プーケット・ナイハーンビーチは超おすすめ!行き方と地図を解説

スポンサーリンク

今回は、プーケットのナイハーンビーチに魅力と行き方を、タイ歴22年の私が解説します。

ナイハーンビーチは、「アジアのベストビーチ」という特集が組まれると高確率で10位以内にランクインされる大人気ビーチになります。

私がプーケットで1番好きなビーチも、このナイハーンビーチになります。これぞ南国のビーチという感じが好きですね。

静かですし、物売りもいませんし、そもそも近くには何もありません(笑)。それがいいんですよね。ビーチでとにかくゆっくりとしたい人はココで決まり!

スポンサーリンク

ナイハーンビーチの魅力

ナイハーンビーチの魅力は、本当に静かな事にあります。ビーチには、ビーチパラソルがあるぐらいで他は何にもありません。

ビーチを純粋に楽しむのが目的な人には最高の環境になります。

パトンビーチから遠いから観光客が少ない

さらには、メインビーチであるパトンビーチからはけっこう遠いので、観光客がそこまで多くないのも嬉しいですね。

ですので、ビーチでのんびりと楽しむことができますね。

スポンサーリンク

食べ物や飲み物は買えるから安心して下さい

ひっそりとはしていますが、飲み物や食べ物は買えますので安心してください。

さらにはシャワー施設やトイレもありますよ。しかし、他には何もありませんね(笑)

極上の南国リゾート

まさしく極上の南国リゾートですよね。もう、お分かりだと思いますが、私は無類のナイハーンビーチ好きになります。

プーケットに行くと、ほぼ毎回ここには来てますね。のんびりと本を読んだり、サブビーチでプカプカ浮いたりしてます。

「サブビーチ?」と思いましたよね。実は、ナイハーンビーチはサブビーチも素晴らしいんですよね。

スポンサーリンク

ナイハーンビーチは、サブビーチもおすすめ!

メインビーチの横にひっそりと「サブビーチ」もあって、ここが密かな人気スポットなんです。

波が直接打ち寄せないので、泳げない人や子供に特におすすめなんですよね。水深も比較的浅いですので、安心して海を楽しめますよね。

欧米人も私もプカプカと浮かんでるよ

欧米人は、よくここでプカプカと浮かんでますね。ちなみに私も浮かんでます(笑)最高に気持いいですよ!

スポンサーリンク

サブビーチ情報

2017年4月現在、サブビーチは閉鎖されたようです。

残念ながらサブビーチはただの池になっています。昔は海と繋がってたのですが、今はせき止められててますね。ですので、水質がよくないですから泳げませんね。

2018年1月現在、サブビーチは再開

2018年1月に行ってみたら、サブビーチは再び海と繋がっていました。ですので、快適に使えてますよ!

スポンサーリンク

雨季になると!

ナイハーンビーチのおすすめは雨季を外すことです。しかし、雨季でも雨の降ってない時なら海は綺麗に見れますよね。

ただし、遊泳禁止の日が多いです。しかし、ビーチサイドでのんびりするのが目的なら遊泳禁止も関係ないですよね。

雨季は波が高くて風が強めなのも特徴ですね。雨季は観光客がさらに少なくなるので、そこはメリットですね。

スポンサーリンク

ナイハーンビーチの行き方

ナイハーンビーチの行き方は下記の3通りがあります。

  • レンタカーやレンタルバイク
  • パトンビーチからタクシー
  • プーケットの市場からバス

レンタカーやレンタルバイク

おすすめは、レンタカーになりますね。レンタルバイクもプーケットなら気持ちよく快適に走れますよ。ただし、事故には気を付けて下さいね!

パトンビーチからタクシー

パトンビーチの近くやジャンクセイロンの近くを歩いていると、タクシーの運転手が声をかけにきます。相場は片道800バーツになります。

プーケットオプショナルツアーで現地申し込みかJTBで迷った方に!
プーケット観光で絶対に訪れてほしい観光地をあげると「プーケットファンタシー」や「ピピ島などの離島」になります。 有名観光地には、当然ですが自力で行くことも可能です。ただし、ここは日本ではなくタイです。色々な不足の事態が起こる国なんです...
スポンサーリンク

プーケットの市場からバス

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab_000-16

プーケットタウンに市場があります。そこは、プーケットのバスターミナルのような役割もはたしています。

そのマーケットからナイハーンビーチまでソンテウがでています。料金は片道40バーツになります。

帰りに注意して!

ただし、帰りに気を付けてください。運転手さんの話ではナイハーンビーチから市場の最終便は16時前後になるそうです。

最終便を逃したら、タクシーで帰ればいいだけなんですけどね。行きは40バーツ、帰りは800バーツでは割にあわないですもんね(笑)

スポンサーリンク

地図

3:ナイハーンビーチ

プーケット旅行のおすすめ観光地15選!「予算や持ち物」も徹底解説
タイ旅行がブームになりつつある昨今、アジア屈指の南国ビーチリゾートである「プーケット」の人気が再び高まりつつあります。 それと共に、「プーケット観光に行きたいのですが、おすすめはどこですか?」と、そんな質問が増えてきました。 プーケ...
スポンサーリンク

まとめ

今回は、プーケットのナイハーンビーチに魅力と行き方を、タイ歴22年の私が解説しました。

超おすすめビーチですので、ぜひ行ってみて下さいね!