スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

チェンライ旅行のおすすめ観光地3選!チェンマイから移動と観光地図

スポンサーリンク

この記事は、

  • チェンライ旅行のおすすめ観光地3選
  • 空港からチェンライ市内への移動
  • チェンマイからチェンライへの行き方

について、タイ歴22年の私が紹介しますね。

 

まさじろ
まさじろ

チェンライは、街自体の雰囲気が素敵なんですよね。他のタイの観光地とは違って、本当にゆったりと時が流れてます。

 

※よくある質問に先に答えると、タイ行きの航空券は「Surprice」でタイのホテル探しは「HotelsCombined 」がおすすめですね!

スポンサーリンク

チェンライ旅行のおすすめ観光地3選

チェンライ旅行のおすすめ観光地が、コチラになります。

  • チェンライ・ナイトバザール
  • チェンライ時計台
  • ワットロンクン

 

チェンライ・ナイトバザール

チェンライ・ナイトバザールは、街の中心地にあるので観光しやすいんですよね。

こちらでは、ショーや音楽を楽しみながら「食事やショッピング」が楽しめるんですよね。

 

タイにある他のナイトバザールは、人でごった返してることが多いです。

しかし、こちらはそこまで人が多くないので、「のんびりと楽しめる」のもメリットですね。

 

ナイトバザールでは色々な料理が楽しめますが、私のおすすめは「チムチュム」になります。

大勢で鍋を囲む方が楽しいと思いますが、一人でもそこそこ楽しめます。

 

周囲の観光客は、それぞれで楽しんでるので私のことなんて誰も気にかけてません。

 

てなわけで、気にせず1人鍋を堪能します。

上記写真は、飲み物込で「90バーツ(270円)」と言う破格の値段になります。

 

ぷち福
ぷち福

音楽やショーを楽しみながら、のんびりと楽しみました。300円くらいでお鍋が楽しめるなんて、嬉しいじゃないですか!

 

チェンライ時計台

チェンライ時計台は、チェンライ市内のシンボルのような存在になります。

お昼に見ても綺麗なんですが、夜はライトアップされて「さらに綺麗」なんですよね。

 

チェンライの中心地から近いので、散歩がてらに歩くことをおすすめします。

時計台は、夜になると音楽も奏でてくれます。

 

まさじろ
まさじろ

これがねえ、たまらなく旅情を感じるんですよね。と言うのも、この音楽が日本の昭和を鮮やかに彩った「昭和歌謡曲」にそっくりなんですよね。

 

昭和生まれの私なんぞは、チェンライ時計台の音楽を聞くだけでグッとくるものがあります。

チェンライ時計台が素晴らしいのは、音楽と共に「からくり時計のように動き出す」ことにもあります。

1日3回、「19時・20時・21時」に時計台に命が宿ります。

情緒的な音楽とともに、照明も切り替わるんでとっても素敵な雰囲気になりますね。

 

ぷち福
ぷち福

チェンライに滞在したときは、意味もなくついつい寄ってしまう観光地の1つです!

 

スポンサーリンク

ワットロンクン

チェンライの定番観光名所になっているのが「ワットロンクン」ですね。

通称をホワイトテンプルと言いまして、白いお寺として有名ですね。

 

欧米人・中国人観光客も多いですが、ここはタイ人の団体観光客も多いんですよね。

世界中の観光客を魅了する何かがここにはあるのかも知れません。

 

寺院ではなく芸術として

私は、ワットロンクンが大好きなのですが「こんなの寺院じゃない!」と言う意見も実際にあります。

ワットロンクンは一応はお寺なのですが、お寺にしては重厚さにかけるんですよね。

 

ですので、チェンマイにある「数々の魅力的な寺院を観光してきた人」にとっては少々物足りないと思います。

しかし、ワット・ロンクンを「芸術の観点から見る」と素晴らしいと思いますね。

 

入場料は50バーツになります。

 

ワットロンクンの行き方

ワット・ロンクンにいくには、「チェンライ・バスターミナル1」からバスで行くのが安くて簡単です。

チェンライ・バスターミナル1で「ホワイト・テンプル」と尋ねて下さい。

 

車掌さんがいるので「ホワイト・テンプルに行きたい!」と言っておけば、近づいたら知らせてくれますよ。

料金は片道20バーツになります。所要時間は約40分になりますね。

 

時間に余裕のない旅行者は、バスターミナル1で「トゥクトゥクの運転手と直接交渉」するといいですね。

往復で300バーツが相場のようですから、そんなに高くないですよね。

 

ワット・ロンクンからの帰り方

バスを降りた向かい側に帰りのバス停があります。コチラの写真の「右端の三角屋根」のところがそうですね。

ここで待ってると「青いソンテウ」が来るので、それに乗ってバスターミナル1に帰ることができます。

 

ただし、タイミングによっては30分位上待たないといけません。

ですので、時間に余裕のない方にとっては厳しいと思います。

 

スポンサーリンク

チェンライ国際空港から市内への移動

チェンライ国際空港からチェンライ市内への移動はタクシーが便利です。

 

タクシーには、

  • 空港リムジンタクシー
  • メータータクシー

があります。

 

空港リムジンタクシー

空港リムジンタクシーは、エリアによって料金が決まっています。

例えば、チェンライ・バスターミナル1付近ですと200バーツになります。

 

