バンコク「カオサン通り」旅人の聖地だったのは過ぎゆく過去の話し

今回は、カオサン通りとその行き方をじっくりと紹介します。カオサン通りと言えば、昔は旅人の聖地とまで呼ばれていた場所です。

私が20年以上前に滞在してたのはこのエリアでした。昔のカオサン通りは、ダラダラ・グタグタしてる旅人にはとっても居心地が良かったんですよね。

しかし、時は流れました。今ではそんな暗い濁ったイメージとは異なり、世界中の観光客が集まるスポットになりましたね。安かった物価も今では普通ですからね(笑)

カオサン通りは旅人の聖地だったよ

「昔と今のカオサン通りの雰囲気はこんなに違うんだ!」という様な写真を比較したかったのですが、私が大学生だった20年以上前は普通のカメラの時代なんですよね。

ですので、その頃の写真はもうないんです(笑)ですので、上記写真は10年以上前のカオサン通りの写真になります。私が持ってるイチバン古い写真を引っ張り出しました。

さらに付け加えると、無駄に早起きして撮ってるので「特に意味のない写真」なんですけどね(笑)

10年くらい前のカオサン通りは、まだまだ旅人の聖地の様相を呈していました。グタグタした観光客が多くて、とっても居心地がよかったのを覚えています。

懐かしき「カオサントラベラーズロッジ」

世界中の観光客と友達になりたかったので、大学生の頃は普通のゲストハウスに泊まっていました。しかし、30歳に手が届きそうになると、次第にそういうのに億劫になります。

ですので、日本人専用ゲストハウスを利用することが多くなりましたね。特によく利用したのが「カオサントラベラーズロッジ」になります。

残念ながら、もうだいぶ前に閉鎖されてしまったみたいですね。あの頃は、本当にグタグタした毎日でした。ですので、周りもグタグタ・ダラダラしているゲストハウスの居心地がとってもよかった!

毎日、漫画を読んで過ごした日々

カオサン通りにある日本人ゲストハウスの売りは、大量の漫画本だったんですよね。ここで日がな漫画本を読んでましたね(笑)。

人生詰んでたからしょうがないです。誰と話をするでもなく、ここで漫画を読み耽ります。周りの人もお互いに無関心でしたね。

皆んな何かしらの事情があって、ここに滞在してたんでしょうしね。お腹が空いたら、近所に何か買いにいきます。

パッタイが10バーツだったよ!

当時のカオサン通りは物価が超安かったです。パッタイが10バーツとかね(笑)そうやって退廃に身を浸しながら生きていく人が多いのが「カオサン通り」だったんですね。

ちなみに、普通の旅人も多かったですよ。ですので、安い旅行代理店が当時は多かったんですよね。しかし、今ではネットで安く買えますから、安い旅行代理店も数少なくなりました。

現在のカオサンロード

現在のカオサン通りは、バンコクにある観光地の1つになりましたね。世界中の人々が集まってきますので、とっても楽しいエリアになりました。

レストランやバーが本当に充実してきましたね。昔のような汚い格好をした旅人は、完全に少数派になってますね。

欧米人やアジア人も多いので、色んな国の人と友達になれるのが嬉しいですよね。バー等で飲んでたら自然に仲良くなりますよね。こういうのが最近ではとっても楽しいんですよね。

今では物価は安くない

カオサン通りは、昔は本当に物価が安いエリアでした。しかし、今では物価は安くありません。至って普通です。観光客が集まるので高いものもあります。

それがタイマッサージの料金になります。安くタイマッサージを受けたいなら、カオサンは外したほうがいいですね。

  • 一般的なバンコクのタイマッサージ(1時間):150~200バーツ
  • カオサンの平均的なタイマッサージ(1時間):250バーツ

ただし、時間に余裕のない方はカオサン通りでマッサージをしてもいいですよね。50~100バーツの差ですからね(笑)

今回は、タイ古式マッサージをバンコクで受ける時のおすすめの3店を紹介します。私はタイマッサージが大好きなので、タイ旅行中はほぼ毎日行って...

カオサン通りでタイ人を見るようになった

昔はこのエリアにはタイ人が来ることは稀でした。しかし、休日前になるとタイ人の姿を見ることも増えましたね。

昔のカオサン通りを知ってる私からすると、そこがイチバンの驚きですね。タイ人に話しを聞いてみると「外国人が多いスポット」との認識でしたね。

次のページは、「カオサン通りの行き方」