スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ほっともっと・のり弁当「3種類」を食べたので紹介するよ!

スポンサーリンク

今回の記事は、

  • ほっともっと・のり弁当3種類の食レポ
  • アピールポイント・成分表

を、ほっともっと愛好家の私が紹介します。

 

まさじろ
まさじろ

のり弁当は、「ほっともっと弁当ランキング」で常に上位になりますね。「ほっともっと=のり弁当」と言っても過言ではありません。

 

スポンサーリンク

ほっともっと・のり弁当の食レポ

 

タイたび
タイたび

私が大好きな「ほっともっと・のり弁当」ですが、最近では3種類あることをご存知ですか?

 

2019年5月現在、のり弁当には以下の種類があります。

  • のり弁当
  • 特のりタル弁当
  • BIGのり弁

※大阪・京都・兵庫等は、BIGのり弁はないですが「 新・BIGのり弁」があります。

 

のり弁当・特のりタル弁当の人気がありすぎる

「のり弁当・特のりタル弁当」は、知っている方も多いと思います。

しかし、「BIGのり弁」は、まだそこまでの知名度はありませんね。

 

BIGのり弁は、確か2~3年ほど前に販売されたと記憶しています。

読者さん
読者さん

なので、そろそろ人気が上昇してもいいと思うんだよね!

 

しかし、それを許さないのが「のり弁当・特のりタル弁当」の2大巨塔になります。

どちらのお弁当も超人気があるので、「BIGのり弁が注目されない」のも致し方ないですよね(笑)

BIGのり弁

そんな理由から、最初に「BIGのり弁を紹介」します。

BIGのり弁の特徴は、「大きなちくわ天・ハム・目玉焼き」などになります。

 

マヨネーズもあるので、ご飯がすすむのもポイントですね。

ガッチリと食べたいときは、「BIGのり弁が最適」だと思います。

 

スポンサーリンク

のり弁当

 

次は、ほっともっとの代名詞とも言える「のり弁当」を見ていきましょう!

 

のり弁当4重奏

のり弁当は、

  • ごはん
  • おかず
  • のり
  • おかか昆布

の4重奏が実に美しいですよね。

 

ごはんとノリの間にある「おかか昆布」が、影の主役としてのり弁当を支えていますよね。

 

ごはんとおかずを分けたい理由

ちなみに、私はおかずだけをフタに移して食べます。

タイたび
タイたび

ちくわの天ぷら・白身フライを食べるときは、途中から付属のソースで「味の変化を楽しみたい」からですね。

 

4重奏のままソースをかけると、「のりやごはんにもソース」がかかっていまします。

これは、あまりよろしくありませんよね。

 

ソースのかけ過ぎは塩分過多になりますからね。薄く薄くかけるように心がけましょう!

 

のり弁当の主役:白身フライ

のり弁当の主役である、「白身フライが美味しい」んですよね。

揚げたてなのもあって、食欲を増進させます。

 

ドバっとソースをかけたら、全てがソース味になりますから注意して下さいね。

カリカリに揚がってるので、これだけでもご飯がかなりすすみます!

 

スポンサーリンク

特のりタル弁当

 

それでは次に、私の超おすすめである「特のりタル弁当」を見ていきましょう!

 

のり弁当の豪華版=特のりタル弁当

基本構成は、上記「のり弁当」と同じになりますが、以下が追加されます。

  • メンチカツ
  • からあげ
  • タルタルソース

 

この3種が追加されるだけで、かなり豪華なお弁当になりますね。

私がいちばん好きなのが、「特のりタル弁当」になりますよ。

 

特のりタル弁当の主役:メンチカツ

特のりタル弁当の主役は、「メンチカツ」になります。

味もしっかりしてますし、素材を感じられる噛みごたえになります。

 

さらには、タルタルソースが付属されるのも超高ポイントです。

 

まさじろ
まさじろ

タルタルソースは、白身フライにかけてもいいですし、メンチカツにかけても美味しく頂けますよね!

特のりタル弁当はごはんの大盛がおすすめ

特のりタル弁当は、おかずの品数が豊富です。

ですので、「ごはんが足らなくなる可能性」があります。

 

おかずにタルタルソースをつけたら、「ごはんがすすんで困る」からですね。

タイたび
タイたび

特のりタル弁当は、「ごはんを大盛り」にするとより美味しく食べることができますよ。

 

スポンサーリンク

ほっともっと・のり弁当情報

最後に、ほっともっと・のり弁当の

  • アピールポイント
  • 栄養成分

を、紹介します。

 

アピールポイント

ほっともっとでは、のり弁当をこんな感じでアピールしています。

 

ふっくら炊き上がったごはんの上に、おかか昆布と風味豊かな国産のりをしいて、ちくわの天ぷらと、白身フライをのせました。シンプルですが、こだわりのつまった人気メニューです。

(引用:ほっともっと「のり弁当」より」

 

栄養成分

ほっともっと・のり弁当の栄養成分は以下になります。

 

ライス普通盛り
熱量(Kcal)681
蛋白質(g)16.5
脂質(g)16.4
炭水化物(g)116.6
食塩相当量(g)2.7
カリウム(mg)275
リン(mg)182

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、「ほっともっと・のり弁当の食レポ」を紹介しました。

 

ほっともっとで何を食べようか迷ったら、「のり弁当」をオススメします!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
グルメ
役に立ったと思った方はシェアして下さいね!
ぷち福