スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

特別養護老人ホームが「要介護度3」からになった理由を解説します!

スポンサーリンク

 

今回の記事は、特別養護老人ホームが「要介護3からになった理由」を、現役ケアマネジャーの私が解説します。

 

よちる
よちる

平成27年の法改正以前は、特別養護老人ホームの入所条件は「要介護1」からだったんです。しかし、法改正後は「要介護3」に変更されたんですよ!

 

スポンサーリンク

特別養護老人ホームが「要介護3」からになった理由

 

読者さん
読者さん

特別養護老人ホームは、要介護1からでも入所できるんですよね?

と、質問されることがあります。

 

せっかくですが、特別養護老人ホームに入所できるのは「要介護3の人」からになります。

法改正で、「入所基準の変更」があったからですね。

 

昔は要介護1から入所可能だった

平成27年の法改正までは、特別養護老人ホームの入所基準は「要介護1」からでした。

しかし、現在では「要介護3」からが基本的な入所基準になります。

 

よちる
よちる

ただし、要介護1・2の方は「特例」で特別養護老人ホームに入所することは可能ですよ

 

要介護3からになった理由

特別養護老人ホームが、「要介護3」からになった理由は以下になります。

 

  • 高齢者が増えているので施設が足らない
  • 介護度が高い人が入所できないから

 

詳しく確認していきましょう!

 

スポンサーリンク

高齢者が増えているので施設が足らない

 

特別養護老人ホームが「要介護3」からになった理由の1つ目が、「高齢者が増えているので施設が足らない」になります。

 

日本における高齢者人口の推移

日本における高齢者人口の推移を「内閣府の資料」で確認してみましょう。

 

日本における高齢者の人口は以下になります。

(引用:内閣府「高齢化の状況」より」

 

1950年には「416万人」だった高齢者が、2010年には6倍の「3000万人」になっています。

 

詳しく確認

内閣府のデータをまとめると以下になります。

 

年次日本の総人口高齢者人口高齢者の割合
1950年8,411万人416万人4.9%
1970年10,467万人740万人7.1%
1990年12,361万人1,489万人12.1%
2010年12,806万人2,924万人23.0%
2030年11,662万人3,685万人31.6%

 

特別養護老人ホームの施設数も、昔に比べると増えています。

まさじろ
まさじろ

しかし、高齢者の増加に追いついてないのが現状になります。

 

スポンサーリンク

介護度が高い人が入所できないから

 

特別養護老人ホームが「要介護3」からになった理由の2つ目が、「介護度が高い人が入所できないから」になります。

 

高齢者が少ない時代

前述したように、以前は「要介護1から」でも特別養護老人ホームに入所できました。

高齢者の数が少なかった時代は、それでも問題ありませんでした。

 

よちる
よちる

しかし、今では「日本人の4人に1人が高齢者」という超高齢社会に突入しています。

 

要介護1の方と要介護5を比べると

超高齢社会の到来は、当然ですが「要介護3~5の高齢者」を増加させることになります。

さらには、実は要介護1の方と要介護5の方では、「介護の必要性」が全く異なるんです。

 

当然ですが、要介護5の人の方が増えてきます。

法律を改正することにより、「介護度の高い人」を優先的に特別養護老人ホームに入所させようとしたんですね。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回の記事は、特別養護老人ホームが「要介護3からになった理由」を解説しました。

 

介護保険の更新を心配される方もいますが、要介護1や2になっても「すぐに退去」とはならないので、ご安心下さいね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
特別養護老人ホーム
役に立ったと思った方はシェアして下さいね!
ぷち福