タイタビ

タイへの旅行を10倍楽しくするための情報ブログ。タイ人を知るための恋愛小説・国際結婚・恋愛相談等も紹介してます。1バーツ:3.0円(100バーツ:300円)

パタヤから近いラン島のおすすめビーチと移動法も紹介するよ

      2017/05/06

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab_003

パタヤから1番近い離島である「ラン島」を紹介します。パタヤの中心部から船で30分〜40分で行けるので、お手軽なビーチリゾートとしてタイ人にも有名ですね。ですので、タイ人の観光客も多いんですよね。

ラン島のビーチとパタヤビーチの大きな違いは「水質」になります。タイ人やアラブ人は、パタヤビーチで平気で海水浴を楽しんでますが、綺麗な海を見慣れてる日本人には少々厳しいレベルになります。

ラン島の地図

1:ナーバーン埠頭
2:タワエン埠頭
3:ヌアルビーチ
4:サマエビーチ
5:タワエンビーチ入口

パタヤからラン島までの行き方はこちらをどうぞ!

【パタヤからラン島:行き方】ボートで安くて簡単に行けちゃうよ!

ラン島のおすすめビーチ

「4:サマエビーチ」がダントツでおすすめです。その次にオススメなのが「3:ヌアルビーチ」になります。

「5:タワエンビーチ」は、ラン島最大のビーチであり賑やかなビーチではあるのですが、いかんせん「中国人観光客」であふれかえっています。人混みでも問題ない方なら、埠頭も近いので楽しめると思いますよ。

サマエビーチ

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab_000-7

サマエビーチは、観光客も少ないのでのんびりとビーチを楽しめます。

ヌアルビーチ

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab_000-6

こちらも観光客が少なめなのでおすすめですね。

タワエンビーチ

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab_000-8

遠目から見ても、人であふれてる様子が見て取れると思います。ただし、タワエンビーチの利点もあります。タワエン船乗り場から歩いて5分くらいなんですよね。

動画で見てみよう!

ラン島の2つの埠頭を紹介

・ナーバーン埠頭
・タワエン埠頭

ラン島には上記2つの埠頭があります。しかし、ラン島では「ナーバーン埠頭」を使ったほうが便利ですよ。1ずつ見ていきましょう!

おすすめはナーバーン埠頭

・パタヤからラン島への船の本数が多い
・ソンテウが充実してる
・レンタルバイクも格安でレンタルできます

ナーバーン埠頭をオススメする理由が上記3つになります。

パタヤからラン島への船の本数が多い

船の本数がナーバーン埠頭の方がかなり多いです。パタヤの船着き場に到着したら、なるべく早くラン島に行きたいですもんね(笑)

ソンテウが充実してる

1:ナーバーン船乗り場
2:セブン-イレブン
3:ソンテウ乗り場

「3:ソンテウ乗り場」から、ラン島の各ビーチまでソンテウが出ています。

ソンテウの料金

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab_002-1

サマエビーチ :30バーツ
ヌアルビーチ :30バーツ
タワエンビーチ:20バーツ

全て片道の料金となっております。行きは8時頃〜で、帰りは〜17時頃までとなってますのでお気をつけ下さい。

レンタルバイクを借りる人

ガソリン代込で1日200バーツ。パスポート預かりとなります。風光明媚なラン島は、バイクで駆け抜けるだけでもかなり楽しいですしね。さらには、自由に行動できるのも嬉しいですよね。

「2:セブン-イレブン」の近くに、レンタルバイク屋さんが乱立しています。お好きなお店でレンタルしてください。

タワエン埠頭

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab_001-1

タワエンビーチで遊びたい人は、タワエン船乗り場がとっても便利です。ビーチまで歩いて3分〜5分ですし、その後にソンテウ・レンタルバイクに乗る必要もありませんからね。

ちなみに、タワエン船乗り場付近でレンタルバイクを借りようとすると「1日400バーツ〜500バーツ」を提示されました。レンタルバイクを考えてる人は、ナーバーンの方がかなり安いですね。

タワエンビーチからサマエビーチに行くには?

もしも、間違ってタワエン埠頭で降りた人も安心してください。タワエンビーチからサマエビーチまでソンテウが出ています。

乗り場は「5:タワエンビーチ入口」の近くになります。所要時間は10分ぐらいですね。料金は、片道40バーツになります。

まとめ

今回は、パタヤから1番近い離島である「ラン島」のおすすめビーチと移動方法を紹介をしました。パタヤ観光に来た方には、ぜひともラン島も楽しんでいただきたいですね。

バンコクからでも日帰りで十分に楽しめます。それでは素敵なパタヤ・ラン島の旅を楽しんでくださいね!

 - パタヤ