スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ノンアルコールビール後の運転!「警察に捕まらない」ための重要知識

スポンサーリンク

今回の記事は、

  • ノンアルコールビールの注意点
  • アルコール度数「0.0%~0.00%」を選ぶべき理由

について、断酒歴9年の私が解説しますね。

 

まさじろ
まさじろ

最近では少ないですが、昔はノンアルコールビールなのに「アルコール入り」と言う不思議な飲み物があったんです(笑)

 

スポンサーリンク

ノンアルコールビールの注意点

最初に、大事なことを言います。

 

前述したように、ノンアルコールビールの中には、

「飲んだ後に車を運転すると、飲酒運転で捕まる」

可能性がある商品があります。

 

読者さん
読者さん

ノンアルコールビールなのに、なんで飲酒?

と、多くの方は「私の言ってる意味が分からない」と思います。

 

多くの人が不思議に思う

その気持は、とってもよく理解できます。

実は、私も当初は不思議でしょうがなかったんです(笑)

 

依存びと
依存びと

お酒が入ってないからノンアルコールビールでしょ?お酒飲んでないのに飲酒運転になる訳ないでしょ!

と、私も思ってました。

 

しかし、よくよく調べてみると、

「アルコールが含まれているノンアルコールビール」

があったんです。

 

スポンサーリンク

ノンアルコールビールは2種類あります

実は、ノンアルコールビールには以下の2種類があります。

 

  • アルコールが「入ってる」ノンアルコールビール
  • アルコールが「入ってない」ノンアルコールビール

 

読者さん
読者さん

お酒が入ってないからノンアルコールでしょ?意味がわからない!

と、思ったあなたは正しいと思います。

 

酒税法でアルコールとは?

実は、この問題は酒税法と関わりがあります。

酒税法によると、お酒とは「アルコール度数が1%以上のもの」を指します。

 

ですので、アルコール度数が0.9%の飲み物でも

「ノンアルコールビール」

と明記することが可能なわけですね。

 

アルコール入りノンアルコールビール

昔は、「アルコール度数0.5%〜0.9%」のノンアルコールビールが数多くあったんです。

ですので、みんな不思議に思いました。

 

読者さん
読者さん

ノンアルコールなのに、なんで酔っ払うんだろう?

って感じですね。

 

スポンサーリンク

アルコール度数「0.0%~0.00%」を選ぶべき理由

さらには、「アルコール度数0.5%〜0.9%」のノンアルコールビールを飲んで運転する人もいました。

当然ですが、それを何本も飲んだら「飲酒検問で捕まる可能性」があります。

 

依存びと
依存びと

普通に考えれば、アルコール入りの飲み物ですから当たり前なんですけどね。

「ノンアルコール」という名前に惑わされる人が多かった時代ですね。

 

昔は、飲酒運転に寛容だった

昔は、現在に比べると飲酒運転に関して甘めでした。

しかし、昨今は飲酒運転に関して厳しくなっています。

 

ですので、アルコール度数が0.0%~0.00%の、

「本物のノンアルコールビール」

が発売されたんですね。

 

本物がオススメな人

本物のノンアルコールビールが、オススメな人は以下になります。

 

  • 飲んだ後に運転をする人
  • 休肝日の人
  • お酒を辞めたい人

 

依存びと
依存びと

上記の方は、「アルコール度数が0.0%~0.00%」のノンアルコールビールを飲んで下さいね。

 

じゃないと、微量ですが「アルコールを摂り込む」ことになりますからね!

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、ノンアルコールビールの「注意点と0.0%~0.00%を選ぶべき理由」を解説しました。

 

昔のノンアルコールビールは、「アルコール入り」だったのに美味しくありませんでした。

でも、最近の「ノンアルコールビール(0.0%~0.00%)」は本当に美味しいからオススメですよ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ノンアルコールドリンク
役に立ったと思った方はシェアして下さいね!
ぷち福

コメント