スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

チェンマイのサタデー・サンデーナイトマーケットの見所と行き方地図

スポンサーリンク

 

今回は、チェンマイの「サタデーナイトマーケット」と「サンデーナイトマーケット」について、タイ歴22年の私がシンプルに解説します。

 

まさじろ
まさじろ

ナイトマーケットは、お土産や食事などの夜店が所狭しと軒を連ねています。ぶらぶらと散歩するだけでも楽しいですよ。

 

スポンサーリンク

チェンマイのサタデー・サンデーナイトマーケット

ナイトマーケットは、地元っ子には「ウォーキングストリート」とも呼ばれているチェンマイの夏祭りになります。

 

実は、以前はナイトマーケットの記事は以下のように別々に書いていました。

  • サタデー・ナイトマーケット(土曜日限定開催)
  • サンデー・ナイトマーケット(日曜日限定開催)

 

しかし、何回も行ってるうちに、この2つのナイトマーケットは「曜日と場所」だけが違うことに気付いてしまったのです(笑)

 

出店してるお店も「ほぼ同じ」なんですよね。

まぁ、よくよく考えればそれは至極当然ことなんですけどね。

 

サンデーナイトマーケットとは?

毎週日曜の昼過ぎから深夜まで、ラチャダムヌン通りはバラエティ豊かな露店で大賑わい。ターペー門から約キロ続くこの歩行者天国は、地元ならではの日用品から食料品、お土産まで揃うショッピングパラダイスです。

(引用:タイ国政府観光庁「サンデー・マーケット」より)

 

サンデーナイトマーケットを動画でチェック

コチラの動画は、見事にサンデーマーケットの雰囲気を再現してくれています。

ただし、47分と長いので、まずは「3分間だけ!」視聴することをおすすめします!

 

ということで、「見所はサタデーもサンデーもほぼ同じ」なので一緒に紹介しようと思います。

 

スポンサーリンク

サタデー・サンデーナイトマーケットの見所

 

チェンマイの「サタデー・サンデーナイトマーケット」の見所は以下になります。

  • 雰囲気を楽しむ
  • ショッピングを楽しむ
  • マッサージを楽しむ

 

雰囲気を楽しむ

サタデー・サンデーナイトマーケットは、何も買わなくても、何も食べなくても、

ただブラブラと歩いてるだけで十分に楽しいです。

 

日本のお祭りみたいなもんですね。

縁日とか夜店の雰囲気を思い出してもらうとイメージしやすいと思います。

 

のんびりブラブラと歩くだけで楽しいんです。

ゆっくりと夜店を楽しみながらナイトマーケットを練り歩きましょう!

 

チェンマイ大学に留学している日本人が、ホームステイ先の家族に最初に連れて来てもらうのがナイトマーケットなんだそうです。

 

ですので、地元タイ人にもかなり愛されているナイトマーケットなんですよね。

だから、とにかく人が多いんです(笑)

 

ショッピングを楽しむ

ショッピングや食事も楽しみの1つですね。

チェンマイのナイトマーケットは、そんなに物価も高くないのでショッピングにも適してますよ。

 

上記の写真は、外国人にもタイ人にも人気のある「カラフル象さん」です。

人気があるので、写真が撮りにくい。色んな国の若い女性に迷惑そうな顔をされながら写真を撮りました(笑)

 

写真の右は、ソープカービング(花の形をした石鹸)です。

これは、タイ旅行のお土産の定番ですよね。

 

ここも大人気のお店でしたね。ここは女性にも男性にも人気がありましたね。

ここらへんまで来ると「押し合いへし合い」です。

 

なかなか臨場感のある写真に仕上がってますね。

人混みで揉まれてる中で撮ったって感じがしますよね。

 

ありゃ?

この紙細工のお店をよく見たら、「写真撮影禁止のマーク」が中央真ん中においてるね。

悪いことをしたねえ。まあ、綺麗に撮れてないから、ある意味セーフかな(笑)

 

ここはそこまで人気がなかったので、綺麗に撮れたと思ってたんですけどね。

ナイトマーケットの雰囲気に、1番興奮してたのは私なのかも知れませんね。

 

マッサージを楽しむ

ナイトマーケットを行き交う人を見ながら、野外でのタイ古式マッサージもいいですね。

特に嬉しいのが、マッサージ料金の安さになります。

 

チェンマイの一般的なタイ古式マッサージの値段は1時間で200バーツになります。

こちらは激安の1時間150バーツです。

 

さらに嬉しいことに、30分でもマッサージしてくれるんです。

軽く30分だけでもフットマーッサージしてもいいですね。かなり疲れがとれると思いますよ。

 

暗くなってくると、闇夜に浮かぶランプの明かりと周囲の熱気で心が踊り出しますよ。

私は毎回、子供の頃のに行った縁日を思い出してゾクゾクしますよ!

 

スポンサーリンク

注意点

チェンマイのサタデー・サンデーナイトマーケットには、注意点が1つだけあります。

それは、「とにかく、すごく人が多い!」ことになります。

 

21時頃が盛り上がりの頂点だと思うのですが、人の多さに驚くと思います。

人が多すぎてなかなか前に進めないんですねえ。

 

ここは色んな人種の方が集まるので、人のことなんて気にしない民族の方もいますからね。

人混みが嫌いな方

ですので、人混みがあんまり好きじゃない方は、19時までには来ることをおすすめします。

上記写真は17:30頃にとった写真になります。

 

この頃だと、まったく混雑してません。

しかし、残念ながら「この時間では夜店の雰囲気はでない」んですよね(笑)

 

スポンサーリンク

基本情報とアクセス地図

基本情報

住所下記の地図を参考にして下さい
電話番号なし
営業時間16:00~23:30
開催日土曜日と日曜日のみの開催
WEBなし

 

サタデー・サンデーナイトマーケットのアクセス地図

 

  1. チェンマイ空港
  2. チェンマイ駅
  3. チェンマイバスターミナル
  4. ターペー門
  5. ドイステープ寺院
  6. モン族の村
  7. チェンマイナイトバザール
  8. サタデーナイトマーケット
  9. サンデーナイトマーケット
  10. チェンマイ動物園
  11. ワット・チェディルアン 
  12. ワット・プラシン
  13. ワット・チェンマン
  14. ワット・スアンドーク
  15. ワット・ウモーン
  16. MAYA
  17. セントラルフェスティバル
  18. ワロロット市場
  19. モン族市場
  20. サイアムセラドン
  21. バーンセラドン
  22. ラミン・ティーハウス

 

チェンマイのその他のエリア地図をチェックしたい方は、コチラを参考にして下さいね!

 

【最新版】チェンマイ地図で観光地と交通要所を知ろう!
今回は、チェンマイの地図で「観光地・市内エリアの特徴・交通の要所」を、タイ歴22年の私が解説します! まさじろ 世界中の観光客やロングステイヤーに愛されているチェンマイ。私も大好きな街の1つになります。 ...

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、チェンマイの「サタデーナイトマーケット」と「サンデーナイトマーケット」についてシンプルに解説しました。

 

ナイトマーケットは「土曜日・日曜日の夜」だけの開催ですので注意して下さいね!

 

まさじろ
まさじろ

チェンマイには、魅力的な観光地がまだまだあるんですよ。詳しくはコチラをどうぞ!

 

【最新版】チェンマイ観光おすすめ16選をシンプルに紹介するよ!
今回は、「チェンマイ観光のおすすめスポット16選」を、タイ歴22年の私がシンプルに紹介しますね! まさじろ 私が実際に「何度も行ってる観光地」を紹介しています。記事内の写真は全て私が撮影したものなので、安...