スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

大暑の意味とは?この時季が1年で最も暑くなると言われてるよ!

スポンサーリンク

 

今回は、二十四節気の1つ「大暑」を紹介します。

 

まさじろ
まさじろ

記事の後半では、大暑の七十二候もあわせて紹介しますね。

 

スポンサーリンク

大暑の意味とは?

大暑(たいしょ)とは、二十四節気の中の1つの季節となります。

 

1年間を24の季節に分けて、

「それぞれの季節に固有の名前をつけたもの」

が、二十四節気ですね。

 

大暑の他には、「小暑・芒種・小満」等がありますね。

これらも二十四節気の中の1つの季節です。

 

大暑の意味は?

大暑とは、「1年でイチバン暑い」と言われてる時季になります。

その年によって変わりますが、「7月23日~8月7日頃」が大暑になります。

 

大人たちにとっては暑い中の仕事でキツイ時季ですが、子供たちには待ちに待った夏休みの到来です。

大人と子供で、この時季の感じ方に差があるのは無理からぬことですよね(笑)

 

2019年の大暑はいつ?

国立天文台によると、「2019年の大暑」は

令和元年 (2019年)7月23日・11時50分

(引用:国立天文台「二十四節気および雑節 」より)

と発表されています。

 

スポンサーリンク

大暑の七十二候をみていこう!

二十四節気の中の1季節は、さらに3つに区分されます。これを「七十二候」と言います。

 

大暑の七十二候は、以下になります。

  • 桐始結花(きりはじめてはなをむすぶ)
  • 土潤溽暑(つちうるおいてむしあつし)
  • 大雨時行(たいうときどきふる)

 

桐始結花(きりはじめてはなをむすぶ)

桐始結花は、大暑の中でも「7月23日~27日頃」になります。

桐の花の実がなりはじめる、という意味になります。

 

土潤溽暑(つちうるおいてむしあつし)

土潤溽暑は、大暑の中でも「7月28日~8月2日頃」になります。

土がうるおって大変蒸し暑くなる、という意味になります。

 

溽暑(じょくしょ)は酷暑と同じような意味で、「とにかく蒸し暑い」様になります。

この時季は本当に何をしてても暑いですよね。

 

大雨時行(たいうときどきふる)

大雨時行は、大暑の中でも8月3日~7日頃になります。

ときどき大雨が降る、という意味になります。

 

タイたび
タイたび

最近では40℃を超える地域もあるので、熱中症予防をして下さいね!

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、二十四節気の1つ「大暑」を紹介しました。

 

それぞれの季節に合った名前がつけられてるので、とっても風流でミヤビな感じがしますよね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
日本の四季
役に立ったと思った方はシェアして下さいね!
ぷち福

コメント