タイ・バンコクにあるMRT(地下鉄)の路線図と乗り方を解説!

スポンサーリンク

バンコクでは、「MRT(地下鉄)やBTS(高架鉄道)」を上手に使うと快適な観光ができます。

タイのタクシーは安くて便利なのですが、バンコクは渋滞が多い街なので「到着時間が予測」できないんですよね。

その点、MRTやBTSは「渋滞がない」ので便利です。滞在時間が短い旅行者ほど、積極的に使っていきたい乗り物ですね。

バンコク観光では「MRTに関する知識」があると本当に役立ちます。MRTの駅と直結している有名観光地もあるからですね。

タイびと
タイびと

現在のバンコクで、「日本人観光客の利用頻度」がBTSの次に高いのがMRTになりますね。

まさじろ
まさじろ

今回は、タイ・バンコクのMRTの「路線図・チケット購入法・乗り方」について、タイ歴22年の私が解説しますね!

スポンサーリンク

タイ・バンコクのMRTの路線図

バンコクのMRTには以下の2路線があります。

  • ブルーライン
  • パープルライン

2路線あるのですが、旅行者がよく使うのは「ブルーライン」になりますね。

まさじろ
まさじろ

私もパープルラインは、2回しか乗ったことがありません。パープルラインの方が新しいので、「試してみるか!」で乗っただけですね。

MRTスクンビット駅でBTSと交わる

最初に、MRTで覚えておいて欲しいことがあります。それが、「MRTスクンビット駅でBTSと交わる」になりますね。

バンコク観光では「BTS(高架鉄道)」を使う機会が多いんですよね。ですので、MRTを使う時は「BTSからの乗り換え」が多くなります。

タイびと
タイびと
スポンサーリンク

ブルーライン

まさじろ
まさじろ

それでは次に、旅行者の使用頻度が高い「MRTブルーライン」について解説しますね。

MRTブルーラインには以下の駅があります。

  • バーンスー駅
  • カムペーンペット駅☆
  • チャトチャック駅
  • パホンヨティン駅
  • ラップラオ駅
  • ラチャダーピセーク駅
  • スティサーン駅
  • ホイクワーン駅
  • タイカルチャーセンター駅
  • ラマ9世駅
  • ペッチャブリー駅☆
  • スクンビット駅☆
  • クイーンシリキッド駅
  • クロントーイ駅
  • ルンピニー駅
  • シーロム駅
  • サムヤーン駅
  • ファランポーン駅☆

MRTブルーラインで、一般的な旅行者の方が「よく使う駅」は以下になります。

カムペーンペット駅(Kamphaeng Phet)

カムペーンペット駅は、「チャトチャック・ウィークエンドマーケット」への観光で使う駅になります。

ペッチャブリー駅(Phetchaburi)

ペッチャブリー駅は、「スワンナプーム国際空港」を使う人がよく利用する駅になります。スワンナプーム国際空港とペッチャブリー駅を、「エアポートレールリンクという電車」がつないでるからですね。

エアポートレールリンクは、「安全で快適」なのでタイ旅行の初心者にオススメですよ。実際の多くの外国人がこの電車を使ってますね。

タイびと
タイびと

エアポートレールリンクの乗り方はコチラをどうぞ!

>>エアポートレールリンクの乗り方と主要駅での乗り換え

スクンビット駅(Sukhumvit)

前述したように、スクンビット駅でバンコク市内を走る高架鉄道である「BTS」と交わります。このエリアは見所が多いので、利用頻度の高い駅ですね。

まさじろ
まさじろ

スクンビット駅から近いターミナル21はコチラをどうぞ!

