ドンムアン国際空港から市内へのアクセスはタクシーかバスがおすすめ

スポンサーリンク

ファイル_008 (20)

今回は、ドンムアン国際空港のフロアー地図とバンコク市内へのアクセスについて、タイ歴22年の私が解説します。

タイ旅行の始まりであるドンムアン国際空港。日本からの飛行機が到着してホッとしたいとこですが、それはホテルに到着してからの方がいいですね。

待望のタイ旅行なのに空港で戸惑っていては時間がモッタイナイですもんね。ササッとバンコク市内に向かいましょう。

余裕がある方は、バンコク市内に出る前に「両替をしたり・simカードの購入」をしてもいいですね!

スポンサーリンク

ドンムアン国際空港からバンコク市内への移動方法

ドンムアン国際空港からバンコク市内への移動方法は以下になります。

  • 空港バス
  • タクシー
  • 鉄道

おすすめは「バス・タクシー」になりますね。ただし、旅情気分を味わいたい方には「鉄道」をおすすめします。

スポンサーリンク

空港バス

ファイル_002 (27)

ドンムアン国際空港からバンコク市内への移動方法の1つ目は、「空港バス」になります。

空港バスは、ドンムアン国際空港からBTSの駅等に向かいます。具体的には、BTSモーチット駅やMRTチャトチャック駅になりますね。

空港バスも行き先によって数種類ありますが、今回のおすすめは下記になります。

  • A1空港バス:BTSモーチット駅行き
  • A2空港バス:BTSアヌサワリー駅行き

多くの旅行者が使うのは「A1空港バス」になります。これでBTSやMRTの駅まで行って、そこから乗り換えるというパターンですね。

バスの運行時間と料金

A1バスの運行時間は7:00~24:00になってますね。空港バスは頻繁に来るので、乗り遅れそうになったとしてもそんなに慌てることはないですよ。

料金は30バーツです。ただし、大きな荷物を持ってる人はタクシーが便利だと思います。お客さんが多いと大きい荷物はひんしゅくを買いますからね(体験済み)。

スポンサーリンク

空港タクシー

ドンムアン国際空港からバンコク市内への移動方法の2つ目は、「空港タクシー」になります。

タイはタクシー料金が世界でもダントツに安いと言われています。ですので積極的に利用していきたいですね。

特に大きな荷物を持ってる方にはタクシーが便利ですね。バスでの移動は安いですが、どうしても荷物の移動が億劫になりますからね。

空港タクシーと一般タクシーの違いは、50バーツの空港使用料が発生することだけですね。

空港タクシーの代金

「メーター料金+50バーツ(空港使用料)」になりますね。ただし、タクシーの運転手によっては「高速道路を使ってもいい?」と聞いてきます。

と言うのも、バンコク市内までは高速道路を使ったほうが便利なんですよね。高速を使ったら、「高速料金」がプラスされますよ。

※バンコクは高速料金もそんなに高くないので安心して下さい。

スポンサーリンク

鉄道

ドンムアン国際空港からバンコク市内への移動方法の3つ目は、「鉄道」になります。

鉄道での移動は、時間のたっぷりある方におすすめですね。値段も安いので学生さんにはピッタリですよ。

ドンムアン空港の向かい側に鉄道駅があるので、そこから乗車しますね。

鉄道のメリット・デメリット

鉄道のメリットは、とにかく安いことにありあす。ただし、デメリットは「やたらに時間がかかる」ことですね。

なんせタイの鈍行電車ですから中々進みません。タクシーなら20分くらいの距離を2時間以上かけて走ってくれます。

ですので、旅情気分は満点ですよ。のんびりと熱帯の風を浴びるのは悪くないですよ。

スポンサーリンク

ドンムアン国際空港のフロアー地図

バンコク市内に行く前に、両替をする方やsimカードを購入する方もいると思います。ココらへんで簡単に「ドンムアン国際空港のフロアー地図」を紹介しておきますね。

ドンムアン国際空港にはターミナル1と2があり、それぞれのターミナルが1階から4階までの4階層となってます。

ドンムアン国際空港には2つのターミナルがある

 ターミナル1(国際線)ターミナル2(国内線)
4階タイ料理のお店レストラン街とフードコート
3階国際線出発フロアー国内線出発フロアー
2階航空会社のオフィスセブンイレブン・フードコート
1階国際線到着フロアー国内線到着フロアー

※ターミナル1と2は繋がってますので、ターミナルを間違えても心配いりません。

スポンサーリンク

ターミナル1(国際線)

ファイル_004 (26)

ドンムアン国際空港のターミナル1(国際線)が、旧ドンムアン空港になります。昔はターミナルが1つしかなかったんですよね。

ですので、ターミナル1(国際線)はかなり老朽化の進んだターミナルです。ターミナル2が最新なので、ビックリするぐらいに暗い感じなのに驚くと思いますよ。

しかし、そんな味のあるターミナル1は旅の始まりにピッタリですよね。情緒がありますし、昔を知ってる人にとったら、懐かしさが込み上げてきますもんね。

1階:国際線到着フロアー

ターミナル1において、タイ旅行において重要なフロアーは「1階」になります。

1階は、国際線の到着フロアーになります。ですので、日本から旅行者が最初に降り立つのがこのフロアーになります。

この階には、「バス乗り場・タクシー乗り場・両替所・タイsimカード」のお店などもありますね。

スポンサーリンク

ターミナル2(国内線)

