バンコク地図でサイアムとスクンビットの特徴を詳しく解説するよ!

スポンサーリンク

今回は、「バンコクの交通の要所」と「サイアムとスクンビットのエリアごとの特徴」を地図を使って、タイ歴22年の私が解説します。

タイの首都であるバンコクは人口800万人の大都会です。有名な観光地もありますし、都会的なショッピングも楽しめます。初めてのタイ旅行ならバンコクがオススメですね。

これから紹介する地図でバンコクが「大まかに理解」できるようになってます軽く頭に入れて頂くだけで「バンコク観光が5倍」楽しくなりますよ。

バンコク観光の前にサラッと読んで、旅の知識を深めて下さいね!

スポンサーリンク

バンコク地図で交通の要所を確認!

バンコクの交通の要所は以下になります。特に空港の位置はしっかりと抑えておいて下さいね。

  1. スワンナプーム国際空港
  2. ドンムアン国際空港
  3. ファランポーン駅
  4. バンコク北バスターミナル
  5. バンコク東バスターミナル
  6. バンコク南バスターミナル
  7. BTSサイアム駅
  8. BTSアソーク駅
  9. BTSプロンポン駅

サイアムとスクンビットがバンコク観光の2大エリア

空港の次に抑えてほしいのが、以下のバンコク観光の2大エリアになります。

  • サイアムエリア:BTSサイアム駅の周辺
  • スクンビットエリア:BTSアソークとプロンポン駅の周辺

バンコクの中心地は、BTSサイアム駅等がある「サイアムエリア」なりますね。タイ旅行では「スクンビットエリア」に行く機会も多いですよ。

どちらのエリアも大都会ですので、驚く日本人が多いですね。「え!タイってこんなに都会なの?」とね。

それでは、バンコクの交通の要所を具体的に確認していきましょう!

※バンコク観光地図をお探しの方はこちら!

バンコクのおすすめ観光地と穴場スポット14選を地図で紹介するよ!
今回は、バンコク観光のおすすめ観光地と穴場スポットについて、タイ歴22年でバンコクをこよなく愛する私が解説します。 今では世界中の観光客が訪れるタイの首都であるバンコク。初めてのタイ旅行にバンコク観光を選ぶ人は少なくありません。 そ...
スポンサーリンク

交通の要所を具体的に確認

スワンナプーム国際空港

スワンナプーム国際空港は、バンコクに10年ほど前にできた比較的に新しい空港になります。

一般的な航空会社を使うと、スワンナプーム国際空港になる確率が高いですね。

スワンナプーム国際空港での両替やタクシーをフロア地図で徹底解説!
バンコクには2つの空港がありますが、タイ旅行の初心者がよく使うのは「スワンナプーム国際空港」になります。 タイ旅行で最初に降り立つ場所は空港ですので、「空港に関する知識」が少しでもあれば旅はグッと楽になりますよね。 それに、実はスワ...

ドンムアン国際空港

ドンムアン空港は、昔からバンコクにある空港です。ドンムアンだけでは観光客をさばけなくなったので、新しくスワンナプームができたんですよね。

格安航空会社を使うと、ドンムアン国際空港になる確率が高いですね。

ドンムアン国際空港から市内へのアクセスはタクシーかバスがおすすめ
今回は、ドンムアン国際空港のフロアー地図とバンコク市内へのアクセスについて、タイ歴22年の私が解説します。 タイ旅行の始まりであるドンムアン国際空港。日本からの飛行機が到着してホッとしたいとこですが、それはホテルに到着してからの方がい...

ファランポーン駅

バンコクにある「タイ国鉄」の中央駅になります。バンコクの有名観光地である「ワットプラケオ・ワットポー等」に近い駅なのでお世話になる頻度は高いですね。

さらには、タイの有名観光地である「アユタヤ」に行くのにも便利ですね。「チェンマイ」までの夜行列車も人気があります。

アユタヤ遺跡の観光おすすめ地図とバンコクからの行き方を解説
今回は、アユタヤ遺跡の観光とバンコクから行き方について、タイ歴22年で古都のノスタルジックが大好きな私が解説します。 アユタヤは、バンコクから日帰りで観光する人がほとんどです。ですので、短時間でアユタヤを満喫できる「超おすすめ遺跡3選...

バンコク北バスターミナル

バンコクのメインバスターミナルが「バンコク北バスターミナル(モーチットバスターミナル)」になります。

バンコク北バスターミナルからは、タイの北部・東北部方面行きのバスが発着しています。ちょっとキツイですが、チェンマイやプーケットだって行けちゃいますよ!

