スポンサーリンク
スポンサーリンク

タイ・バンコク旅行の日数別「観光モデルコース」【3泊4日など】

スポンサーリンク

読者さん
読者さん
  • バンコク観光のおすすめ日数は?
  • 休みが3日なんだけど楽しめる?
  • バンコク観光のおすすめのモデルコースは?

 

バンコク観光のおすすめ日数は、「2泊3日・3泊4日・4泊5日」になりますね。ですので、「お休みが3日の方」でも十分に楽しめますよ。

おすすめのモデルコースは、「王宮エリア」「ナイトマーケット」「水上マーケット」等ですね。

バンコクで人気急上昇中の観光地に、「天井画が宇宙を感じさせるワットパクナム」「テントが夜に映える鉄道市場」もありますね。

バンコクには、新旧融合の「魅力的な観光地」が盛り沢山なんです。

今回は、バンコク観光の日数別モデルコースを「2泊3日・3泊4日・4泊5日」に分けて、タイ歴22年の私が解説しますね!
まさじろ
まさじろ

「休みが取れるのは3日間」や「5日間じっくりと行きたい」と言う方もいるかと思います。最初に「3泊4日のモデルコース」を解説して、記事の後半で「2泊3日と4泊5日」を解説しますね。

 

スポンサーリンク

バンコク観光の日数が「3泊4日」のモデルコース

バンコク観光日数が「3泊4日のモデルコース」は以下になります。

「1日目」

  • 11:00 日本の空港を出発
  • 16:00 スワンナプーム空港着
  • 17:30 公共交通機関を使ってホテルへ
  • 18:30 ホテルにチェックインして少し休憩
  • 20:00 アジアティーク観光

「2日目」

  • 10:00 王宮エリアを観光
  • 16:00 ワットパクナムを観光
  • 18:00 ターミナル21で夕食
  • 19:30 タラートロットファイラチャダー観光

「3日目」

  • 07:00 水上マーケット(現地ツアー)
  • 13:00 お土産探し
  • 16:00 タイマッサージ2時間
  • 19:00 ショッピングモールで夕食

「4日目」

  • 05:30 ホテルからスワンナプーム空港
  • 06:30 空港のチェックインカウンター
  • 08:00 スワンナプーム空港発
  • 16:00 日本の空港着
スポンサーリンク

1日目:空港→ホテル→アジアティーク

11:00 日本の空港を出発

日本の空港から「11:00頃に出発の飛行機」で、バンコクにあるスワンナプーム国際空港に向かいます。

機内でタイの出入国カードを配ってくれるので、記入しておくとその後の行動がスムーズにいきます。

タイの出入国カード「書き方と記入例」2019年最新【写メで安心】
今回の記事は、タイの出入国カードの「書き方と記入例」について、タイ歴22年の私がシンプルに解説します。 ※出入国カードを記入するのは飛行機の中になります。ネットが使えないので、「この記事にアクセス」できません。 ...

16:00 スワンナプーム空港着

「16:00」にスワンナプーム国際空港に到着します。スワンナプーム国際空港に到着した後は、両替をしてからバンコク市内に移動しましょう。

【スワンナプーム空港】フロア地図で到着ロビーからのアクセスガイド
読者さん スワンナプーム国際空港に到着後は何をしたらいいの? 各階のフロアマップはどうなってる? スワンナプーム国際空港での両替や市内アクセスのおすすめは? 日本からの飛行機がスワンナプ...

17:30 公共交通機関を使ってホテルへ

スワンナプーム国際空港からホテルに行くのは、公共の交通機関である「エアポートレールリンク」が便利です。

【電車移動】エアポートリンクでスワンナプーム空港からバンコクへ!
読者さん スワンナプーム国際空港からバンコクへの移動のおすすめは? エアポートレールリンクって電車があると聞いたけど? BTSやMRTの乗り換えはどうすればいいの? スワンナプーム国際空...

