スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

セントラルフェスティバル・プーケットのフロアガイドと安い行き方

スポンサーリンク

 

今回は、「セントラルフェスティバル・プーケット」について、タイ歴22年の私が解説します。

 

まさじろ
まさじろ

観光客よりも地元の人が多いので、物価もそこまで高くないのが嬉しいモールですね。

 

 

スポンサーリンク

セントラルフェスティバル・プーケット

セントラルフェスティバル・プーケットの各階の概要を紹介していきますね。

  • 4階:タイマッサージ・ビューティー
  • 3階:フードコート・レストラン
  • 2階:スマホ関連・銀行・ファッション
  • 1階:お土産・スーパーマーケット
  • 地下:駐車場

 

4階:タイマッサージ・ビューティー

4階は、タイマッサージと美容関係のフロアーになっています。

タイマッサージで定評のある「MONTRA」さんが入ってるので、とってもおすすめですね。

 

この「MONTRA」さんは、チェンマイのショッピングモールである「MAYA」にも入っています。

上手なマッサージ師さんが多い印象ですね。

 

3階:フードコート・レストラン

3階は、フードコートとレストランのフロアーになっています。

さらには映画館もありますね。

 

フードコートの値段はタイの物価にしては少々高めですが、プーケットの物価と比べるとかなり安いです。

 

2階:スマホ関連・銀行・ファッション

2階は、スマホ関連のお店や銀行、そしてファッションのフロアーになります。

タイでメジャーな銀行もこの階にあります。

 

携帯会社も「DTAC・TRUE」の2社があります。タイのsimカードを買いたいならこちらへどうぞ!

ちなみに、AISは3階ですからね。

 

1階:お土産・スーパーマーケット

1階は、お土産とスーパーマーケットのフロアーになりますね。

タイシルクで有名な「ジム・トンプソン」も入ってます。

 

スポンサーリンク

パトンビーチからのアクセス

 

パトンビーチからセントラルフェスティバル・プーケットへの行き方には以下があります。

  • タクシー
  • バス

 

タクシー

パトンビーチからのアクセスで、簡単で楽なのはタクシーになりますね。

ただし、安くはありません。

 

パトンビーチからセントラルフェスティバル・プーケットへのタクシー料金は「片道500バーツ」になります。

2人以上ならタクシーがおすすめですが、1人の方にはバスをおすすめします。

 

バス

パトンビーチからセントラルフェスティバル・プーケットに安く行きたいなら、

こちらのバスがとってもオススメです。料金は片道30バーツになりますね。

 

パトンビーチへの帰り方は、バスを降りた場所の反対側で上記バスを待てばいいだけですね。

最終が17時頃らしいので、それだけお気をつけ下さい。

 

バスでの具体的な行き方に関しては下記の記事をどうぞ!

 

プーケットからピピ島への簡単で安い行き方を紹介するよ!
今回は、「プーケットからピピ島への行き方」について、タイ歴22年の私が解説します。 まさじろ プーケットのパトンビーチから、ピピ島の港までは「バスとフェリー」で簡単に行けちゃうんですよ!

 

スポンサーリンク

基本情報とアクセス地図

 

詳しい情報を知りたい方は、こちらの動画を参考にして下さいね。

 

基本情報

住所74-75 Wichitsongkran Road, Phuket City, 83000 Thailand.
電話番号07-629-1111
営業時間10:30~22:00頃
定休日なし
WEBhttp://www.centralfestivalphuket.com/

 

セントラルフェスティバルプーケット・アクセス地図

 

  1. プーケット国際空港
  2. バスターミナル1
  3. バスターミナル2
  4. ラサダ港
  5. パトンビーチ
  6. カロンビーチ
  7. カタビーチ
  8. カタノイビーチ
  9. ナイハーンビーチ
  10. ヤヌイビーチ
  11. プロンテープ岬
  12. ビッグブッダ
  13. ジャンクセイロン
  14. セントラルフェスティバル
  15. マリンプラザ
  16. バンザーン市場
  17. サイモンキャバレー
  18. プーケットファンタシー
  19. ピピ島

 

プーケットのエリアの特徴や交通の要所はコチラでどうぞ!

 

【最新版】プーケット地図で観光地と交通要所を知ろう!
今回は、プーケットの地図で「観光地・市内エリアの特徴・交通の要所」を、タイ歴22年の私が解説します! まさじろ プーケットに来るだけで、「心が踊ります」。青い空と青い海の境界線を探しに行きましょう! ...

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、「セントラルフェスティバル・プーケット」について解説しました。

 

セントラルフェスティバル・プーケットは、観光客よりも地元の人が多いので、物価もそこまで高くないのが嬉しいモールですね。

 

まさじろ
まさじろ

プーケットには、魅力的な観光地がまだまだあるんですよ。詳しくはコチラをどうぞ!

 

【最新版】プーケット観光おすすめ15選をシンプルに紹介するよ!
今回は、「プーケット観光のおすすめスポット15選」を、タイ歴22年の私がシンプルに紹介しますね! まさじろ 私が実際に「何度も行ってる観光地」を紹介しています。記事内の写真は全て私が撮影したものなので、安...