>>ターミナル21のフロアガイド

ファランポーン駅(Hua Lamphong)

ファランポーン駅は、バンコク観光では絶対に外せない「ワットプラケオ・ワットポー」を観光するときに便利な駅になりますね。

スポンサーリンク

タイ・バンコクのMRTの運賃と運行時間

MRTの料金は、16バーツ〜42バーツになりますね。

MRTの運行時間

MRTの運行時間は、おおむね「6:00~24:00」になりますね。運行間隔は、5分〜10分になります。

スクンビット駅から各地までの運賃

MRTのメイン駅である「スクンビット駅」から各地までの運賃は以下になります。

  • カムペーンペット駅:37バーツ
  • ペッチャブリー駅:16バーツ
  • ファランポーン駅:28バーツ
まさじろ
まさじろ

最大でも「42バーツ」なので、バンコクのMRT料金はまだまだ安いですよね。

スポンサーリンク

チケットの買い方

タイびと
タイびと

MRTでのチケットの買い方には以下の「2つの方法」があります。

チケットオフィスで購入

MRTの駅にはチケットオフィス(上記写真)があるので、各窓口でチケットを購入することができます。

チケットオフィスでのチケット購入の流れは以下になります。

  1. 窓口で目的地を伝える
  2. 運賃を言ってくれる
  3. 運賃を支払う
  4. お釣りとチケットを渡してくれる
まさじろ
まさじろ

スタッフの方に、「スクンビットやファランポーン」と行き先を伝えるだけなので、簡単に購入できますよ。

券売機で購入

チケットオフィスが混雑してる時は、券売機でもチケットを購入できます。券売機の使い方は以下になります。

  1. 英語とタイ語を切り替えられるので英語にする
  2. 行き先を押して運賃を表示(上記写真)
  3. 運賃を投入します(500バーツ以上は使用不可)
  4. 乗車チケットとお釣りが出てきます
タイびと
タイびと

チケットオフィスが混雑している時は、「券売機も混雑」しています。ですので、私は毎回チケットオフィスで購入しますね。

スポンサーリンク

タイ・バンコクのMRTの乗り方

チケットを購入した方は、MRTの自動改札(上記写真)に向かって下さい。自動改札には「入場側と退場側」があるので、進行方向に注意して下さいね!

タイびと
タイびと

上記写真で言うと、「緑矢印」が入場改札口だと示してくれてますよ。

乗る時はチケットを改札口にタッチ

MRTに乗る時は、チケットを写真の「TAP Token HERE」と書いてる所に軽く触れて下さい。

まさじろ
まさじろ

MRTのチケットは上記黒丸のコインになります。無くさないように気を付けて下さいね。

降りる時はチケットを回収口に!

MRTから降りる時は、チケットを回収口に投入すると自動扉が開きます。

まさじろ
まさじろ

乗る時にタッチした上部に「チケット回収口」がありますよ!

スポンサーリンク

自動改札で大事なこと

最後に、MRTの自動改札での注意点を紹介します。上記写真は、MRT構内にある「注意案内」になります。結論から言うと、この注意案内では「自動改札の扉の怖さ」を物語っています。

日本の自動改札の扉と違って、MRTの自動改札の扉は「かなり敏感に反応」するんです。カバンを持ち上げないで通過すると、カバンにセンサーが反応します。

となると、扉が閉まるタイミングで人が通ります。これが「けっこう痛い」のです。だから、そうならないように「カバン」を持ち上げて通過しないといけません。

人が先でスーツケースは後!

ちなみに、スーツケースを引っ張ってる人は「人が前でスーツケースが後」の順番で通過して下さい。理由は、もうお分かりですよね。

日本の改札口でカバンを持ち上げてる人を見かけたら、その人は「MRTの扉にやられた可能性」が高いですよね。

まさじろ
まさじろ

私も条件反射的に「改札口ではカバンを持ち上げる習性」になってしまいましたよ。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、タイ・バンコクのMRTの「路線図・チケット購入法・乗り方」について、タイ歴22年の私が解説しました。

MRTのおさらいをすると以下になります。

  • MRTにはブルーとパープルラインがある
  • BTSと交わるのはスクンビット駅
  • MRTの料金は16バーツ〜42バーツ
  • MRTの運行時間は6:00~24:00
  • チケット購入はチケットオフィスが便利
  • 自動改札の通過時は人が先

それでは素敵なバンコク観光を楽しんでくださいね!

まさじろ
まさじろ

バンコクのおすすめ観光地はコチラをどうぞ!

>>バンコク旅行のおすすめ観光地