タイの古都チェンマイの観光地で魅力あふれる17選を徹底解説するよ



今回は、タイ北部にあるチェンマイのおすすめ観光地を17選と関連情報を解説します。私はタイ歴22年になりますが、何十回来てもチェンマイが大好きです。

チェンマイを頻繁に旅している私が、実際に行った観光地、実際に食べたタイ料理等、全て「私の体験」を基盤にして今回の記事を書いています。

本当におすすめできるチェンマイ観光情報だけを紹介してますので、ゆっくりと読み進めて下さいね!

チェンマイ観光のおすすめ!

ドイステープ寺院

「チェンマイ観光=ドイステープ寺院」というくらい有名な観光地です。最大の見所は、「金色に輝く仏塔」になります。

山頂付近に位置するので、ドイステープ寺院から見下ろすチェンマイ市内もとっても美しいですね。

チェンマイに行ったら、ドイステープは絶対に外せません。超おすすめの観光地です!

ドイステープ寺院の見所とチェンマイ市内からの行き方を解説するよ!

2017.08.03

モン族の村・モン族市場

タイの少数民族であるモン族が実際に住んでるのが、「モン族の村」になります。モン族の方の生活空間にお邪魔できるので、とっても興味深い経験ができます。

そんなモン族の方が作る刺繍は世界的に有名です。モン族の村で購入しても安いですが、さらに安く購入できるのが「モン族市場」になります。

モン族の村は、ドイステープ寺院からまだ奥に行った場所にあります。しかし、モン族市場は簡単に行ける場所にありますよ。

モン族の村・市場で楽しみながら素敵な刺繍製品を探す旅にでよう!

2017.07.27

ナイトバザール・サタデーマーケット・サンデーマーケット

チェンマイの夜遊びといえば「ナイトバザール・サタデーマーケット・サンデーマーケット」になります。

ナイトバザールは観光客のためのお祭りですが、サタデ・サンデーマーケットはチェンマイの地元民に愛されているお祭りになります。

チェンマイ夜遊びはナイトバザールとマーケットが超おすすめだよ!

2017.07.27

チェンマイ動物園

チェンマイにある動物園ですね。「絶対におすすめ!」とは言えないですが、チェンマイ観光で時間が余ったら行くことをおすすめしますよ。

私は、思ったよりもかなり楽しかったです。ただし、時間のない観光者の方は、他に行ったほうがいいですよ(笑)

チェンマイ動物園はシャトルバスでまわれるから快適に楽しめるよ!

2017.08.03

ショッピング・お土産探し

MAYA・ワロロット市場

チェンマイ市内にある大型ショッピングモールが「MAYA」になります。食事やお土産を買うのにピッタリですね。

ワロロット市場は、観光客よりも地元のチェンマイ市民が多いのが特徴ですね。ですので、物価も安いですよ。

ワロロット市場は、昭和の雰囲気がするんで私のお気に入りエリアになってます(笑)

チェンマイでグルメ(レストラン)・ショッピングが楽しめるスポット

2017.07.27

セラドン焼き

セラドン焼きで有名な「セイアムセラドン」と「バーンセラドン」の工房は、チェンマイにあるんです。ですので、安くセラドン焼きが買えるのが魅力的ですよね。

セラドン焼きのサイアムセラドンはチェンマイに工房があるよ!

2017.06.10

セントラルフェスティバル

チェンマイ最大のショッピングモールになります。チェンマイ市内からは少し離れていますが、日本食が充実しているので私はしょっちゅう行ってますよ!

セントラルフェスティバル・チェンマイのフロアマップを紹介するよ!

2017.08.03

寺院や歴史が好きな方におすすめな観光地!

