ドンムアン国際空港に到着後の「両替や市内移動」を流れで解説!

スポンサーリンク

バンコクには2つの国際空港がありますが、日本から「LCC等の格安航空」を使った人が到着するのがドンムアン国際空港になります。

旅の始まりである「ドンムアン国際空港」。日本からの飛行機が到着してホッとしたいとこですが、それはホテルに到着してからの方がいいですね。

と言っても、まずは安心して下さい。ドンムアン国際空港ですべきことは下記の「たった2つだけ」なんです。

  • 両替
  • 市内への移動

両替は、バンコク市内に出るのに必要な金額がおすすめです。ドンムアン国際空港は両替レートが良くないからですね。

空港から市内への移動は、タクシーとバスの2択になります。おすすめは「タクシー」ですね。ただし、一人旅の方はバスでもいいですね。

タイびと
タイびと

空港に着いた後の「具体的なモデルコース」も紹介するので、不安な方は何度もイメージトレーニングして下さいね。

まさじろ
まさじろ

今回は、ドンムアン国際空港に到着した後の「両替や市内移動」について、タイ歴22年の私が解説します!

スポンサーリンク

ドンムアン国際空港・ターミナル1のフロア地図

タイびと
タイびと

空港に到着後のモデルコースをイメージしやすくするために、まずは「ドンムアン国際空港・ターミナル1」の概略を紹介しますね。

ドンムアン国際空港・ターミナル1の各フロアの特徴は以下になります。

  • 4階:ショップ・レストラン
  • 3階:国際線出発フロア
  • 2階:航空会社のオフィス
  • 1階:国際線到着フロア

4階:ショップ・レストラン

4階は、ショップ・レストランのフロアになります。お店の数がかなり少ないので、ほとんど使うこと無いフロアですね。

3階:国際線出発フロア

3階は、国際線出発フロアになります。航空会社のチェックインカウンターもこの階にあります。

まさじろ
まさじろ

「3階はタイから日本に帰るとき」に利用するので、軽く頭に入れておいて下さいね!

2階:航空会社のオフィス

2階は、航空会社のオフィスになっています。ほとんどの旅行者は、この階は素通りになると思います。

1階:国際線到着フロア

1階は、国際線到着フロアになります。「日本からタイに来たとき」に到着するのが1階になります。両替所やSIMカードが販売されています。セブンイレブンもありますね。

スポンサーリンク

到着後のモデルコース

タイびと
タイびと

それでは次に、日本からの飛行機が「ドンムアン国際空港」に到着した後の流れを具体的に確認しましょう!

イミグレーション(immigration)に向かう!

ドンムアン国際空港に到着したら、「immigration」と書いてる方向に進みます。

イミグレーション

イミグレーション到着後は、入国審査を待つための列に並びます。自分の順番が来たら、「入国カードとパスポート」を提出します。

乗ってきた航空機の「チケットの半券」を確認されることもあるので、準備しておいた方がアタフタしなくすみますよ。

荷物の受取

入国審査の後は、乗ってきた飛行機の便名が表示されたターンテーブルで荷物を受け取ります。荷物を受け取ったら、出口に向かいましょう。

出口付近に「税関」がありますが、申告のない方は普通に通れば問題ありません。そのまま道なりに進むと、ドンムアン国際空港の「1階の到着フロア」に出ます。

タイびと
タイびと

1階の到着フロア

ターンテーブルで荷物を受け取って、道なりに歩いてくると上記写真の場所に出てきます。

その後は、上記写真の案内板に従って移動したらいいですね。一般的な旅行者の方は、写真の「←」左方向に進んで下さい。

  • 6番出口:バス乗り場
  • 8番出口:タクシー乗り場
スポンサーリンク

ドンムアン国際空港での両替とSIMカード購入

タイびと
タイびと

バンコク市内への移動にはタイバーツが必要になります。到着フロアには「両替所やSIM販売店」があるので、まずは両替をしましょう!

空港内は同一レート

ドンムアン空港にある両替所の両替レートは、「全て同じ」になります。ですので、どの両替所を使っても一緒ですね。

まさじろ
まさじろ

ただし、ドンムアン空港は「両替レートが良くない」ので、必要な分だけを両替するようにして下さい。

  • バンコク市内に行く方は、「BTSの駅にある両替所」を使うことをおすすめします
  • パタヤに行く方は、「パタヤ市内にある両替所」をおすすめします
タイびと
タイびと

バンコクのおすすめ両替所はコチラをどうぞ!

>>バンコクの両替でおすすめの「常に高レート」な両替所を4選!

タイのSIMカードを購入

シムフリースマホをお持ちの方は、「タイのSIMカード」を使うと安くネットができますね。

タイはインターネットが意外にすすんでる国です。常にネットが使えたらタイ旅行が数倍楽しくなりますよ!

