カオソーイ(カレーラーメン)はチェンマイ料理の中でも超おすすめ!

スポンサーリンク

今回は、タイ旅行にいったら絶対に食べて欲しい「カオソーイ(カレーラーメン)」について、タイ歴22年で無類の麺好きである私が解説します。

カオソーイはバンコクで食べても美味しいですが、本場チェンマイで食べると「さらに美味しい」ですよね。

バンコクは日本で言うと東京になるので、美味しいものが集まる場所なんですけどね。やはり、本場で食べたほうが美味しい料理ってのはありますよね。

スポンサーリンク

カオソーイとは「カレーラーメン」

カオソーイを簡単に説明すると「カレーラーメン」と呼ぶのが適切だと思います。ただし、日本のカレーラーメンとは少し異なることがあります。

カオソーイのカレースープには、「ココナッツミルク」がふんだんに使われているのでコクが出るんですよね。本当に純粋なカレー味のラーメンなんですがクセになる味ですね。

辛くないから人気だよ!

さらには、タイ料理のわりには「全く辛くない」ので日本人にも大人気ですね。

日本で1番有名なタイ料理であるトムヤムクンが辛いイメージですので、「タイ料理=辛い」と思ってる人が多いですよね。辛くないタイ料理も本当は多いんですけどね。

スポンサーリンク

チェンマイ料理の代表である「カオソーイの魅力」

ちなみに、私はカオソーイがメチャクチャ好きです。チェンマイに行くと「1日1食」は必ずカオソーイを食べてた時代もあります。

美味しいタイ北部料理を知った今でも2日に1回は食べてますね。それほど私はこの料理が好きなんですよね(笑)

2種類の麺が楽しめる

カオソーイは2種類の麺が楽しめるんです。上記写真のカオソーイをみると、麺の上に「揚げ麺」が乗ってるのが見えると思います。

カオソーイは、この「パリパリに揚げた麺の食感」がたまらないんですよね。さらには、つけあわせのライム等で、「味を徐々に変化させられる」のも好きな理由の1つですね。

1つの料理で何種類もの味が楽しめるのがカオソーイの魅力になります。まずはメインの麺を食べて、半分ぐらいになったら「つけあわせ」を色々と試して下さいね!

スポンサーリンク

カオソーイの意味と起源

カオソーイは、タイ語で「ข้าวซอย」と書きます。タイ語の意味は以下になります。

  • カオ :お米
  • ソーイ:薄く切る

直訳すると「お米を薄く切る」となります。しかし、チェンマイのカオソーイは「卵麺」が主流なんです。

ですので、おかしな意味になると思いませんか?しかし、実はこれで意味はあってるんです。

カオソーイの起源

カオソーイの起源は「ミャンマーや中国の雲南地方」だと言われていて、後に「タイ北部」や「ラオス」に広まりました。

ラオスでは、お米の麺でカオソーイを作るのが主流なんですよね。ですので、この言葉の意味はあってますね(笑)

あくまで私見になりますが、地理的見地からみても「ミャンマーや中国の雲南地方 → ラオス → タイ北部」の順番で広まったのではないかと思っています。

タイに広まった後、カオソーイと言う料理の名前は残りましたが、麺だけが「米麺→卵麺」に変化したんだと思いますね。

スポンサーリンク

マネーの虎でカオソーイが紹介された

カオソーイが日本で有名になったのは、「マネーの虎」の影響が強いですね。マネーの虎は、深夜番組で人気になって、その後ゴールデン枠に移行しました。

吉田栄作さんの、「ノーマネーでフィニッシュです!」の言葉が印象的なテレビ番組でしたね。そのマネーの虎でカオソーイの回がありました。

当時、中央大学の学生さんである岡田さんが志願者でしたね。岡田さんは、その後は「カオソーイ岡田」として有名になりました。

カオソーイ岡田さんはノーマネーじゃなかったよ!

起業家である安田さんが400万を出資する結果になりましたが、その後の営業は芳しくなかったようです。

カオソーイが大好きな私は、日本でも美味しいカオソーイが食べたいんですよね。ですので、第二の岡田さんが出てきて、本当に美味しかったら「当ブログも全力」で応援しますよ!

スポンサーリンク

チェンマイ料理のもう1つのおすすめ!

最後に、チェンマイ料理のおすすめを紹介します。それが「ナンプリックオン」になります。

いやあ、初めて食べた時は衝撃を受けました。旨いのなんのってね。すぐさまツイッターに書き込んだので、覚えている人も中にはいるかも知れませんね。

ナンプリックオンとは?

ナンプリックオンとは、豚の挽肉とトマトを炒めた料理になります。簡単に味を説明すると、ミートソースに近い味になりますね。

厳密に言うと、ミートソースよりも「ボロネーゼ」に近いですね。トマトの量が少なく、挽肉がゴロゴロしてるんですよね。

ですので、個人的には「タイ北部風ボロネーゼ」と紹介しています。

タイ語では?

ナンプリックオンはタイ語で「น้ำพริกอ่อง」と書きます。注文するときに、上記の写真で理解してもらえなかったら、タイ語を見せてくださいね!

チェンマイのおすすめ観光地や穴場名所17選を地図で紹介するよ!
今回は、チェンマイ観光のおすすめ観光地と穴場名所について、タイ歴22年でチェンマイをこよなく愛する私が解説します。 世界中の観光客やロングステイヤーに愛されているチェンマイ。私も大好きな街の1つになります。 そんなチェンマイには魅力...
スポンサーリンク

ナンプリックオンはメチャ旨いよ!

このナンプリックオンは、生野菜をディップして食べます。きゅうりやインゲンとあわせることが多いですね。

もうねえ、いくらでも入っていきます。野菜の水々しさと、ナンプリックオンのトマト風味があうんですよね。

個人的には、最近のお気にいりナンバー1のタイ料理ですね。チェンマイに行ったら、しょっちゅう食べてます。

チェンマイで食べて欲しいですが、バンコクで食べても十分に美味しかったですよ!

スポンサーリンク

まとめ

今回は、タイ旅行にいったら絶対に食べて欲しい「カオソーイ(カレーラーメン)」について、タイ歴22年の私が解説しました。

それでは、美味しいチェンマイ料理を楽しんで下さいね!

タイ旅行を全力で楽しむためのおすすめ情報をギュッと詰め込んだよ!
今回は、「タイ旅行のおすすめ観光地」と「タイに行く前に知りたい旅情報」について、タイ歴22年でタイ旅行が大好きな私が解説します。 「タイ旅行にいこう!」と思ったとき、まず決めないといけないことがあります。それが、タイの「どこの観光地に...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイ料理
スポンサーリンク
スポンサーリンク
役に立ったと思った方はシェアして下さいね!
タイびと