ノックエアーは日本語で予約できるからとっても便利だよ!

今回は、ノックエアーの紹介をします。最近のタイには格安航空会社が数社ありますが、ノックエアーは「値段重視」の方にピッタリですよ。

とにかく、安くタイ国内を移動したい人は「ノックエアー」が超おすすめですね。ただし、気をつけて欲しいこともあるので、それも併せて紹介しますね。

※今回の記事は2017年1月の情報を基に作成しております

ノックエアーとは?

ノックエアーはタイの格安航空会社の1つで、ドンムアン空港をハブ空港としています。ですので、バンコクにあるもう1つの空港であるスワンナプーム国際空港からは基本的には発着していません。

ノックエアーの「ノック」とは、タイ語で鳥を表す言葉になります。ですので、飛行機の機体も鳥をモチーフにしたペイントを施しているので有名ですね。

設立は2004年7月なので、もう10数年の歴史を持つ格安航空会社です。就航当時は人気がありませんでしたが、今では「低価格を売りに」特にタイ人に人気があります。

ノックエアーのフライトマップ

ノックエアーの主な就航地を紹介します。

  • チェンマイ
  • チェンライ
  • プーケット
  • ウボンラチャタニー
  • ウドンタニー
  • スラータニー
  • コンケン
  • クラビ
  • ランパン
  • ルーイ
  • ブリラム

全てドンムアン空港発着なりますが、タイ国内をかなり網羅しています。だから、とっても便利なんですよね。ちなみに、長距離バスの料金とほとんど変わらない地域もあります。

今回は、タイ旅行の持ち物や準備について解説します。タイ旅行が近づくにつれて、気になるのは「持ち物」の確認ですよね。 「あれ持ったかな?...

日本語で予約できるWEBサイトがあるよ

タイ歴22年でタイブロガーの私も、ノックエアーを使い始めたのはココ数年です。ですので、まだ7~8回ぐらいしか乗ったことがありません(笑)

と言うのも、昔はノックエアーは「日本語で予約できるWEBサイト」がなかったんですよね。英語やタイ語だけだと、どうしても不安になりますよね。

しかし、何年か前に日本語にも対応してくれたので、それからノックエアーを使う頻度が増えましたね。日本語で全て行えるので、とっても便利ですよ。

ノックエアーの日本語予約サイト

※上記ノックエアーのWebサイトはつながりにくいようです(2017年11月現在)

ノックエアーの機内を紹介

それでは具体的にノックエアーについて見ていきましょう!

  • 予約
  • 受託荷物
  • 手荷物
  • チェックイン
  • 簡単な軽食がでるのがうれしい

ノックエアーでの予約

ノックエアーのWEBサイトから簡単に予約ができます。支払い方法も多種用意されてますが、便利なのはクレジットカード決済になりますね。

タイのセブンイレブンでも支払いができるそうなのですが、私はクレジットカード決済しかしたことがありませんね。

ここでの注意点として挙げられることは「表示されている航空運賃は、トータルの金額ではない」と言うことですね。航空運賃+「税金 & 手数料」でトータルの金額になります。

といっても、トータル金額でもかなり安いですけどね(笑)旅行の予算を立てるときは、トータル金額で計算するようにしてくださいね。

※先日、タイのセブンイレブンで支払いをしましたが全く問題ありませんでしたよ(2017年4月追記)

タイへのお得な航空券を探す!

次のページは、「ノックエアーの受託荷物・利用する時の留意点」