泣く泣く選んだ「寺院観光の優先順位!」

  1. ワット・ウモーン
  2. ワット・プラシン
  3. ワット・チェディルアン

ワット・チェディルアン 

ワット・チェディルアンの見所

  • 本堂
  • 仏塔
  • 仏教壁画

特におすすめなのは、本堂の巨大な3体の仏像様(上記写真)になりますね。後は、仏塔も見所の1つになっております。

ワット・チェディルアンは観光客も多く、かなり人気の寺院観光地となってますね。

チェンマイ「ワットチェディルアン」に見所と行き方を紹介するよ!

2017.08.03

ワット・チェンマン

風鈴の音が静かに鳴り響く「ワット・チェンマン」。私がやたらに気に入ってる寺院になります(笑)ここねえ。本当に「いい風」がお堂を吹き抜けていくんですよ。

ワット・チェンマンは、観光客は少ないですね。地元の熱心な仏教徒の祈りで、こちらも心が洗われますよ。

チェンマイ「ワットチェンマン」風を感じられる風鈴寺院へようこそ!

2017.08.03

ワット・プラシン

ワット・プラシンの見所

  • 本堂
  • 仏堂1
  • 仏堂2
  • 金色の仏塔
  • 庭園

特に「本堂・仏堂1・金色の仏塔」がおすすめです。ワット・プラシンは観光客も多いですし、タイ人も多い寺院ですね。

チェンマイ「ワットプラシン」見所と行き方を紹介するよ!

2017.08.03

ワット・スアンドーク

ワット・スアンドークの見所

  • 絢爛豪華な本堂
  • 白く映える仏塔

ワット・スアンドークは、とにかく色彩が美しい寺院になります。さらに嬉しいのが、「観光客がほとんどいないこと」ですね。

熱心な仏教徒が一心不乱にお祈りを捧げるのみです。それもまた美しい光景でありますね。

チェンマイ「ワット・スアンドーク寺院」見所と行き方を紹介するよ!

2017.08.03

ワット・ウモーン

ワット・ウモーンは、昔の王様が瞑想修行のためにとトンネルを掘らせたんですね。そのトンネルの中に仏様がいらっしゃるという、とっても珍しい寺院になります。

熱心な仏教徒が唱えるお経がトンネル内に静かに響きます。こんな荘厳な雰囲気の寺院は、今までに見たことがありません。

寺院観光の超おすすめですよ!ただ、少々行きにくい場所にありますが・・・

チェンマイ「ワット・ウモーン寺院」の見所と行き方を紹介するよ!

2017.08.03

ワット・ジェットヨード

ワット・ジェットヨードの見所

  • 本堂
  • 仏塔
  • 菩薩の木

スコータイを感じる寺院になります。外国人観光客は少なく、タイ人の観光客が多かったですね。

チェンマイ「ワット・ジェットヨード寺院」はタイの古都の雰囲気を感じる

2017.08.03

その他の情報

チェンマイでマッサージ

チェンマイに滞在中は、ほぼ毎日通ってるマッサージ店を紹介します。私のタイ旅行に、タイマッサージは欠かせないんですよね。だって、安いじゃないですか!

記事の後半では、女性がチェンマイでマッサージを受ける時の注意点も解説しています。

チェンマイでマッサージをする時のおすすめ店と女性限定の注意点!

2017.02.07

北部タイは美人の宝庫

北部エリアに住むタイ人は色白傾向にあります。ですので、チェンマイやチェンライは「美人の宝庫」とも呼ばれています。

タイに美人や美女が多い5つの理由を包み隠さず話してみよう!

2017.06.09

チェンマイの格安ホテル

チェンマイにある格安ホテルのトウキョウベンダーホテルを紹介

2017.03.14

チェンライのおすすめ観光地

チェンライは本当に静かな街になります。他の観光地に比べると観光客も少ないですから、のんびりしたい人に最適ですね。

チェンライ観光で行きたいワットロンクン等の3観光地を紹介するよ!

2017.05.30

チェンマイ空港

チェンマイ空港のフロアーガイド・両替・タイSIMカード等を紹介しています。チェンマイ市内へのアクセスについて解説してます。

チェンマイ空港のフロアー地図や市内へのアクセスを解説するよ!

