラッと来れちゃうビーチリゾートですね。ただし、パタヤは、米軍の保養地として開発されてきた歴史を持つ街です。ですので、当然ですが昼の顔よりも夜の顔がメインの観光地となります。

パタヤ観光のおすすめを3厳選

パタヤの魅力の1つに、リゾート観光地なのに物価が高くないことが挙げられます。バンコクよりも少し高いくらいか、ほぼ同額になります。ですので、低予算の方でも十分楽しめる観光地となってるんですよね。

以前は、「パタヤ=夜の街」というイメージでした。しかし、近年ではその様子も少し変わってきてます。お手軽で便利なリゾートとして、一般の観光客にも人気が出てきたのです。

パタヤビーチにも一般の観光客が増えてますし、近くにあるラン島にも一般観光客が大挙しています。バンコク観光のさいに、ビーチが恋しくなったら来てみて下さいね!

パタヤ観光のおすすめは以下の3エリア

「パタヤ観光のおすすめ」
・パタヤビーチ
・セントラルフェスティバル・パタヤ
・ラン島

パタヤには海があるので、それだけでビーチリゾート気分に浸れるのも大きな魅力ですよ。

「パタヤ観光での注意事項」
前述したようにパタヤは「夜の観光」がメインなリゾート地になります。女性グループや家族連れの方は、昼の観光を満喫したら「ホテルに帰って楽しむ」ことをオススメします。

パタヤビーチ

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab_000

パタヤのメインビーチが「パタヤビーチ」になります。パタヤビーチは、後述する「セントラルフェスティバル・パタヤ」は、目の前になります。

ですので、ビーチのすぐ隣にショッピングモールがあるという最高の立地になっていますね。大事なことなので先に言っておきますね。

パタヤビーチの水質について言及すると「あんまり綺麗ではない」ですよ。観光ガイドブックは、大人の事情で書けないんでしょうね(笑)

ですので、綺麗な海を見慣れている日本人に「海水浴は向きません」。でも、ビーチでは泳がなくたって楽しいことがいっぱいありますよ。

※上記写真はセントラルフェスティバル・パタヤから撮ってます。本当に近いんですよね(笑)

パタヤビーチでの2つの楽しみ方!

ビーチパラソル

色とりどりなビーチパラソルの下でのんびりとするのが最高の贅沢です。海風は最高に気持ちいいですしね。ビーチパラソルの値段は場所によって異なりますが、1人50バーツ〜100バーツになります。

ビーチチェアを貸してくれるスタッフが、ついでに「冷えたビールや飲み物」も販売してくれます。あなたがビーチチェアに寝っ転がってると、冷えた飲み物が運ばれてくるという最高の環境です(笑)

さらには、シーフード料理の売り子さんが次々に声をかけてきます。エビ焼きを売る人が多いですね。おおぶりのエビなんで美味しいんですよね。ビーチで食べるとなんでも美味しいんですけどね(笑)

アクティビティ

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab_000-1

パタヤビーチは、アクティビティーも充実しています。ビーチでのんびりするのに飽きたら、ぜひ試して見て下さいね!

・パラセーリング(10分くらい):500バーツ~
・ジェットスキー(30分)   :1,000バーツ~(2人まで乗れる)
・バナナボート(30分)    :1,000バーツ〜(4人〜5人なら乗れるそう)

「ガッチリいくらです!」と紹介したいのですが、日本のように定価がない国なので、そこらへんはよしなにお願いします(笑)

次のページは、パタヤ最大の大型ショッピングモールである「セントラルフェスティバル・パタヤ」