エバー航空の評判と機内食についてもじっくりと紹介するよ!

エバー航空に乗ったので、その評判と機内食を紹介します。たまに勘違いしてる人がいますがエバー航空は「台湾」の航空会社になります。ですので、中国の航空会社じゃありませんよ。

超親日国である台湾の航空会社だから、日本人にとってメチャクチャおすすめな航空会社の1つです。個人的にはとっても居心地がいいのが大好きですね。

エバー航空の評判

エバー航空の評判は、日本人にとってかなり高評価になります。中国東方航空やコリアエアラインは値段は安いんですが、やっぱり「アウェイ感」があります。

しかし、エバー航空は「ホーム感」が漂ってます。おそらくは台湾人が日本人の感覚に極めて近いからだと思いますよ。

ですので、金額が合うなら「迷うことなくエバー航空」を選べばいいですね。一方、安く海外に行きたいなら、迷うことなく中国東方航空やコリアエアラインがいいよね。

エバー航空は安全なの?

飛行機に乗る時に気になることが「その航空会社の安全性」になります。航空会社の格付けで定評のあるWEBサイトがあるのでそこの情報を紹介しますね。

私はとある体験をしてから、飛行機って「意外に落ちないんだなあ」と感心しています。ですので、飛行機が多少揺れたとしても心配いりませんよ(笑)

「Airlineratings.com」と言う飛行機が好きな人には有名なWEBサイトがあります。このサイトは飛行機の安全性を☆で評価してるんですよね。最高は☆7で最低は☆1になっています。

  • JAL            :☆7
  • ANA           :☆7
  • シンガポールエアライン  :☆7
  • キャセイパシフィック航空 :☆7
  • エバー航空        :☆7

エバー航空の☆は7の最高ランクの安全性になります。どの航空会社も安全には1番力を入れてるので、よっぽどのことがない限りは大丈夫です。ちなみに、格安航空会社の安全性は「☆3〜5」が多いですね。

2016年2月の時点でエバー航空は、死者や航空機の全損を出す事故は1件も起こしていない

(引用:wiki)

飛行機には「魔の数分間」があると聞いたことがあります。それは、離陸と着陸です。飛行機事故は離陸と着陸の時に起こる確率が非常に高いんだそうです。ですので、無事に空を飛び始めたら、そうそう落ちるもんではないそうですよ(笑)

エバー航空の機内食

日本→台湾

エバー航空の機内食ですが、日本→台湾は普通に美味しかったですね。ただし、これを地上で食べたら「けっこう普通の味」だと思います(笑)

機内での食事ってのは、旅への期待がプラスされるぶんだけ美味しく感じられますよね。目的地についてから美味しい現地の料理を楽しみたいんですが、機内では暇を持て余してるのでついつい食べてしまいます(笑)

台湾→バンコク

ただし、台湾→バンコクの以下の機内食は機内でもあんまりでした。視覚的にもあまり美味しそうに見えませんが、実際の味も「かなり微妙な味」でしたね。

台湾桃園空港で7時間待ちだったのにも関わらず、美味しく感じなかったです(笑)通常時だと多分「食べてませんね」。かなりのヘラペコ具合だったのに頑張って食べてる私がいました。

しかし、どの航空会社もエコノミークラスの機内食なんてこんなもんです(笑)機内食に期待したらダメですね。

次のページは、「機内での楽しみ方」