バンコクからチェンマイの移動は飛行機がおすすめ!電車とバスも解説
今回は、バンコクからチェンマイの移動について、タイ歴22年の私が解説します。 風光明媚なチェンマイは、のんびりしたい人に特に人気がある観光地ですよね。欧米人にもアジア人にも、どちらにも人気がありますよ。 結論から言うと、チェンマイへ...
バンコクからプーケットの行き方で移動のおすすめを3選したよ!
タイが誇る国内最大のビーチリゾートであるプーケット。リゾートのわりには物価もそこまで高くないので、アジア人にも欧米人にも大人気です。 結論から言うと、バンコクからプーケットへの行き方は「飛行機」での移動を強くおすすめします。と言うのに...

バンコク東バスターミナル

バンコク市内にあって、とっても便利なバスターミナルが「バンコク東バスターミナル」になります。タイの東部行きのバスが発着しています。

実は、バンコク東バスターミナルは日本人に大人気なんです。と言うのも、ここから「パタヤ」に簡単に行けちゃうからです。

パタヤ観光のおすすめであるパタヤビーチとラン島を紹介するよ!
今回は、パタヤ観光について紹介します。パタヤは、バンコクからバスで簡単に来られるので、タイ人にも外国人にも大人気です。さらにそのバスの運賃も安いんですよね。 ですので、本当にフラッと来れちゃうビーチリゾートですね。ただし、パタヤは、米...

バンコク南バスターミナル

タイの南方行きのバスが発着しています。プーケット等にバスで行くときは重宝するんだそうです。しかし、旅行者にはあまり使われることはありません。

バンコク市内から「バンコク南バスターミナル」に行くのが困難だからですね。行くとしたら、バスかタクシーになると思います。私も、実は2回ほどしか使ったことがありません。

スポンサーリンク

サイアムエリアの地図

  1. BTSサイアム駅
  2. サイアムパラゴン
  3. サイアムセンター
  4. サイアムディスカバリー
  5. MBKセンター
  6. サイアムスクウェア
  7. サイアムスクウェアワン
  8. セントラルワールド
  9. 伊勢丹バンコク
  10. ゲイソンショッピングセンター
  11. セントラルチットロム本店
  12. セントラルエンバシー
  13. ビッグC
  14. プラトゥーナムファッションモール
  15. パンティッププラザ
  16. 高レート両替エリア
  17. ジムトンプソンの家

サイアムエリア

前述したように、BTSサイアム駅の周辺はバンコクの中心になります。東京や大阪の中心地を想像すると分かりやすいですね。

「サイアムエリア」は大都会になるので、着飾ったタイ人や外国人で溢れかえってます。ですので、汚い格好をしてると「浮きまくる」のでご注意ください。

ココらへんは20年前から都会でしたので、私もビックリした事を思い出します。まずは、バンコクのランドマークとして「サイアム」の名前を覚えておいてくださいね!

スポンサーリンク

サイアムを具体的に見ていこう!

BTSサイアム駅

サイアムエリアの中心は「BTSサイアム駅」になります。BTSにはスクンビット線とシーロム線の2路線があります。その2路線が唯一交わるのがサイアム駅になります。

ですので、とにかく混みます。混雑したらBTSチケット購入にやたらに時間がかかるのが困ります。ですので、BTSカードの購入をオススメしますよ。

タイ・バンコクのBTSの路線図と料金!ラビットカードは必須だよ
今回は、タイ・バンコクのBTSの路線図や料金について、タイ歴22年の私が解説します。 「バンコク観光はBTSが便利っていうけど、そもそもBTSって何?」「最近のタイは交通網が複雑でよくわからないんだよね」。最近、このような質問を頂く機...

サイアムパラゴン

サイアムエリアの代表のような大型ショッピングモールですね。BTSサイアム駅に直結してるので、とっても便利です。

サイアムセンターとサイアムディスカバリーも同系列のショッピングモールになります。

サイアムパラゴンのフロアガイド!バンコクの高級モールにようこそ
今回は、バンコクにある高級ショッピングモール「サイアムパラゴン」のフロアガイドについて、タイ歴22年の私が解説します。 サイアムパラゴンがある「サイアムエリア」は、まさにバンコクの中心的な繁華街になります。つまりは、この辺りは完全にタ...