2017.07.28

チェンマイ観光地図

  1. ドイステープ寺院
  2. モン族の村
  3. モン族市場
  4. ナイトバザール
  5. サタデーマーケット
  6. サンデーマーケット
  7. チェンマイ動物園
  8. MAYA
  9. ワロロット市場
  10. セラドン焼き
  11. セントラルフェスティバル
  12. ワット・チェディルアン 
  13. ワット・チェンマン
  14. ワット・プラシン
  15. ワット・スアンドーク
  16. ワット・ウモーン
  17. ワット・ジェットヨード

チェンマイの3大エリア

  • チェンマイ旧市街
  • ターペー門エリア
  • ニマンヘミンエリア

チェンマイを大きく分けると上記の3エリアがあります。一昔前は、チェンマイのメインエリアは「ターペー門エリア」でした。その次に「チェンマイ旧市街」。

しかし、最近は「ニマンヘミンエリア」も人気がでてきたんですよね。これはショッピングモール「MAYA」の影響力が大きいと思います。まずは、チェンマイには大きく3エリアがあることを頭の片隅に入れておいてくださいね!

チェンマイ旧市街

青い斜線で囲まれたエリアをチェンマイ旧市街と言います。

ターペー門エリア

最初に覚えてほしいのは、チェンマイの中心である「ターペー門エリア」になります。チェンマイ旅行での観光地巡りは、ここを起点として紹介していくことが多いんですよね。

ニマンヘミンエリア

ショッピングモールの「MAYA」がある辺りを「ニマンヘミンエリア」と言います。チェンマイのオシャレエリアですね。昼はカフェ、夜はお酒を楽しめますね。

バンコクからチェンマイの移動方法

「バンコクからチェンマイへの移動方法!」

  • 飛行機
  • 電車
  • 長距離バス

パタヤならバンコクから近いので「長距離バス」がオススメなのですが、バンコクからチェンマイはおよそ700キロ以上の距離があります。ですので、「オススメは絶対に飛行機」です。

しかし、のんびりと旅を楽しみたいなら「電車」も情緒があっていいですよ。では、1つずつ行き方を見ていきましょう!

飛行機

飛行機でのバンコクからチェンマイの移動は、スワンナプーム国際空港かドンムアン空港を使うことになります。両空港ともに、チェンマイまでの所要時間は1時間10分です。

どちらの空港も慣れたら行くのは簡単なのですが、タイ旅行初心者の方は「スワンナプーム国際空港」が便利だと思います。なんせ、日本から到着した場所なんで少しは勝手も分かるでしょうしね。

「スワンナプーム国際空港」

スワンナプーム国際空港からプーケット空港までは、「タイ国際航空」「バンコクエアウェイズ」等の航空会社を使います。値段は購入時期にもよりますが、1,500〜1,800バーツ(片道)が多いように思われます。

「ドンムアン空港」

ドンムアン空港からプーケット空港までは、「エアアジア」「ノックエア」「タイライオンエア」等の航空会社を使います。値段は購入時期にもよりますが、1,200〜1,500バーツ(片道)が多いように思われます。

タイ国際航空の別ブランドの「タイスマイル」は両方の空港から出発できるようです。

電車

フアランポーン駅から乗車します。バンコクからチェンマイへの電車は「普通電車」「夜行電車」等があります。

「夜行電車」の料金は、上段ベッド・下段ベッドによって異なりますが800バーツ~900バーツになります。

「普通電車」

普通電車は、かなり料金が安いのですが「まったくオススメできません」。メチャクチャきついです。エアコンなし、リクライニングしないシートで、おそらく20時間ほど乗るんだと思います。

私も以前挑戦したのですが、途中で断念しました。ですので、実際に何時間かかるかは分かりません。アユタヤぐらいなら楽しい電車旅行になるんですけどね(笑)

「夜行電車」

電車でチェンマイに行くなら、おすすめは「夜行電車」になりますね。ただし、チェンマイ行きの夜行電車のチケットは、かなり人気があるので当日に行っても「買えない」ことが多いです。