BTS(高架鉄道)やMRT(地下鉄)

まずは、エアポートレールリンクでバンコク市内に出ましょう。その後、「BTS(高架鉄道)やMRT(地下鉄)」を使ってホテルを目指します。

タイのバンコクにあるBTSの路線図と乗り方!ラビットカードを推奨
「バンコク観光にはBTSが便利って聞くけど、そもそもBTSって何?」「最近のタイは交通網が複雑でよくわからない」と、このような質問を頂く機会が増えてきました。 BTSは、バンコク市内にある有名エリアをつなぐ「高架鉄道」になりますね。「...
タイ・バンコクにあるMRT(地下鉄)の路線図と乗り方を解説!
バンコクでは、「MRT(地下鉄)やBTS(高架鉄道)」を上手に使うと快適な観光ができます。 タイのタクシーは安くて便利なのですが、バンコクは渋滞が多い街なので「到着時間が予測」できないんですよね。 その点、MRTやBTSは「渋滞がな...

18:30 ホテルにチェックインして少し休憩

ホテルに到着したら、まずは「チェックイン」をしましょう。その後、軽くシャワーでも浴びて、落ち着いたら「アジアティーク」に出かけましょう。

ホテルからアジアティークへの移動は、前述した「BTSやMRT」が便利です。最寄り駅は「BTSサパンタクシン駅」ですよ。

BTSアソーク駅からMRTスクンビット駅への乗り換えを解説!
バンコク観光で便利な交通機関と言えば、「BTS(高架鉄道)とMRT(地下鉄)」があります。どちらも安全で快適に目的地まで運んでくれるので便利な乗り物ですよね。 タイはタクシー代金が安い国なので、本当は積極的にタクシーを使いたいです。し...

20:00 アジアティーク観光

バンコク観光の初日の夜におすすめなのが、バンコクの有名ナイトマーケットである「アジアティーク」になります。

アジアティークはチャオプラヤー川沿いにあるので、素敵な夜景を見ながらの夕食が楽しめます。

アジアティーク・ザ・リバーフロントの見所3選と行き方を解説!
「バンコクにある夜のおすすめ観光地は?」との質問に、以前は別のナイトマーケットを紹介していました。しかし、「アジアティーク」ができてからは、ここ以外を紹介することはなくなりましたね。 アジアティーク・ザ・リバーフロントは、19世紀にヨ...
スポンサーリンク

2日目:王宮エリア→ワットパクナム→ターミナル21→タラートロットファイ

10:00 王宮エリアを観光

2日目は、バンコク観光の王道コースである「王宮エリア」から始めましょう。王宮エリアにある有名観光地が以下の「バンコク3大寺院」になります。

バンコク3大寺院がある王宮エリアを効率的に巡るモデルコース!
バンコク観光で外せない「王宮エリア」にある3大寺院が以下になります。 エメラルドブッダがある「ワットプラケオ」 涅槃仏で有名な「ワットポー」 ライトアップが美しい「ワットアルン」 王宮エリアは、バンコクでも有名なの...

ワットプラケオ

エメラルド仏や王宮で有名なのが、「ワットプラケオ」になります。見所が盛り沢山なので、どこから見ていいのか戸惑う人も多いですね。

ワットプラケオ(エメラルド寺院)の詳しい観光モデルコースと行き方
タイのバンコクには多くの観光地がありますが、その中でも特に有名なのが「ワットプラケオ(エメラルド寺院)」になります。 ワットプラケオは、昔のタイの王様である「ラマ1世」がバンコク王朝を開いた時に建てた寺院になります。 実は、「バンコ...

ワットポー

黄金の涅槃仏やタイマッサージの総本山で有名なのが、「ワットポー」になります。

ワットポーは涅槃仏で有名なバンコクの寺院!見所5選と行き方を解説
バンコク旅行の中でも、特に有名な観光地である「ワットポー」。アユタヤ王朝時代に建立されたバンコクで最も古い寺院の1つになります。 実は、ワットポーの名前は知らなくても、上記写真の「全長46メートルを超える黄金の涅槃仏」を見たことがある...

ワットアルン

三島由紀夫さんの小説で有名になり、暁の寺として有名なのが「ワットアルン」になります。

ワットアルンはライトアップが醍醐味だよ!見所3選と行き方を解説
三島由紀夫さんの小説で、暁の寺として有名になった「ワットアルン」。エメラルドブッダで有名な「ワットプラケオ」や、涅槃仏で有名な「ワットポー」とあわせて観光する人が多いです。 ワットプラケオやワットポーの見所が多すぎて、ワットアルンは他...

