セントラルフェスティバル・チェンマイのフロアマップを紹介するよ!

今回は、チェンマイにある大型ショッピングモールの「セントラルフェスティバル・チェンマイ」を紹介します。

美味しい日本食がチェンマイで食べたいとき、私はよくこちらの「大戸屋・吉野家」におじゃましてますよ。

セントラルフェスティバル・チェンマイ

セントラルフェスティバル・チェンマイは、地下〜5階までの6階層で構成されています。各階の概要を紹介していきますね。

5階 グルメ・映画館
4階 フードコート・ビューティー
3階 スマホ関連・銀行・スケートリンク
2階 ファッション
1階 お土産・ファッション
地下 スーパーマーケット・タイマッサージ

各フロアーを紹介!

5階:グルメ・映画館

5階はグルメのお店が多いですね。有名なお店をピックアップすると以下になります。さらには映画館もあります。タイの映画館は曜日によって料金が異なりますが、150バーツ〜200バーツで映画を見ることができます。

  • 大戸屋
  • 吉野家
  • シャブシ(399バーツのブッフェ)
  • MK(有名なタイスキのお店)
  • Yayoi(やよい)
  • 鉄板焼きMiyazaki
  • Swensens(タイ人が大好きなアイスクリームのお店)

4階:フードコート・ビューティー

4階は、フードコートがあります。一般的なタイのフードコートの値段よりもほんのチョットだけ高めですが、フードコート内はとっても清潔に保たれているのが嬉しいですね。

タイのフードコートでは、上記写真のように食べた食器をそのままにしておいても大丈夫です。片付け係のスタッフがいるからですね(笑)

この階はビューティー関連のお店も充実していますね。さらには100均で有名なダイソーもありますね。ただし、タイでは60バーツ均一になりますけどね。

3階:スマホ関連・銀行・スケートリンク

3階は、スマホ関連のお店が多いですね。スマホが故障したとき等に重宝する階ですね。私はiPhoneにクリアーシートを100バーツで貼ってもらいました。

サービスでiPhoneの裏にまでクリアーシートを貼ってくれたので大満足です。所要時間は3分ぐらいでした。しかも、綺麗に貼ってくれます。

携帯会社も「AIS・DTAC・TRUE」の3社があります。タイのsimカードを買いたいならこちらへどうぞ!タイでメジャーな銀行もこの階にあります。バンコク銀行・サイアムコマーシャル銀行・カシコーン銀行等ですね。

2階:ファッション

2階はファッションのお店が多いです。さらにはタイの有名電気店である「Power Buy」や雑貨文房具の「B2S」もありますね。

ちなみにこの階には「ミスタードーナツ」もあります。カフェラテが40バーツと大変良心的なお値段となってます。さらには、ドーナツも1つ15バーツ〜25バーツですよ。

1階:お土産・ファッション

1階にはタイシルクで有名な「ジブトンプソン」と「NARAYA(ナラヤ)」があります。タイシルクを日本へのお土産にする人は多いですもんね。

2つのお店は少し離れた距離にありますが、どちらのお店も覗いてみたらいいですよ!他には、ユニクロ・スターバックス・ZARA等もありますね。

地下:スーパーマーケット・タイマッサージ

地下は2ヶ所あります。入口側と奥側ですね。入口側には高級スーパーマーケットやアマゾンカフェなどが入っています。さらには、簡易的なフードコートもあります。

こちらはタイの平均的な価格のフードコートになりますね。ただし、そこまで値段が変わらないので、旅行者へのオススメは4階のフードコートになりますよ!

上記写真が奥側の地下になります。奥の方にタイマッサージのお店があります。ここ秘かにオススメです。値段もそんなに高くないしね。

タイ古式マッサージ・フットマッサージ共に、1時間250バーツです。チェンマイのタイ古式マッサージの相場が1時間200バーツなので、そんなに高くないのも嬉しいですね。

次のページは、「アクセスと行き方」