ですので、事前にファランポーン駅にてチケットを購入してください。こちらは寝台列車になってるので、かなり快適に移動できますね。朝起きたらチェンマイ駅についてるという感覚ですね。

深夜になるとエアコンの効き過ぎでかなり冷え込むことがあるので、防寒対策に注意してくださいね。薄いタオルケットが備え付けられてますが、かなり冷え込むことがあります。となると寒くて寝られません。

タイはエアコンをガンガンに効かせる習慣があるんですよね。ですので、恐ろしく寒くなることがあります。体験したら分かると思うけど、地獄の数時間を耐えることになるよ(笑)

「時刻表」

電車番号 バンコク出発時刻 チェンマイ到着時刻
109 13:45 04:05
9 18:10 07:15
13 19:35 08:40
51 22:00 12:10

※2016年12月現在の時刻表です

おすすめは、「18:10出発と19:35出発」ですね。朝の4時に到着しても、チェンマイ市内への移動が困りますもんね(笑)

長距離バス

バンコクの「北バスターミナル」から、チェンマイ行き長距離バスが出ています。所要時間は10時間ぐらいですね。料金はバス会社や等級によっても異なりますが、500~900バーツになります。

プーケットならバンコクから直接電車で行けないので、バスのメリットもあります。しかし、チェンマイは電車で簡単に行けるので、正直バスのメリットはないと個人的には感じています。

長距離バスを使う状況をあえて想定すると「今、チェンマイに行くと決めた!」こんな状況ぐらいですね。

飛行機のチケットも直近ですと高いですし、夜行電車は当日はチケットがない可能性があるからです。

バスも深夜はエアコンでかなり冷え込みます。防寒対策をしっかりとしておいてくださいね。

チェンマイで両替

チェンマイでお得に両替する方法を紹介します。昔はバンコクで両替した方がかなりお得だったのですが、最近ではチェンマイの両替所もレートがよくなってます。

ですので、レート格差もほんのわずかです。わざわざ両替のためにバンコクの空港で降りたりする必要はまったくありませんよ!

チェンマイ両替店の地図

チェンマイにあるオススメ両替所

チェンマイのオススメ両替所は、ロイクロ通りに集まっています。ターペー門から歩いて5分ぐらいなんで便利ですよ。

  1. ターペー門
  2. スーパーエクスチェンジ
  3. スーパーリッチ・チェンマイ
  4. マネーエクスチェンジ

上記3店舗は、ほぼ同じ両替レートでした。ですので、この3店舗ならどこで両替してもいいですね。

上記3店舗の営業時間

お店の名前 営業時間 営業日
スーパーエクスチェンジ 9:00〜18:00 毎日
スーパーリッチ・チェンマイ 8:30〜21:00 毎日
マネーエクスチェンジ 9:00〜22:00 毎日

マネーエクスチェンジとスーパーリッチ・チェンマイは店頭に営業時間の記載有り。スーパーエクスチェンジは口頭での確認になってます。営業日に関しては、3店舗とも店頭の記載ありです。

※3店舗ともにパスポートは不要とのことですが、一応持っていくことをオススメします

2017年6月2日の両替レートを確認

両替場所 両替レート
バンコクの高レート両替所 1万円=3,100バーツ
チェンマイの上記3店舗 1万円=3,090バーツ
チェンマイ空港の両替所 1万円=3,040バーツ

チェンマイで両替しても損じゃないよ!