16:00 ワットパクナムを観光

王宮エリアでタイの歴史を感じた後は、魅惑の天井画で人気沸騰中の「ワットパクナム」に行きましょう。

ワットパクナムのエメラルド仏塔の詳しい観光モデルコースと行き方!
神秘的な天井画とエメラルドの仏塔で有名な「ワットパクナム」。バンコクの数ある観光地の中でも、ただいま「人気沸騰中」の観光地の1つになります。 ここ1年で爆発的に人気が高まった感じがしますね。実は、ワットパクナムを旅する観光者は、「約9...

18:00 ターミナル21で夕食

ワットパクナムからタラートロットファイラチャダーに直接向かってもいいのですが、夜景の時間まで時間があるのでターミナル21で夕食を楽しみましょう。

ターミナル21は写真スポットの多さで有名!見所3選と行き方を解説
バンコクには有名なショッピングモールが数多くありますが、写真スポットが盛り沢山なことで有名なのが「ターミナル21」になります。 各フロアに「東京・ロンドン等」の個別のテーマがあって、さらにはテーマごとの「写真ポイント」もあるからですね...

19:30 タラートロットファイラチャダー観光

ワットパクナムと共に人気沸騰中の観光地が、鉄道市場こと「タラートロットファイラチャダー」になります。

タラートロットファイラチャダー(鉄道市場)の見所と行き方を解説!
タイのバンコクには数多くのナイトマーケットがありますが、その中でも人気急上昇中なのが「タラートロットファイラチャダー」になります。 タラートロットファイラチャダーの人気の秘密は、「宝石箱をひっくりかえした」と形容される上空から見る神秘...
スポンサーリンク

3日目:水上マーケット→チャトチャック→タイマッサージ→ショッピングモール

07:00 水上マーケット(現地ツアー)

3日目は早朝から「タイの水上マーケット」に現地ツアーで行きましょう。

タイ・バンコク水上マーケットのダムヌンサドゥアックの見所と行き方
タイには数多くの水上マーケットがありますが、観光客へのおすすめがバンコク近郊にある「ダムヌンサドゥアック」になります。 おすすめする理由は、ダムヌンサドゥアックが「外国人観光客のいちばん多い」水上マーケットだからですね。まさに、観光客...

14:00 お土産探し

チャトチャックウイークエンドマーケット

水上マーケット現地ツアーは13時にバンコクに帰ってくるので、その後は「日本へのお土産探し」に出かけましょう。

日本へのお土産探しに最適なのは、「チャトチャックウイークエンドマーケット」になります。ただし、マーケットが開かれているのは「土曜日と日曜日」だけになります。

こちらが開催されてないときは、「MBKセンター or ジムトンプソンアウトレット」がおすすめです。

チャトチャックウィークエンドマーケットの全セクション紹介と行き方
チャトチャックウィークエンドマーケットは、バンコク郊外にある「土日だけ開催されるマーケット」になります。 観光客にもタイ人にも人気があるので、「とにかく人が多い」のに毎回驚かされますね。当然ですが、人が多いのには理由があります。 チ...

MBKセンター

バンコク観光の3日目が月曜日から金曜日のときは、「MBKセンター」に行きましょう。エアコンがきいた快適な場所でお土産探しをしたい方にもオススメですね。

バンコクの庶民派モールMBKセンターの見所3選と行き方!
大都会バンコクには、数多くのショッピングモールがあります。その中でも、庶民派ショッピングモールの代表が「MBKセンター(マーブンクロンセンター)」になります。 MBKセンターの最大の魅力が、「価格の安さ」にあります。バンコクにある他の...

ジムトンプソンアウトレット

日本へのお土産がタイシルクと決まってる方には、「ジムトンプソンアウトレット」がおすすめですね。有名ショッピングモールと同じ商品が、「2割引〜3割引」で購入できちゃうからですね。

ジムトンプソン・アウトレットの人気ランキング10選と行き方!
タイ旅行のお土産で、今も昔も人気の高い「タイシルク」。そのタイシルクで有名なのが、「ジムトンプソン」になります。 ジムトンプソンは、年齢を問わず喜んでもらえるので「タイ旅行の定番のお土産」になってますね。ただし、1つだけ問題があります...

