スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

お酒で失敗!飲み過ぎての「失敗談」を恥ずかしいけど語るよ

スポンサーリンク

 

今回の記事は、「お酒を飲みすぎての失敗談」を、断酒歴9年の私が語ります。

 

まさじろ
まさじろ

思い返すと、「かなり恥ずかしい」失敗談ばかりです。しかし、これも私がやってきたことです。甘んじて受け入れないとね(笑)

 

スポンサーリンク

お酒での失敗は数え切れない

私はアルコール依存症者で、「お酒を断って9年」になります。

そんな私のお酒の失敗談は、数え切れないほどあります。

 

正直言って、あんまり掘り起こしたくない「過去の愚行」になります。

しかし、たまに「身震いするような嫌な記憶」を無理やり起こしています。

 

依存びと
依存びと

たまに思い出さないと、「もう、飲んでもいいんじゃないかな?」って思ってしまうんです(笑)

 

お酒の失敗談

私のお酒での失敗は、「軽く100回」を超えると思います

 

そんな中でも、特に記憶に残ってるのが以下になります。

  • 生まれて初めて記憶が飛んだ!
  • 真夏に雪が降ったよ事件
  • 留学生とパトカーに追いかけられたよ
  • 親知らず抜歯前に飲酒して地獄をみたよ
  • 飲酒運転で捕まったよ

 

まさじろ
まさじろ

これ以上、お酒で失敗する人が増えてほしくないので「私のお酒の失敗談」を語っていきますね。

 

生まれて初めて記憶が飛んだ!

私が本格的にお酒を飲み始めたのは大学生の頃でした。

最初はビールなんて苦くて飲めないので、チューハイばかり飲んでましたね。

 

そんなお酒ビギナーの私に、大学の歓迎会が襲いかかります。

歓迎会の途中から、「ビールや日本酒の一気大会」が始まったのです。

 

依存びと
依存びと

人生で初めてお酒で記憶がなくなるのを経験しましたね。気付いたら朝でした(笑)

お酒を飲み始めた頃の失敗は、「記憶がなくなる」ぐらいだったんですけどね。

 

記憶がなくなるのが当たり前になるにつれて、お酒の失敗はさらに酷くなっていきましたね。

 

スポンサーリンク

真夏に雪が降ったよ事件

8月の夏真っ盛りの頃の話です。私は当時の彼女と、「お昼からお酒」を飲んでいました。

普段はお昼から飲まない彼女は、夕方になる頃には「激しく泥酔」していました。

 

依存びと
依存びと

彼女には変わった癖がありまして、怒ると「私の持ち物を玄関や表に放り出す」のです。

 

その日も、「チョットした話の行き違いが理由」で、私の荷物を怒りながら玄関に集めます。

いつものことなので、軽くいなしていた私。

 

私の態度が気に入らなかったようで、彼女は「小麦粉を私の荷物」にふりかけ始めます。

 

真夏に雪景色

それを止めに入ると、今度は「ダイニングのフロア」に小麦粉を撒き出したのです。

ダイニング一面が、「真っ白」になりましたね。

 

部屋の中で見る雪は、「意外に綺麗」だったのを今でも思い出します。

「真夏に雪景色」が見られるとは、思ってもいませんでしたもんね。

 

ここまでなら私の失敗じゃありませんよね。実は、この後は私がやらかします。

今でも、何であんなことをしたのか不思議です。しかし、泥酔した私は怒ってたんだと思います。

 

小麦粉に水をまいてやった

 

まさじろ
まさじろ

部屋中が小麦だらけじゃないか。チョット懲らしめてやらんといかんな!

