【地図あり】セントラルワールドの行き方をチットロムとサイアムから

 

今回は、「セントラルワールドの行き方」について、タイ歴22年の私がシンプルに解説します。

 

まさじろ
まさじろ

セントラルワールドの最寄り駅は、「BTSチットロム駅とBTSサイアム駅」になります。どちらからでも簡単に行けちゃいますよ!

 

BTSチットロム駅からセントラルワールドの行き方

 

最初に、BTSチットロム駅からセントラルワールドへの行き方を解説します。

 

BTSチットロム駅

コチラの奥が「BTSチットロム駅・6番出口」になります。

 

写真の「↑」上方向に向かってひたすら直進します。

 

BTSチットロム駅・6番出口

直進を続けると、「BTSチットロム駅・6番出口」に着くので、

 

さらに写真の「↑」上方向に向かってひたすら直進を続けます。

 

スカイウォーク

直進を続けると、コチラのスカイウォークを歩くことになります。

 

スカイウォークから直接セントラルワールドに入店できるので、

さらに写真の「↑」上方向に向かって歩いて下さい。

 

インターコンチネンタルホテル

スカイウォークを道なりに歩くと、右手に「インターコンチネンタルホテル」が見えます。

 

さらに直進を続けて下さい。

 

エラワン廟

右手にインターコンチネンタルホテルを見ながら、道なりに進むと「エラワン廟」が左手に見えます。

 

スカイウォークからエラワン廟を写真に撮ってもいいですし、

セントラルワールドに行った後に寄ってみてもいいですね!

 

入店ポイント

エラワン廟を左手に見ながら道なりに歩くと、コチラの「入店ポイント」に到着します。

 

ここを「→」右折して下さい。

 

セントラルワールド

入店ポイントを右折すると、「上りのエスカレーター」があります。

 

そこを進むと、セントラルワールドの入口に到着します。

 

チットロム駅からセントラルワールドの行き方地図

 

  1. BTSチットロム駅・6番出口
  2. スカイウォーク
  3. インターコンチネンタルホテル
  4. エラワン廟
  5. 入店ポイント
  6. セントラルワールド

 

BTSサイアム駅からセントラルワールドの行き方

 

「BTSサイアム駅」からの行き方はコチラなります。

 

BTSサイアム駅・6番出口

コチラが「BTSサイアム駅・6番出口(付近)」になります。

 

ここを右折すると「6番出口」に行くのですが、

セントラルワールドに行くには、ココを「↑」直進します。

 

案内表示

6番出口付近を直進すると、セントラルワールドへの「案内表示」があります。

 

ここを「↑」奥に向かって進んで下さい。

 

スカイウォーク

案内表示を進むと、「幅の狭いスカイウォーク」に到着します。

 

さらに道なりに進んで下さい。

 

広いスカイウォーク

幅の狭いスカイウォークを道なりに歩いていると、「広いスカイウォーク」に到着します。

 

ここをさらに「↑」直進して下さい。

 

入店ポイント

広いスカイウォークを道なりに歩くと、コチラの「入店ポイント」に到着します。

 

ここを「←」左折して下さい。

 

セントラルワールド

入店ポイントを左折すると、「上りのエスカレーター」があります。

 

そこを進むと、セントラルワールドの入口に到着します。

 

BTSサイアム駅からセントラルワールドの行き方地図

 

  1. BTSサイアム駅・6番出口
  2. スカイウォーク
  3. 広いスカイウォーク
  4. 入店ポイント
  5. セントラルワールド

 

セントラルワールドについては、コチラをチェックして下さいね!

 

【フロア地図】セントラルワールドプラザはバンコク有数の巨大モール
今回は、セントラルワールドプラザの「見所とフロアガイド」を、タイ歴22年の私が解説します。 まさじろ 都心にあるとは思えないほど巨大な売り場面積を誇るのが、「セントラルワールドプラザ」になりますよ! ...

 

まとめ

今回は、「セントラルワールドの行き方」について、タイ歴22年の私がシンプルに解説しました。

 

ちなみに、私はチットロム駅を使うことが多いですね。

サイアム駅は人が多すぎるので、田舎者の私は苦手なんです(笑)

 

まさじろ
まさじろ

バンコクには、魅力的な観光地がまだまだあるんですよ。詳しくはコチラをどうぞ!

 

【2020年】バンコク観光おすすめ10選!名所や穴場スポット紹介
結論から言うと、初めてのタイ旅行におすすめなのが「バンコク」になんですよね。バンコクが大都会なので、「日本人が違和感を感じない街」と言うのが理由の1つ。もう1つの理由は、バンコクには「歴史ある観光地・人気急上昇の観光地」が多いからですね。都
バンコク観光
役に立ったと思った方はシェアして下さいね!
まさじろ

タイたびは、タイ歴22年の「まさじろ」が運営しています。

・タイ国政府観光庁公認タイランドスペシャリスト2019
・インターネット旅行情報士検定2級

メール  :thaitabi034@gmail.com
ツイッター:@thaitabi

まさじろをフォローする
タイたび

コメントを残す!