16:00 タイマッサージ2時間

お土産探しのあとはタイ古式マッサージで「まったり時間」を過ごしましょう。タイはマッサージ代金が安いのも嬉しいですよね。

バンコクのおすすめマッサージ店のヘルスランドの魅力3選と行き方!
「バンコクでは、どこのマッサージ店がおすすめですか?」と本サイトに質問メールが届きます。そこで私が毎回、ご紹介しているのが「ヘルスランド」になります。 友人や知人がバンコク観光に来て、「スパやマッサージがしたい!」と言ったら、連れてく...

19:00 ショッピングモールで夕食

サイアムパラゴン

バンコク観光の最終日は、タイ料理をのんびりと楽しみましょう。おすすめは高級ショッピングモールの「サイアムパラゴン」になります。

サイアムパラゴンのフロアガイドと行き方!【ハイブランド徹底紹介】
読者さん サイアムパラゴンはブランドショップが多いんだよね? サイアムパラゴンの各フロアには何があるの? バンコク市内からの行き方は? サイアムパラゴンには、ブランドショップが多いですね...

セントラルワールド

ショッピングモールのもう1つのおすすめが、「セントラルワールド」になります。セントラルワールドは、食事も楽しめますし、お土産探しにも重宝します。

セントラルワールドはバンコク有数の巨大モール!見所と行き方を解説
バンコクには数多くのショッピングモールがありますが、都心にあるとは思えないほど巨大な売り場面積を誇るのが「セントラルワールド」になります。 セントラルワールドには「ISETANやZEN」もあるので、居ようと思えば「まるまる一日」でも楽...
スポンサーリンク

4日目:ホテル→スワンナプーム国際空港→日本の空港

05:30 ホテルからスワンナプーム空港

バンコクから日本の空港への飛行機の出発時刻が「08:00」なので、ホテルを出るのは「05:30」をおすすめします。

本当は「05:00」に出発したいのですが、BTSの始発が「05:30」なんですよね。

タイびと
タイびと

タクシーでスワンナプーム国際空港に向かう方は「05:00」に出発してもいいですね。

06:30 空港のチェックインカウンター

空港に着いたら、タイ航空のチェックインカウンターに向かって下さい。出国手続きを終えたあとは、飛行機の出発までのんびりして下さいね。

タイ旅行のお土産を忘れてた方は、空港でも買うことができます。

タイのお土産ランキング20選とバンコクやプーケットおすすめエリア
タイ旅行の終盤のイベントの1つに、「お土産選び」があります。お土産を探してるときは楽しくもありますが、少々困ることもありますよね。 それが、「タイのお土産は何を買ったらいいの?」になります。お土産選びは、楽しくもあり辛くもありますもん...

08:00 スワンナプーム空港

スワンナプーム国際空港を「08:00」に出発した飛行機は、「16:00頃」に日本の空港に到着します。

まさじろ
まさじろ

バンコク観光の航空券やホテルを探しは、私も利用している「 大手旅行会社が運営するWEBサイト 」が安心感もあってオススメですよ!

スポンサーリンク

「2泊3日」バンコク観光モデルコース

前述した3泊4日コースの「3日目を省いた」のが、バンコク観光モデルコース2泊3日になります。

「2泊3日」のバンコク観光モデルコースは以下になります。

「1日目」

  • 11:00 日本の空港を出発
  • 16:00 スワンナプーム空港着
  • 17:30 公共交通機関を使ってホテルへ
  • 18:30 ホテルにチェックインして少し休憩
  • 20:00 アジアティーク観光

「2日目」

  • 10:00 王宮エリアを観光
  • 16:00 ワットパクナムを観光
  • 18:00 ターミナル21で夕食
  • 19:30 タラートロットファイラチャダー観光

「3日目」

  • 05:30 ホテルからスワンナプーム空港
  • 06:30 空港のチェックインカウンター
  • 08:00 スワンナプーム空港発
  • 16:00 日本の空港着
タイびと
タイびと

駆け足の旅にはなりますが、2泊3日でも十分に楽しめますよ!

