スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

特別養護老人ホームのユニット型と従来型の特徴や違いについて解説!

スポンサーリンク

 

今回の記事は、特別養護老人ホームの「ユニット型と従来型」の特徴や違いを、現役ケアマネジャーの私が紹介します。

 

よちる
よちる

特別養護老人ホームは、介護施設の中でも「比較的安価」に利用できるので人気の施設になりますよ!

 

スポンサーリンク

特別養護老人ホームには「ユニット型」と「従来型」がある

特別養護老人ホームへの入所を検討しているご家族が増えています。

自宅での介護に限界を感じた方が、最初に検討するのが「特別養護老人ホーム」になるからですね。

 

そんな特別養護老人ホームを検討中の方が、施設見学をしてるときに戸惑うことがあります。

 

それが、

読者さん
読者さん

「個室と相部屋」の特別養護老人ホームがあるけど、何が違うんだろう?

になります。

 

「ユニット型」と「従来型」の違い

実は、その個室や相部屋が「ユニット型」と「従来型」の違いになるんですよね。

 

特別養護老人ホームには、

  • ユニット型:個室
  • 従来型:相部屋

の2つのタイプがあります。

 

まさじろ
まさじろ

さらに言うと、特別養護老人ホームの「新しいタイプ:ユニット型」で、「古いタイプ:従来型」になります

 

ユニット型が推奨された

平成14年度以降に、特別養護老人ホームを新設するときは「ユニット型」にするのが推奨されたんです。

ですので、そこから新設された特別養護老人ホームの「ほとんどがユニット型」になるんですね。

 

よちる
よちる

そんな特別養護老人ホームについての質問でよくあるのが、「ユニット型と従来型の違いって何ですか?」になります。

 

スポンサーリンク

ユニット型の特徴

 

それでは、特別養護老人ホーム・ユニット型の特徴を確認しましょう!

 

個室なのでプライバシーを守れる

ユニット型の最大の特徴は、個室なのでプライバシーを守れることになります。

最近の高齢者の方の多くは、「個人の空間を重要視」するからですね。

 

従来型よりも費用が高い

ユニット型は、個室ですので従来型よりも、「費用が高くなる傾向」がありますね。

 

自宅と同じような生活を目指している

ユニット型のユニットケアとは、「施設でも自宅と同じように過ごせる」ようお手伝いをするケアになります。

入居者の方の生活リズムや個性などを尊重し、画一的ではなく「個人個人に寄り添うケア」を目指してます。

 

まさじろ
まさじろ

入居者さんの中には「個室は寂しいから相部屋の方がいい!」と言う方もいらっしゃいますよ!

 

スポンサーリンク

特別養護老人ホーム・従来型特養の特徴

 

最後に、特別養護老人ホーム・従来型の特徴を確認しましょう!

 

相部屋なのでプライバシーが問題になる

従来型は、個室ではなく「4人部屋などの相部屋」になります。

ですので、プライバシーの問題が多くなる傾向にあります。

 

よちる
よちる

カーテン等では仕切られてますが「おむつ交換や排泄の匂い」は気になりますよね!

 

ユニット型よりも費用が安い

従来型は相部屋ですので、ユニット型よりも「費用が安くなる傾向」がありますね。

 

同室の方の影響を受けやすい

同室の方が不安定で寝れなかったりすると、他の方も寝れなくなって「全員が睡眠不足」になることもあります。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、特別養護老人ホームの「ユニット型と従来型」の特徴や違いを紹介しました。

 

昔の特別養護老人ホームのイメージを持たれている方が、ユニット型を見学すると「ホテルみい!」とびっくりされる方も多いですよ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
特別養護老人ホーム
役に立ったと思った方はシェアして下さいね!
ぷち福

コメント