バンコクの高レート両替所とチェンマイの上記3店舗の金額の違いは、1万円に対して「わずか10バーツ」です。10万円両替しても100バーツです。

チェンマイの上記3店舗でも損でないと言った理由がお分かりいただけると思います。100万円などの大金を両替するなら、バンコクにある高レート両替所も検討してもいいですね。

しかし、バンコクに寄りたい人は別ですが、わざわざ両替のために寄る必要はありませんね。たった1,000バーツの違いですからね(笑)

ロイクロ通りから遠いホテルに泊まってる人

チェンマイで両替するなら上記の3店舗がお得ですが、それは上記の近くにホテルがある人に限られます。遠方にホテルがある人は、わざわざ両替にくるのは手間がかかるのでお得ではありません。

チェンマイの上記3店舗とチェンマイ空港にある両替所のレートは、1万円に対して50バーツです。10万円で500バーツです。わざわざ、足を運ぶ金額ではありませんよね。

ただし、ターペー門周辺にはチェンマイの有名観光地が多くあります。観光のついでなら、上記3店舗で両替したほうがお得ですね。

チェンマイの気候

チェンマイ観光の前に気になることが「寒いんだろうか?暑いんだろうか?」などの「気候・天気・気温」になりますよね。

今回の記事では「チェンマイの年間を通しての気候」「チェンマイの1週間の天気や気温」を紹介しますね。備えあれば憂いなしですもんね。観光の前準備にお役立てくださいね。

チェンマイの年間の平均気温

  平均最高気温 平均最低気温
1月 29.8 14.9
2月 32.6 16.2
3月 35.2 19.5
4月 36.5 22.9
5月 34.2 23.8
6月 32.7 24.0
7月 31.8 23.9
8月 31.5 23.7
9月 31.7 23.2
10月 31.4 22.2
11月 30.1 19.2
12月 28.6 15.7

チェンマイの気候の特徴

チェンマイの気候の特徴として、バンコクと比べると年間を通して比較的涼しいことがあげられます。ただし、上記にも書いてますが、4月だけはバンコクの暑さを超えるのでお気をつけください。

チェンマイ気候のもう一つの特徴として11月〜3月の「昼と夜の寒暖差」があげられます。お昼は暑いのですが、夜になるとけっこう冷え込むんですよね。

チェンマイの11月〜3月は、朝晩は冷え込む

チェンマイは「11月〜3月は朝晩は冷え込む」ので、服装に気を配らないといけません。長いパンツはもちろんのこと、長袖シャツもあったほうが絶対にいいですね。

この時季のチェンマイ人の夜の格好は「日本の冬の格好」に匹敵してますね。特にバイクに乗る人は、厚手のジャンパーを着てる人もいるくらいです。

実際に夜にソンテウに乗ると寒くかんじますからね。11月〜3月のチェンマイでは服装にお気をつけくださいね!

チェンマイの猛暑と煙害

2月後半から5月後半は、チェンマイはあまり過ごしやすい時期ではありません。前述したように、この頃から気温がグングンと上昇してきます。

さらには、チェンマイ郊外で「野焼き」が始まります。すると、チェンマイ市内が煙で包まれます。昨日のまで見えていた近くの山が、煙のせいで見えなくなったよ。

そんな冗談がチェンマイのロングステイヤーの間に聞こえてきます。実は、これは全く冗談ではありません。本当に、煙害でチェンマイ市内の空気が悪くなるんですよね。

一時帰国するロングステイヤーが多いよ

ですので、この時期に日本人のちょっとした帰国ラッシュが始まります。お金に余裕のある日本人は、3月〜5月は日本に一時帰国するんですよね。

だって、日本のこの季節はとっても過ごしやすいじゃないですか。日本人の心である「桜」も楽しみたいですもんね。5月の末頃、皆さん再度チェンマイに帰ってきますよ。

チェンマイの年間を通しての気候についてはご理解いただけたと思います。次は、一週間の天気・気温をチェックしましょう。

まとめ

今回は、チェンマイのおすすめ観光地を紹介しました。最近のチェンマイは、ショッピングモールやお洒落なカフェ等も増えてきているので、お買い物をするのにも楽しい観光地となっていますね。

タイの古都チェンマイの魅力を感じとっていただけたなら幸いです。それでは、素敵なチェンマイを心から楽しんでくださいね!

【完全版】タイ旅行のおすすめ情報を初心者向けにグッと詰め込んだよ

2017.06.11