と言いながら、小麦粉の上に水をかけていきます。

多分、これも彼女がしたことにして「深く反省を促そう」と思ったんでしょうね。

 

酔がさめた翌日、小麦粉がガチガチに固まって「掃除するのに丸1日」かかりました。

今思い出しても情けない気持ちになりますね。

 

スポンサーリンク

パトカーに追いかけられたよ

大学生の頃、留学生アパートの前でバーベキューをしました。

みんなお酒が大好きなので、「一気大会」が始まります。

 

依存びと
依存びと

中国人やモンゴル人、そしてロシア人はお酒が大好きですし「メチャクチャ強かった」んですよね。

「ビールはお酒じゃない!」って連中なので、飲むスピードも早いこと早いこと。

 

モンゴル人が買ってくれた、「大量のウイスキー」はすぐになくなります。

私はその頃には、とっくに「ベロベロな状態」でした。

 

お酒を買いに泥酔状態でバイクに乗る

ベロベロですが、私もアルコール依存症の端くれです。

お酒が足りないのは我慢なりません(笑)

 

まさじろ
まさじろ

「じゃ、次は私が買ってくるよ」と、モンゴル人所有のバイクにまたがります。

「一緒に連れてって」と中国人女性。

 

2人で留学生アパートを出発した直後、「けたたましいサイレン」が響き渡ります。

後ろを見るとパトカーです。

パトカーに追い回される

私一人なら、「甘んじて罪を受け入れてた」と思います。

しかし、バイクはモンゴル人名義で、後ろには中国人女性。

 

依存びと
依存びと

捕まったら、色々とめんどうそうです。しょうがないので逃げました。

 

かなり追い回された記憶がありますが、「途中から記憶」が消えていますね。

一気大会だったので、完全にできあがってましたからね。

 

※これは夢だったかもしれませんし、日本じゃなかったかもしれません。まぁ、そこんとこヨロシク

 

スポンサーリンク

その他の「お酒での失敗談」

 

その他の、私のお酒での失敗談を紹介します。

 

親知らず抜歯前に飲酒して地獄をみたよ

もう、10年以上前の話しになります。親知らずを抜歯してもらうことになりました。

4本同時はキツイだから、「上と下を別々の日に抜く」ことになります。

 

読者さん
読者さん

抜歯の前日はアルコール類を控えてくださいね

と、お医者さんが言ってくれたのに、私は1回目の抜歯の前日に少し飲みました。

 

そうやって気を抜いてた、2回目の抜歯の前日。

私は、宴会に参加して飲み倒します。

 

当日、私は地獄を見ました。「↓続きはコチラ↓」

薬+お酒(アルコール)で地獄を見た体験談!飲む前も飲んだ後もダメ
今回の記事は、 薬+お酒を一緒に飲んだらダメな理由 一緒に飲んで地獄を見た体験談 について、断酒歴9年の私が解説します。 まさじろ もうねえ、「薬+お酒」は絶対に辞めたほうが...

飲酒運転で捕まったよ

私は、飲酒運転で捕まって「留置所」に入れられた経験があります。

しかも、日本ではなく「タイの留置所」だったんです。

 

飲酒検問でひっかかった私は留置所に送られます。

最初に感じたことが、「とにかく怖い」になりますね。

 

 

まさじろ
まさじろ

強盗犯や殺人犯の群れに入れられた気がしました。

次に感じたのが、留置所内が「とにかく汚い」になりますね。

 

そこで、私は一泊することになります。「↓続きはコチラ↓」

お酒をやめるきっかけ「飲酒運転で捕まった体験談」を赤裸々に語るよ
今回は、お酒をやめるきっかけとなった「飲酒運転で捕まった体験談」を、断酒歴9年の私が紹介します。 まさじろ 飲酒運転で事故を起こす前でよかった、と今では逆に感謝の日々です。あの時に捕まった...
スポンサーリンク

まとめ

今回は、「お酒を飲みすぎての失敗談」を紹介しました。

 

実は、もっとヒドイのもありますが、「そこは記憶に蓋」をさせて下さい。

今回のを思い出すだけでも、かなーり嫌な気分に包まれているんですから。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
お酒飲み過ぎ
役に立ったと思った方はシェアして下さいね!
ぷち福

コメント