エスニックの意味とは?料理や柄にジョークまである不思議な言葉!

スポンサーリンク

今回は、知ってるようで良く知らない言葉である「エスニック」について、タイ歴22年の私が解説します。

エスニックという言葉は、本当に不思議な言葉なんです。と言うのも、人によってイメージする事柄が微妙に違うんですよね。

友人たちにエスニックについて聞くと、東南アジアを想像する人もいますし、アフリカを想像する人もいます。しかし、ほぼ共通する事柄が、「異国情緒」になります。

それも、都会的ではなく自然的なイメージになります。「大地の鼓動」や「熱帯の風」などを感じるのがエスニックという言葉のようですね。

それでは、そんな素敵な耳触りが特徴的な「エスニック」の本来の意味から確認していきましょう!

スポンサーリンク

エスニックの意味とは?

エスニックとは、「民族」の意味になります。元の言葉である英語では「ethnic」と書きます。

ですので、エスニック料理の本来の意味は「民族料理(Ethnic cuisine)」を指す言葉なんですね。

しかし、日本国内での「エスニック料理」は、東南アジア・中南米・アフリカ等のスパイシー料理のイメージが強い言葉になります。

確かに、多くのエスニック料理は「スパイシー」が売りですもんね。

日本食もエスニック料理

ちなみに、欧米に詳しい友人が言うには、欧米から見ると「日本食もエスニック料理」と呼ばれることがあるんだそうですよ。

スポンサーリンク

どんなエスニックがあるの?

さて、そんなエスニックには、「どんなエスニック」があるんでしょうか?

有名なエスニックは以下になります。

  • エスニック料理
  • エスニック柄(ファッション)
  • エスニックジョーク

エスニックは耳触りがいいよね

他には、「エスニック・ネイル」や「エスニック・カーテン」や「エスニック・鍋」なんてのもあります。

何でもエスニックをつけると「いい感じに聞こえる」んですね(笑)

スポンサーリンク

エスニック料理

エスニックと言えば、やはり「エスニック料理」を思い浮かべる人は多いですよね。日本料理にはない「ピリ辛スパイシー」が食欲を刺激します。

ピリ辛スパイシーだと思われてるタイ料理

そんなエスニック料理の代表が「タイ料理」になります。「タイ料理 = 辛い」というイメージがあるくらいに、タイはエスニック料理で有名なんですよね。

ちなみに、タイ料理の多くは本当は辛くないんですけどね。イメージって怖いですよね(笑)

スポンサーリンク

タイ料理でエスニック色が強い料理を紹介!

タイ料理の中で、「これぞエスニック!」と思えるものが以下になります。

  • ガパオライス
  • トムヤムクン
  • グリーンカレー

ガパオライス

ガパオライスとは、「鶏肉や豚肉のバジル炒めご飯」のことです。タイ人にも日本人にも人気のあるタイ料理の1つですね。

ホーリーバジルと一緒に入ってる「とうがらし」が、ガパオライスを「ほんのりと辛く」してくれるんですよね。

ガパオライスの簡単な作り方レシピ!ほっともっとは弁当が人気だよね
今回は、ガパオライスの簡単な作り方レシピについて、タイ歴22年でガパオ大好きな私が解説します。 日本人に1番有名なタイ料理は、昔は「トムヤムクン」でした。しかし、最近ではその地位が危うくなっています。それは、このガパオライスが日本人の...

トムヤムクン

トムヤムクンとは、タイ国のスープ料理になります。「酸っぱさ・辛さ・ハーブ等」が絶妙のバランスで混ざっているのが特徴ですね。

激辛ではなくピリ辛なのがちょうどいいんですよね。「エスニックスープ」といえば、トムヤムクンを思い浮かべる人は多いですね。

トムヤムクンの美味しい作り方レシピと具材料!辛い酸味がクセになる
今回は、「トムヤムクンの美味しい作り方レシピ」と「おすすめの具材料」について、タイ歴22年の私が解説します。 トムヤムクンは、日本で1番有名なタイ料理と言っても過言ではありません。 最近では、「ガパオライス」や「グリーンカレー」の影...

グリーンカレー

グリーンカレーとは、タイカレーのことになります。ココナッツミルクの濃厚さとチキンとナスが特徴のタイ料理ですね。

そんなグリーンカレーは、タイ料理のゲーンと呼ばれる「スープ料理」の1つになります。タイ語では「แกงเขียวหวาน(ゲーンキョワーン)」と言います。

グリーンカレーの美味しい作り方レシピとペーストや具材料のおすすめ
今回は、「グリーンカレーの作り方レシピ」と「おすすめのペーストや具材料」について、タイ歴22年でカレー大好きな私が解説します。 現在、日本で人気急上昇中なタイ料理の1つが「グリーンカレー」になります。トムヤムクンやガパオライスの次に有...
スポンサーリンク