スポンサーリンク

「4泊5日」バンコク観光モデルコース

4泊5日の旅行日数の方は、3日目に「バンコク近隣の有名観光スポット」に行くことが可能になります。

「4泊5日」のモデルコースは以下になります。

「1日目」

  • 11:00 日本の空港を出発
  • 16:00 スワンナプーム空港着
  • 17:30 公共交通機関を使ってホテルへ
  • 18:30 ホテルにチェックインして少し休憩
  • 20:00 アジアティーク観光

「2日目」

  • 10:00 王宮エリアを観光
  • 16:00 ワットパクナムを観光
  • 18:00 ターミナル21で夕食
  • 19:30 タラートロットファイラチャダー観光

「3日目」

アユタヤ観光 or ピンクガネーシャ or パタヤ観光

「4日目」

  • 07:00 水上マーケット(現地ツアー)
  • 13:00 お土産探し
  • 16:00 タイマッサージ2時間
  • 19:00 ショッピングモールで夕食

「5日目」

  • 05:30 ホテルからスワンナプーム空港
  • 06:30 空港のチェックインカウンター
  • 08:00 スワンナプーム空港発
  • 16:00 日本の空港着
 

アユタヤ観光

バンコク近隣の有名観光スポットのおすすめが、古都アユタヤになります。アユタヤは遺跡も豊富ですので、世界中の観光客に人気がありますね。

上記の「木の根っこに埋まった仏様の頭」の写真を見たことがある人は多いと思います。その仏様の頭があるのがアユタヤなんですよ。

アユタヤ遺跡の観光おすすめ地図とバンコクからの行き方を解説
今回は、アユタヤ遺跡の観光とバンコクから行き方について、タイ歴22年で古都のノスタルジックが大好きな私が解説します。 アユタヤは、バンコクから日帰りで観光する人がほとんどです。ですので、短時間でアユタヤを満喫できる「超おすすめ遺跡3選...

ピンクガネーシャ

願い事神様として人気急上昇中なのが、「ピンクガネーシャ」になります。ピンクガネーシャにお願いごとをすると、通常の数倍の速さで願いが叶うんですよね。

写真スポットも多いので、観光目的としても十分に楽しめますよ。

ピンクガネーシャに願い事を伝えよう!ワットサマンの見所と行き方
タイ国内には数多くの寺院がありますが、祈願成就の早さで有名なのが「ピンクガネーシャのあるワットサマン」になります。 さらには、ピンク色の巨大像はタイ国内でも珍しいので、「写真スポット」としてもタイ国内で知られていますね。 ワットサマ...

パタヤ観光

タイの海を感じたい方は、バンコクからイチバン近いビーチリゾートである「パタヤ」がおすすめですね。パタヤは、バンコクからバスで片道2時間半なので日帰り観光を楽しめます。

パタヤ観光のおすすめであるパタヤビーチとラン島を紹介するよ!
今回は、パタヤ観光について紹介します。パタヤは、バンコクからバスで簡単に来られるので、タイ人にも外国人にも大人気です。さらにそのバスの運賃も安いんですよね。 ですので、本当にフラッと来れちゃうビーチリゾートですね。ただし、パタヤは、米...
スポンサーリンク

空港別の具体的なバンコク観光モデルコース

まさじろ
まさじろ

空港別の具体的なバンコク観光モデルコースはコチラをどうぞ!

成田空港からのモデルコース

成田空港からバンコク観光!タイ航空等の直行便を使ったモデルコース
魅力的な観光地にあふれる「タイ旅行の人気」が急上昇しています。「微笑みの国」と呼ばれるタイ人の人柄もあわさって、とっても心地よく旅ができますもんね。 さらには、「日本の約3分の1」と言われるタイの物価も旅が楽しくなる要因ですよね。物価...
まさじろ
まさじろ

バンコク観光の航空券やホテルを探しは、私も利用している「 大手旅行会社が運営するWEBサイト 」が安心感もあってオススメですよ!

スポンサーリンク

まとめ

今回は、バンコク観光の日数別モデルコースを「2泊3日・3泊4日・4泊5日」に分けて解説しました。

おさらいすると以下になります。

  • バンコク観光のおすすめ日数は、「2泊3日・3泊4日・4泊5日」
  • 3泊4日の3日目を省いたのが、「2泊3日コース」
  • 3泊4日の3日目にバンコク近隣に行けるのが「4泊5日コース」