スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【意外】カオマンガイのタイ語の意味とカロリーについて解説するよ!

スポンサーリンク

今回の記事は、こんな疑問を感じてる方向けになります。

 

読者さん
読者さん
  • カオマンガイはタイ語で何と書くの?
  • 意味は何になるの?
  • カオマンガイのカロリーはどれくらい?

 

結論から先に言うと、

  • カオマンガイはタイ語で、「ข้าวมันไก่」と書きます。
  • 意味を直訳すると、「鶏肉の油とごはん」ですね。
  • ヘルシーに見えて、実は高カロリーなんです(後述しますね)。

 

まさじろ
まさじろ

「カオマンガイのタイ語の意味」と「意外に多いカロリー」を、タイ歴22年の私がシンプルに解説しますね!

 

スポンサーリンク

カオマンガイのタイ語の意味

カオマンガイと言う言葉が、

「日本国内でも当たり前のように通じる」

ようになってきました。

 

ついに「カオマンガイきたか!」と、タイブロガーの私も嬉しい限りですね。

ただし、まだ一般的な日本人はカオマンガイをよく知らないと思います。

 

まずは、「カオマンガイとは?」をザックリと解説しますね。

 

カオマンガイとは?

カオマンガイとは、タイ料理の中でも有名な

「茹でた鶏肉乗せごはん」

になりますね。

 

単純な料理なんですが、これが「メチャクチャ美味しい」んです。

 

実は、カオマンガイは作り方に秘密があるんです。

カオマンガイは、「鶏肉を茹でたスープ」でごはんを炊くんですよね。

 

ですので、鶏肉も美味しいんですが、ごはんも美味しいんです。

それでは次に、「カオマンガイのタイ語の意味」を見ていきましょう!

 

カオマンガイを直訳すると「鶏肉の油とごはん」

タイ語でカオマンガイは、「ข้าวมันไก่」と書きます。

 

タイ語のカオマンガイの意味はこんな感じになります。

 

タイ語意味日本語読み
ข้าวごはんカウ
มันマン
ไก่鶏肉ガイ

 

直訳すると、「鶏肉の油とごはん」になります。

鶏肉から良いダシがでるんですよね。

 

「カオマンガイとは?」や「食べ方」はコチラの記事も参考にして下さいね!

 

【人気】カオマンガイとはタイ料理だよ!食べ方についても解説するね
今回の記事は、こんな疑問を感じてる方向けになります。 読者さん カオマンガイとは何? どこの国の料理? カオマンガイの食べ方は? 結論から先に言うと、 カオマンガイとは...

 

スポンサーリンク

海南鶏飯とも呼ばれているよ

タイでカオマンガイのお店に行くと、店頭に

「海南鶏飯」

と書いてるお店が多いです。

 

カオマンガイのルーツは中国にあるそうなんです(諸説あるの中の1つ)。

 

ですので、マレーシア・シンガポールでもカオマンガイのお店はありますね。

華僑が広めた代表的な料理の1つと言われています。

 

美味しいスープがついてくるよ

タイ国内のほぼ全てのカオマンガイ屋さんでは、

カオマンガイを注文すると「スープも一緒に提供してくれます」。

 

日本でチャーハンを食べたら、中華スープが付いてくるような感じですね。

このスープがこれまた美味しいんですよ!

 

スポンサーリンク

カオマンガイのカロリー

カオマンガイは、鶏肉を茹でた料理なのでヘルシーだと思われがちなんです。

しかし、意外に高カロリーなんですよね。

 

ご飯の分量によっても変わってきますが、

「おおむね700〜800カロリーぐらい」

が平均だと言われています。

 

チキンよりも茹で汁で炊いたご飯が高カロリーのようですね。

女性も男性も食べ過ぎに注意です。

 

私も本当は、「毎日でも食べたい」ぐらいに好きなんですけどね。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、「カオマンガイのタイ語の意味」と「意外に多いカロリー」をシンプルに解説しました。

 

それでは、美味しいタイ料理を楽しんで下さいね!