近年、新しくできたのが「ターミナル2(国内線)」になります。とにかく綺麗なのに驚かされますね。ターミナル1とは異なり開放感があるのも嬉しいです。

4階:レストラン街

4階は、レストラン街とフードコートのフロアーになります。Sleep Boxというホテルが空港内にあります。仮眠もとれますし宿泊もできます。

3階:国内線出発フロアー

タイ国内線の出発フロアーとなっております。タイの国内移動をするときに使うフロアーですね。格安航空会社のセールスカウンターもありますね。

2階:セブンイレブン・フードコート

2階には、コンビニのセブンイレブンが入ってます。さらには、空港にしては安い料金なフードコートもあります。

節約派の旅行者は、この階は絶対に覚えておいて損はありません。ドンムアン国際空港の物価は、完全なる空港価格なのでバンコク市内に比べてかなり割高になるんですね。

しかし、空港内ではセブンイレブンとフードコートだけは、ほぼタイの物価に近い価格なんです。

1階:国内線到着フロアー

国内線の到着フロアーになります。タイの地方空港からドンムアン国際空港に来た時に降り立つのが国内線の1階になりますね。

スポンサーリンク

空港バス・空港タクシー乗り場

ファイル_000 (36)

日本からの飛行機を降りてイミグレーションを抜けると、ターミナル1(国際線)の1階フロアーの場所にでます(上記写真)。

その後は案内板に従って移動したらいいですね。一般的な旅行者の方は、写真の「←左」方向に進んで下さい。

  • 6番出口:空港バス乗り場
  • 8番出口:空港タクシー乗り場

乗り場を確認したら、必要な方は両替とsimカードですね。

※ちなみにターミナル2(国内線)にも空港タクシー乗り場があるので、混んでないから乗ればいいですね。

スポンサーリンク

ドンムアン国際空港での両替

ファイル_004 (25)

 

ドンムアン国際空港について、まずしたいことは両替になります。ただし、結論から言うと「ドンムアン国際空港での両替はお得ではない!」です。

タイの銀行系の両替所しかないんですよ(2017年12月現在)。ですので、両替レートがあまりよくありません。

必要な分だけを両替することをおすすめします

ドンムアン国際空港での両替は少額にして、高レート両替所に行くことをおすすめします。

ただし、短期旅行者の方は「時間を優先」させた方がいいので、こちらで両替してもいいですね。

上記写真の銀行は24時間営業となります。ですので、時間に関する両替の心配はありませんよ。

タイバーツと円の両替で「お得になる方法」を状況に分けて徹底解説!
タイ旅行を楽しむための最初の一歩は、「日本円をタイバーツに両替すること!」になります。ほとんどの方は、タイの通貨である「タイバーツ」なんて持ってないですもんね。 さらには、この両替が後々の「タイ旅行の成否を左右する」といっても過言では...
スポンサーリンク

タイのsimカードを購入

シムフリースマホをお持ちの方は、空港で使えるようにしておくと便利ですね。

ターミナル1(国際線)の1階のタクシー乗り場を奥に進むとターミナル2との連結道になってます。そこにタイの携帯会社のサテライトブースがあります。

混んでるけどしょうがない

そこでタイのsimカードを購入したらいいですね。ただし、どこの会社もけっこう混んでます。みんな初期設定から頼んでるので、時間がかかるのもしょうがないですね。

タイはインターネットが意外にすすんでる国です。ですので、ネットを使えたらタイ旅行は数倍便利になりますよ!

スポンサーリンク

空港の無料WIFIの使い方

タイにある空港の多くは、無料でWIFIが使えるんですよね。昔は手続きが煩雑だったのですが、近年、仕様の変更があったようで、今では本当に簡単に使えますよ。

  1. 空港の無料WIFIを探そう
  2. 言語の選択
  3. 情報を入力する
  4. スタートします

空港の無料WIFIを探そう

スマホやタブレットのWIFIをオンにして、下記の空港の無料WIFIを探して下さい。

  • Airport AIS Free wifi
  • Airport Dtac Free wifi
  • Airport True Free wifi

上記はタイの有名携帯会社が提供してくれてる無料WIFIなので、好きなのを選んで下さいね。

言語の選択

無料WIFIを選ぶと次は、言語の選択になります。色んな国の言葉の中に「こんにちは」があるので、そこを押して下さい。

情報を入力する

「氏名」と「パスポートナンバー」を入力します。入力したら、画面の少し下の方に「無料登録」があるので押して下さい!

※以前は、「メルアド・西暦で何年生まれ」の入力も必要でしたが今は必要ありません。

スタートします

「スタートします」を押して下さい。するとインターネットが2時間使えるようになります。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、ドンムアン国際空港のフロアー地図とバンコク市内へのアクセスについて、タイ歴22年の私が解説しました。

それでは、素敵なタイ旅行を楽しんでくださいね!

タイ旅行を全力で楽しむためのおすすめ情報をギュッと詰め込んだよ!
今回は、「タイ旅行のおすすめ観光地」と「タイに行く前に知りたい旅情報」について、タイ歴22年でタイ旅行が大好きな私が解説します。 「タイ旅行にいこう!」と思ったとき、まず決めないといけないことがあります。それが、タイの「どこの観光地に...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
バンコク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
役に立ったと思った方はシェアして下さいね!
タイびと