スポンサーリンク

ドンムアン国際空港からタクシーでバンコク市内へ

両替を済ませたら、次はバンコク市内へ移動しましょう。ドンムアン空港からバンコク市内への「移動のおすすめはタクシー」になります。

まずは、上記写真の「1階の到着フロアの8番出口」に来てください。ここがタクシー乗り場になっています。

タイびと
タイびと

朝夕の通勤時間は「ホテルに直行」するよりも、BTSモーチットまでタクシーを使うことをおすすめします。そこからBTSで目的地に向かって下さい。

タイはタクシー料金が安い国

タイはタクシー料金が世界でもダントツに安いと言われています。ですので積極的に利用していきたいですね。

特に大きな荷物を持ってる方にはタクシーが便利ですね。後述する「バスでの移動」は安いですが、どうしても荷物の移動が億劫になりますからね。

タクシー乗車後

タクシー乗車後に運転手さんに「行き先」を伝えます。

空港からタクシーを使う時は、空港使用料の「50バーツ」が追加になります。「タクシー料金(上記写真の金額)+50バーツ=総額」となりますね。

高速道路がおすすめ

行き先次第では、「高速道路を使ってもいい?」と聞いてきます。高速道路を使う方は、高速代金は別途になります。

高速料金もそんなに高くないので、積極的に利用していきたいですね。と言うのも、バンコク市内までは高速道路を使ったほうが便利なんですよね。

空港からバンコク市内へのタクシー料金

空港からバンコク市内へのタクシー料金は、到着場所や高速道路や混雑具合で異なります。ざっと見積もると、350バーツ~450バーツぐらいですね(空港使用料と高速代込)。

スポンサーリンク

バスでバンコク市内へ

タイびと
タイびと

一人旅の方はタクシー料金が割高になるので、バスでBTSモーチット駅を目指してもいいですね。

バスを利用する方は、上記写真の「1階の到着フロア6番出口」を外に出て下さい。そこが「バス乗り場」になっています。

A1バスがおすすめ!

ドンムアン国際空港とバンコク市内をつなぐバスには以下があります。

  • A1バス:BTSモーチット駅・モーチット2
  • A2バス:BTSアヌサワリー駅
  • A3バス:ルンピニー公園
  • A4バス:カオサン通り
  • A5バス:ランシット
まさじろ
まさじろ

一人旅の方は、A1バスで「BTSモーチット駅」まで行くのがおすすめですよ。

A1バスの料金と運行時間

A1バスの料金と運行時間は以下になります。

  • 料金:30バーツ
  • 運行時間:7:00~24:00
  • 運行間隔:5分に1本
タイびと
タイびと

5分に1本の運行間隔なので、乗り遅れそうになったとしてもそんなに慌てることはないですよ。

スポンサーリンク

A1バスの車内風景とその他情報

A1バスの車内風景が上記になります。空港発着のバスですが、特に広くもありません。バンコク市内を走るバスと同じですね。

ですので、スーツケース等の大きな荷物を持ってる方は、「バスの前方」に座るようにして下さい。それには理由があります。

乗客がターミナル2で一気に増える

ターミナル1から乗る人は、そんなに多くありません。しかし、ターミナル2から乗る人が多いんですよね。

ターミナル2からは立ってる人も多いので、後方にスーツケースを置いてると邪魔になるんですよね。

まさじろ
まさじろ

ドンムアン空港のターミナル1からBTSモーチット駅までの所要時間は、「約25分」になりますね。

スポンサーリンク

ターミナル2(国内線)

これまでは、ドンムアン国際空港のターミナル1(国際線)の話をしてきました。しかし、空港での待ち時間にはターミナル2(国内線)が便利なんです。

タイびと
タイびと

近年、新しくできたのが「ターミナル2(国内線)」になります。とにかく綺麗なのに驚かされますね。

ドンムアン国際空港・ターミナル2の各フロアの特徴は以下になります。

  • 4階:レストラン街
  • 3階:国内線出発フロア
  • 2階:フードコート・セブンイレブン
  • 1階:国内線到着フロア

4階:レストラン街

4階は、レストラン街のフロアになります。食事をするならターミナル1よりも、このフロアに来ることをおすすめします。

3階:国内線出発フロア

タイ国内線の出発フロアーとなっております。タイの国内移動をするときに使うフロアーですね。格安航空会社のセールスカウンターもありますよ。

2階:フードコート・セブンイレブン

ドンムアン国際空港の物価は、「完全なる空港価格」なのでバンコク市内に比べてかなり割高になります。節約したい方は2階のフードコートがおすすめです。

フードコートの近くにもセブンイレブンがありますね。昔はココしかセブンがなかったんですよね。

まさじろ
まさじろ

最近では、ターミナル1の1階にもあるので便利ですよね。

1階:国内線到着フロアー

国内線の到着フロアーになります。タイの国内移動した時に使うフロアですね。

タイびと
タイびと

バンコクのおすすめ観光地はコチラをどうぞ!

>>バンコク旅行のおすすめ観光地

スポンサーリンク

まとめ

今回は、ドンムアン国際空港に到着した後の「両替や市内移動」について、タイ歴22年の私が解説しました。

ドンムアン国際空港のおさらいすると以下になります。

  • ターミナル1の1階が到着フロア
  • 6番出口がバス乗り場・8番出口がタクシー乗り場
  • ドンムアン空港にある両替所の両替レートは全て同じ
  • タクシーは空港使用料の50バーツが追加
  • 一人旅の方はA1バスでBTSモーチット駅
  • 大きな荷物を持ってる方はバスの前方に座る

ドンムアン国際空港のターミナル1は20年以上前からあるので、私はここに来ると「昔を思い出して幸せな気分」になりますね。