スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

特別養護老人ホームのショートステイは家族負担を減らす介護サービス

スポンサーリンク

今回の記事は、

  • 特別養護老人ホームのショートステイとは?
  • ショートステイを上手に利用しよう!

を、現役ケアマネジャーの私が解説します。

 

よちる
よちる

介護する家族さんの心が悲鳴をあげる前に、特別養護老人ホームのショートステイを上手に利用して下さいね!

 

スポンサーリンク

特別養護老人ホームのショートステイとは?

ショートステイとは、「短期の宿泊」を提供してくれる介護サービスになります。

 

具体的には、宿泊中に

  • 食事
  • 入浴
  • 機能訓練等

を、おこなってくれるのがショートステイの特徴ですね。

 

ショートステイは2種類ある

ショートステイを希望する利用者さんには、大きく分けて以下の選択肢があります。

 

  • 特別養護老人ホームのショートステイ
  • ショートステイ専門施設

 

どちらのショートステイも、内容は似たようなものになります。

しかし、特別養護老人ホームのショートステイの方が「施設の数が圧倒的に多い」んですよね。

 

まさじろ
まさじろ

ですので、多くの利用者さんは必然的に「特別養護老人ホームのショートステイ」を使うことになります。

 

スポンサーリンク

特別養護老人ホームのショートステイを上手に利用しよう!

よちる
よちる

私はケアマネになった今でも、「現場感覚を忘れないため」に利用者さんのお世話を直接させて頂くことがあります。

 

しかし、久しぶりに介護をすると、年齢のせいもあると思うのですが「身体がキツイ」んですよね。

そんな私ですので、「自宅で介護をなさってる方の大変さ」が心底理解できます。

 

ですので、在宅介護の家族さんには

「遠慮なくショートステイを利用なさった方がいいですよ!」

と、アドバイスさせてもらってます。

 

在宅は24時間365日介護

在宅で介護されている家族さんは、「24時間365日介護」になります。

ですので、「心と体を休める機会」が少ないのが現状です。

 

在宅介護で起こってる題問には、こういうのがあります。

  • 毎日の食事の用意
  • 夜中に何度も起こされてのトイレ誘導
  • 認知症の症状に対しての対応

 

ショートステイの使いかた

そんな介護する家族さんを助けるための介護サービスが「ショートステイ」なんですよね。

 

ショートステイは以下のような状況のときによく利用されてますね。

  • 家族の休息(レスパイトケア)
  • 冠婚葬祭などの時

 

スポンサーリンク

自宅よりもショートステイが気に入る方も

デイサービスは日帰りになります。しかし、ショートステイはお泊りになります。

ですので、利用者さんの中には「環境の変化に戸惑いを感じる方」もいます。

 

しかし、「住めば都」とはよく言ったもので、しばらくすると皆さん慣れてきます。

最初は強烈な抵抗をみせていた方も、顔見知りや仲の良いお友達ができると「心境に変化」が見えてきます。

 

まさじろ
まさじろ

その頃になると、子供や嫁の悪口や愚痴を言い合って盛り上がってる方も多いですね(笑)

 

自宅に帰る時に、「行ってきます?」

利用者さんの中には、「週6日がショートステイで、1日だけ自宅に戻る方」もいます。

 

そういう利用者さんは、自宅に帰るとき「行ってきます!」と言われます。

そして、ショートステイに戻って来ると「ただいま。ここがやっぱり落ち着くよ!」と笑顔で言われます。

 

こうなると、「どっちが自宅」かよく分からなくなりますよね。

 

よちる
よちる

私たち介護に携わってる者としては嬉しい限りですが、家族さんとしては複雑な気持ちになるかもしれませんね(笑)

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、特別養護老人ホームのショートステイについて解説しました。

 

在宅で介護をされている家族さんはショートステイを利用して、ご自身が少しでも楽になって下さい。

介護する側の余力がなくなってからでは、本当に遅いですからね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
特別養護老人ホーム
役に立ったと思った方はシェアして下さいね!
ぷち福