メータータクシー

こちらはメータータクシーになります。しかし、実はメーター料金ではありません。

「距離+30バーツ」の料金になります。

 

具体的に料金を説明すると、「距離×10バーツ+30バーツ」が、このタクシーの料金になります。

 

まさじろ
まさじろ

分かりにくいと思うので、私が「チェンライ国際空港からチェンライ・バスターミナル1」まで乗ったときの例で具体的に説明しますね。

 

メータータクシーの料金計算方法

チェンライ・バスターミナル1に到着すると、距離は9.3キロでした。

 

ですので、まずは9キロ×10バーツ=90バーツ。

それに30バーツが追加されます。ですので「合計120バーツ」になります。

 

実際のメーターでは65バーツぐらいでしたね。

しかし、この実際のメーターでは計算してくれませんからご注意くださいね。

 

それでも空港リムジンタクシーよりはかなり安いんですけどね(笑)

 

スポンサーリンク

チェンライの観光地図

  1. ワットロンクン
  2. チェンライ時計台
  3. チェンライ・ナイトバザール
  4. セントラル・チェンライ
  5. チェンライ空港
  6. チェンライ・バスターミナル1

 

スポンサーリンク

チェンマイからチェンライへの移動

チェンマイからチェンライへの移動は、「グリーンバス」がおすすめですね。

ほぼ30分に1本、チェンライへのバスが出ているので本当に便利ですよ。

 

グリーンバスは、チェンマイの「バスターミナル3」にチケット販売所があります。

バスターミナルを入ってすぐに左手を見ると、上記写真のグリーンバスのチケット販売所があります。

 

上記のように順番に並んで、自分の番になれば空いてるカウンターにいけばいいですね。

 

チケットカウンター

カウンターでは「チェンライ!」と言えばすぐに理解してもらえます。

と言うのは、8割以上のお客さんの行き先が「チェンライ」だからです。

 

「次のバスは何時になるよ?」と言いながら、空いてる座席をモニターで見せてくれます。

「A1とか7C」などで座席が表示されているので、好きな座席を選べばいいですね。

 

グリーンバスの時刻表と料金

チェンマイからチェンライ間は3ランクのバスが運行しています。

  • V-Class(VIP):280バーツ(約900円)
  • X-Class(1等):180バーツ(約600円)
  • A-Class(2等):140バーツ(約450円)

 

グリーンバスの時刻表は以下になります。

 

出発時刻到着時刻クラス
06:459:45V-Class
07:1510:35X-Class
08:1511:15V-Class
08:4512:05X-Class
09:1512:45A-Class
09:4513:05X-Class
10:0013:20X-Class
10:3013:30V-Class
11:0014:20X-Class
11:3014:50X-Class
12:1515:15V-Class
12:3016:00A-Class
13:0016:00V-Class
14:1517:35X-Class
15:0018:20X-Class
15:4518:45V-Class
17:0020:20X-Class
17:3021:00A-Class
18:0021:00V-Class

 

※時刻表と料金は2019年5月現在

スポンサーリンク

チケットの見方とその他情報

コチラが、チェンマイからチェンライまでのチケットになります。

 

 

チケットの見方を簡単に説明するとこんな感じになります。

行き先チェンマイ→チェンライ
日付2017年2月25日
出発時刻10:30発(13:30着)
プラットフォーム20、21
席番号7C
料金166バーツ

※2017年は、X-Classは166バーツだったんですよね。

 

ちなみに、タイの仏暦を西暦に変換すると「2560年=2017年」になります。

 

休憩タイム

チェンマイからチェンライまでは、約3時間半になります。

乗車してから1時間20分すると、休憩時間がありますね。

 

バスにもトイレはついてますが狭いですから、なるべくならこちらですませたいですね。

トイレ使用料金は3バーツなので、小銭を用意しておくことをおすすめします。

 

X-Class(1等)バスの車内

X-Class(1等)バスの車内はこんな感じです。

一般的なバスなのでそんなに広くないです。

 

このクラスでも、サービスで水とパンとお菓子を配ってくれるのは嬉しいですね。

 

おすすめはV-Class(VIP)

おすすめはVIPバスになります。座席が広いのでとってもリラックスできるんですよね。

 

280バーツ(約900円)しますが、その分の価値はありますよね。

 

チェンマイ観光については、「チェンマイ旅行のおすすめ観光地17選」にも目を通しておいて下さいね!

スポンサーリンク

まとめ

今回は、「チェンライ観光のおすすめ」と「チェンマイからの行き方」を紹介しました。

チェンライは、タイの他の地域と違って地元の人が多いのが特徴ですよ!

 

チェンライ観光の次は、「タイ旅行のおすすめ情報!プラン計画→観光までを順番に紹介」を確認しておくと、きっとあなたの役に立ちますよ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
まさじろ
まさじろ

「まさじろさんのタイ旅行のおすすめは?」との質問に答える機会が増えてきました。「私も使わせてもらっている」のはコチラになります!

 

タイ行き航空券 :Surprice

タイのホテル  :HotelsCombined

タイへのツアー :HIS・タイツアー

クレジットカード:楽天カード

海外レンタルWIFI:イモトのWiFi

タイ旅行
役に立ったと思った方はシェアして下さいね!
ぷち福