フォーはベトナム料理でナシゴレンはインドネシア料理

ところで、「フォーとナシゴレン」をタイ料理だと思ってる人は意外に多いです。

ここまで読んで下さった2割ぐらいの方が、「えー!タイ料理じゃないの?」と驚いてることかと思います。

タイラーメンは「クイッティアオ」だよ

IMG_20141201_135346

フォーはベトナムの麺料理で、タイのラーメンは「クイッティアオ」と言います。フォーをタイ料理だと思ってる人が多い理由は「知名度」の違いになりますね。

実は、フォーの方が日本人の知名度が高いんです。ですので、上記写真のような麺をみると、多くの日本人は「フォーですか?」と聞きまね。

ちなみに、どちらも「米から作られた麺」なので、米麺ということでは共通していますね。

タイラーメンの注文手順レシピを解説!屋台やフードコートで役立つよ
今回は、タイ旅行で役立つ「タイラーメンの注文手順や種類」について、タイ歴22年で無類の麺好きの私が解説します。 タイを旅する人もタイに住んでる人も、1日に1食はお世話になると言われてるのが「タイラーメン」になります。 屋台やフードコ...

タイチャーハンは「カウパット」だよ

IMG_20150129_182956

ナシゴレンはインドネシアの料理で、タイチャーハンは「カウパット」と言います。これは、見た目が似てるから間違える人が多いようですね。

ただし、ナシゴレンもカウパットもどちらも美味しいです。私はバリ島も好きなんですが、ナシゴレンを食べる機会は多いですね。

実は、インドネシアの料理ってあんまり知らないんです。ですので、ナシゴレンやミーゴレン(焼きそば)ばっかり食べてますね(笑)

カウパットとはタイチャーハンの事!本当に美味しいから旅で食べてよ
今回は、タイチャーハン(カオパット)の魅力について、タイ歴22年の私が解説します。 「タイ米に最適な料理は?」と聞かれたら、私は迷うことなく「タイチャーハン!」と即答します。しかし、そんなタイチャーハンの日本での認知度はそんなに高くあ...
スポンサーリンク

エスニック柄(ファッション)

エスニックな柄とは、東南アジア・中南米・アフリカ等の日本ではあまり使わない「民族的な柄」のことを指すようですね。

タイで有名な「エスニック柄」といえば、タイ北部に住む少数民族である「モン族」が有名ですね。

モン族商品

タイでは、バンコク市内はもちろんのこと「至る所」でモン族商品を販売しています。実は、タイ旅行のお土産で人気があるのが「エスニック柄」なんですよね。

値段も手頃ですので、気軽に帰るのも人気の秘密ですね。ただし、あなたが「タイのチェンマイ」に行くなら、もっと安く購入することが可能ですよ!

モン族市場がおすすめ!

チェンマイ市内にモン族商品の卸売市場があるんです。そこが「モン族市場」になりますね。

モン族市場では、安くエスニック柄が購入できるので「世界中のバイヤー」が訪れていますよ。ちなみに、大量に買わなくても1つでも2つでも売ってくれるのでご安心を!

※時間がある方は、モン族の方が実際に暮らしている「モン族の村」もオススメですよ!

モン族が住む村と市場がタイのチェンマイにある!民族衣装が人気だよ
今回は、タイのチェンマイにある「モン族の村」と「モン族市場」について、タイ歴22年の私が解説します。 モン族が有名なのは、モン族の刺繍や雑貨に人気があるからなんです。そんなモン族の方が実際に住んでるのが「モン族の村」になります。 モ...
スポンサーリンク

エスニックジョーク

「エスニックジョーク」という言葉を聞いたことがありますか?

恐らくですが、この言葉自体を知ってる人は多くないと思います。しかし、以下のようなジョークを聞いたことがありませんか?

民族によって対応が変わるという冗談

船が沈没しそうな時に、色んな国の人を「海に飛び込ませる言葉」の冗談が以下になります。

  • アメリカ人には:「飛び込めば英雄になれるよ!」
  • イギリス人には:「紳士なら当然飛び込むよね?」
  • ドイツ人には:「規則だから飛び込んで!」
  • 日本人には:「みんな飛び込んだよ!」

エスニックジョークとは?

上記のような冗談を「エスニックジョーク」と言います。具体的には、ある民族や国民が持つ特徴等を冗談にして「笑いを誘う」というものですね。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、知ってるようで良く知らない言葉である「エスニック」について、タイ歴22年の私が解説しました。

今更ですが、私はタイブロガーなんです。ですので、「タイ情報ばかり」になってしまうんですね(笑)

タイ旅行を全力で楽しむためのおすすめ情報をギュッと詰め込んだよ!
今回は、「タイ旅行のおすすめ観光地」と「タイに行く前に知りたい旅情報」について、タイ歴22年でタイ旅行が大好きな私が解説します。 「タイ旅行にいこう!」と思ったとき、まず決めないといけないことがあります。それが、タイの「どこの観光地に...