中国東方航空の荷物や手荷物についてじっくりと解説するよ!

今回は、中国東方航空の荷物と機内持ち込み手荷物について解説します。あまり重い荷物を持って行くと、超過料金を徴収されるので「とってもモッタイナイ」のでお気をつけ下さい!

格安である中国東方航空を選んだ意味が全くなくなってしまいますからね。旅の始まりで追加料金をとられると、せっかくの旅行気分に水を指しますもんね!

※今回の記事は「中国東方航空サービスガイド(2016年4月1日現在の情報)」を参考に書いています。

中国東方航空の荷物や手荷物

荷物や手荷物と言ってると、正直こんがらがる人が続出するのでキッチリと言葉を分けたいと思います。

  • 手荷物 :機内に自分で持ち込む手荷物
  • 預け荷物:航空会社に預かってもらう荷物

預け荷物は空港でのチェックインの時に航空会社が預かってくれて、基本的には最終目的地まで運んでくれます。

手荷物(機内持ち込み手荷物)は最初から最後まで自分で管理することになります。

手荷物(機内持ち込み手荷物)

機内に持ち込める手荷物は、重さが10kg以内となっています。サイズについては上記写真を参考にしてください。

つまりは、あんまり大きいサイズなのは「持ち込めないよ」と書いてます。

預け荷物

日本から乗る場合は、以下の内容だと無料になります。預け荷物の重さと個数はよくある質問のようですね。

  • エコノミー:1個あたりの重量が23kg以内の荷物を2つまで
  • ビジネス :1個あたりの重量が32kg以内の荷物を2つまで

ただし、「高さ+長さ+幅=158cm以内」となります。これらの重量や大きさを超えると超過料金が発生します。

注意点

写真の左上の赤文字を見てください!「同日乗継でない場合、路線によってその区間の無料手荷物許容量は20kg以内の荷物1つまでとなります」との記載があります。

同日乗継でない方は注意して下さい。微妙だなと思われる方は、最初から預け荷物を1個で20kg以内にすることをオススメします。

今回は、中国東方航空の評判や口コミについて解説します。結論から言うと、中国東方航空は、日本人からの評判や口コミはあまりよろしくありません...

次のページは、「預け荷物の超過料金」