バンコクからプーケットの移動は飛行機か長距離バスがおすすめだよ!

スポンサーリンク

今回は、バンコクからプーケットの「移動のおすすめは飛行機とバス」について、タイ歴22年の私が解説します。

タイが誇る国内最大のリゾート地であるプーケット。ビーチリゾートのわりには物価もそこまで高くないので、アジア人にも欧米人にも大人気です。

結論から言うと、バンコクからプーケットに移動するなら「飛行機」を強くおすすめします。ただし、安く行きたいなら「長距離バス」の選択肢もありですね!

スポンサーリンク

バンコクからプーケットへの移動方法

バンコクからプーケットへの移動方法は下記の3通りあります。

  • 飛行機
  • 電車
  • 長距離バス

実は、バンコクからプーケットは電車でも移動できるんですよね。ただし、あまりおすすめできないんです。

その理由も含めて、移動方法を1つずつ確認していきましょう!

スポンサーリンク

バンコクからプーケットへの移動は飛行機を強くおすすめ

バンコクからプーケットへの移動方法の1つ目は、「飛行機」になります。

バンコクの近くにある、もう1つのタイの有名リゾートであるパタヤへの移動なら「長距離バス」がおすすめになります。

しかし、バンコクとプーケットは「およそ800キロ以上の距離」になります。ですので、私は飛行機を強くおすすめします。

飛行機でのバンコクからプーケットの行き方

バンコクからプーケット行きの飛行機は、スワンナプーム空港かドンムアン空港から発着しています。

慣れたらどちらの空港に行くのも簡単なんですが、プーケット初心者の方は「スワンナプーム空港」が便利だと思います。

と言うのも、スワンナプーム空港はバンコク市内から電車(ARL)が繋がってますからね。

プーケットまでのフライトの飛行時間についてじっくりと解説するよ!
今回は、日本からプーケットまでのフライトの飛行時間について、タイ歴22年の私が解説します。 「プーケット旅行にいこう!」と思ったとき、気になるのが「プーケットまでのフライト時間って何時間なんだろう?」になりますよね。 旅の計画を色々...
スポンサーリンク

バンコクには2つ空港があるから注意して!

バンコクには2つの空港があるので、日本からの到着空港とプーケットへの出発空港を同じにすることをおすすめしますよ!

どちらの空港もプーケットまでの所要時間は約1時間20分です。

※プーケットの玄関空港は、「プーケット空港」になります

スワンナプーム国際空港

スワンナプーム空港からプーケット空港までは以下の航空会社がおすすめですね。

  • タイ国際航空
  • バンコクエアウェイズ
  • タイスマイル

航空券の値段は購入時期にもよりますが、1,200〜1,500バーツ(片道)が多いように思われます。

ドンムアン空港

ドンムアン空港からプーケット空港までは以下の航空会社がおすすめですね。

  • エアアジア
  • ノックエア
  • タイライオンエア

航空券の値段は購入時期にもよりますが、1,000〜1,200バーツ(片道)が多いように思われます。

タイの飛行機は都市間移動におすすめ!格安代金なのはLCCだよね
今回は、タイ国内の都市間を移動するのに便利な「タイの飛行機」について、タイ歴22年でタイ国内をしょっちゅう移動している私が解説します。 一昔前のタイの国内移動の主役は長距離バスでした。しかし、昨今では飛行機の利用者もかなり増えてきまし...
スポンサーリンク

電車

バンコクからプーケットへの移動方法の2つ目は、「電車」になります。しかし、結論から言うと、私はこのルートはおすすめしませんね。

ファランポーン駅からスラタニー駅まで電車で行きます。その後は、ローカルバスでプーケットに向かいます。

ある意味贅沢な移動方法になります。所要時間は電車が約10時間。その後の、バスが3〜4時間です。

乗る電車やバスのランクによって金額は変わってきますが、1,500〜2,000バーツぐらいを見とけばいいですね。

メリット

電車の旅もバスの旅も両方味わえる。プーケットのバスターミナルからスラタニーバスターミナルまでは山道ですが景色が素晴らしいです。

デメリット

飛行機よりも高い値段になる。乗り継ぎ次第ではスラタニーに泊まる可能性もある。間違いなく長時間の移動になる。

スポンサーリンク

長距離バス

バンコクからプーケットへの移動方法の3つ目は、「長距離バス」になります。

バンコクの「北バスターミナル」と「南バスターミナル」から、プーケット行き長距離バスが発着しています。

ただし、長距離バスでバンコクからプーケットへの移動は、北バスターミナルからの1択になります。

と言うのも、南バスターミナルまで行くのが難しいんです。ですので、私は毎回「北バスターミナル」を使ってますね。

北バスターミナルの時刻表と料金

プーケット行き長距離バスのチケットは、北バスターミナルの1Fで購入できます。

  • 07:35出発(587バーツ)
  • 18:20出発(913バーツ)VIPバス
  • 18:45出発(685バーツ)

ちなみに、バンコクからプーケットまでの所要時間は約12時間です。

※2017年11月現在の時刻表と金額になります

スポンサーリンク

長距離バスはこんな人に最適です!

バンコクからプーケットへの移動で、長距離バスをおすすめするのは以下のような人になります。

  • 安くプーケットに行きたい人
  • 宿代を節約したい人
  • 長距離バスが好きな人

安くプーケットに行きたい人

最近のタイの国内移動の航空券は本当に安いです。しかし、直近で購入すると「けっこう割高」になるんですよね。

ですので、直近で「プーケットに行こう!」と決めた人は飛行機代が高くつきます。安くプーケットに行きたい人は長距離バスがおすすめですね。

ただし、予定が早めに決まってるなら、飛行機の早期予約の方が絶対にお得ですよ!

宿代を節約したい人

長距離バスは、一晩の宿代金を浮かせたい人にも超オススメです。一泊分が浮くのは節約旅行では大きいですもんね。

浮いた宿代の分でVIPバスに乗ってもいいですね。VIPバス寝心地もいいので快適に一晩すごせますよ!

長距離バスが好きな人

長距離バスの旅を楽しみたい人にもオススメですね。ただし、深夜走る便が多いので車窓の景色はあんまり楽しめませんね(笑)

プーケットのおすすめ観光地15選!旅行の持ち物や服装も徹底解説
今回は、タイのプーケット島の「観光のおすすめ15選」と「旅行で必要な情報」について、タイ歴22年でプーケットをこよなく愛する私が解説します。 アジアには素晴らしいビーチリゾートが数か所ありますが、プーケットはその中でもアジア人にも欧米...
スポンサーリンク

まとめ

今回は、バンコクからプーケットの「移動のおすすめは飛行機とバス」について、タイ歴22年の私が解説しました。

それでは、素敵なプーケット観光を楽しんで下さいね!

タイ旅行を全力で楽しむためのおすすめ情報をギュッと詰め込んだよ!
今回は、「タイ旅行のおすすめ観光地」と「タイに行く前に知りたい旅情報」について、タイ歴22年でタイ旅行が大好きな私が解説します。 「タイ旅行にいこう!」と思ったとき、まず決めないといけないことがあります。それが、タイの「どこの観光地に...
スポンサーリンク
プーケット
スポンサーリンク
スポンサーリンク
まさじろをフォローする
たいたび