MBKセンター

後述する「セントラルワールド」と「サイアムパラゴン」が上品なモールだとすると、MBKセンターは「庶民派モール」になりますね。

ですので、他のモールに比べると「低予算」での買い物が可能です。衣料品・日本へのお土産・電化製品の購入に適したモールですね。

特に電化製品は有名です。電化製品に関することならMBKに来ればいいですね。

バンコク・MBK(マーブンクロンセンター)の見所と行き方の地図!
今回は、バンコクにあるMBKセンター(マーブンクロンセンター)の見所と行き方について、タイ歴22年の私が解説します。 バンコクには数多くのショッピングモールがありますが、庶民派ショッピングモールの代表がMBKセンターになります。 他...

サイアムスクウェア

サイアムスクウェアは、バンコクの原宿と呼ばれる、タイの若い人に人気のエリアですね。

最近では周囲にショッピングモールが数多くできてきたので、昔のようには賑わってない様子です。しかし、サイアムスクウェアをのんびりと歩いてるだけでも楽しいですよ。

人気がなくなった理由は、エアコンが効いてないからだと思います。戸外だからエアコンがないのは当然なんですけどね。

ショッピングモールは、エアコンがギンギンに効いてるからタイ人は好きなんだそうですよ。

サイアムスクウェアワン

数年前にできた新しいショッピングモールです。こちらもBTSサイアム駅と直結してますね。

セントラルワールド

タイ・バンコクの中心部にあるショッピングモールでは、「セントラルワールド」と「サイアムパラゴン」が圧倒的な集客力と巨大な売り場面積を誇ります。

セントラルワールドには、日系デパートである伊勢丹も入ってます。ですので、このエリアには日本人が多いですね。伊勢丹の店内はほぼ日本です。何でも揃う感じがします(笑)

バンコク・セントラルワールドプラザのフロアーガイドと行き方地図!
今回は、バンコクにあるセントラルワールドプラザのフロアーガイドと行き方について、タイ歴22年の私が解説します。 セントラルワールドプラザは、バンコクの都心にはあるとは思えないほど巨大なショッピングモールになります。とにかく広いので、そ...

ゲイソンショッピングセンター

高級ショッピングモールになります。タイ人のお金持ちが多い印象です。モール内の雰囲気が他のモールとは一線を画しますね。凛とした空気が流れています。

こちらでショッピングはしたことがありませんが、1階にある素敵なカフェをよく利用させてもらってます。このモールは雑然としてませんから、とっても静かで落ち着きますよ!

セントラルチットロム本店

セントラルチットロム本店は、バンコクの老舗デパートになります。タイ人の年配のお金持ちに大人気ですね。

セントラルエンバシー

セントラルエンバシーは、ラグジュアリーでゴージャスなショッピングモールですね。おそらくバンコクで最高のショッピングモールだと思います。

ビックC

ビックCは、スーパーマーケットになります。日本へのお土産を探すのに重宝しますよ。ここは庶民派タイ人が多いので落ち着きますね。

プラトゥーナムファッションモール

安く服を買いたいなら、プラトゥーナムファッションモールがオススメですね。所狭しと服屋さんが軒を連ねています。

服が安く買えるのは嬉しいのですが、常にモール内は大混雑していますよ。タイ人女性に大人気のモールですね。

パンティッププラザ

バンコクの秋葉原と言われて、パソコン・スマホ・カメラ等のお店が多いです。バンコクで電子機器の購入を考えたときは「MBKセンター」か「パンティッププラザ」が便利ですよ。

MBKは常に混雑してるので、個人的にはパンティッププラザを使ってますね。スマホを買ったり、スマホの充電池を交換したりしてますよ。

お店によって値段が変わるんで、各店舗をまわることをオススメします。

高レート両替エリア

タイでも随一の高レート両替所が集まってるので、バンコクでお得に両替したいならこのエリアがオススメです。

タイバーツと円の両替で「お得になる方法」を状況に分けて徹底解説!
タイ旅行を楽しむための最初の一歩は、「日本円をタイバーツに両替すること!」になります。ほとんどの方は、タイの通貨である「タイバーツ」なんて持ってないですもんね。 さらには、この両替が後々の「タイ旅行の成否を左右する」といっても過言では...

ジムトンプソンの家

シルク王で有名なジムトンプソン氏の住居が博物館として残されています。簡単に行けるのでバンコクでも人気の高い観光地の1つですね。

ジムトンプソンのアウトレットはこちら!

ジムトンプソン・アウトレットの魅力と行き方!営業時間なども解説
今回は、ジムトンプソン・アウトレットの行き方と営業時間等について、タイ歴22年の私が解説します。 ジムトンプソンはタイシルクの割には値段も手頃ですので、日本人にも人気のあるタイのお土産の1つです。 ただし、安いとは言っても「タイシル...
スポンサーリンク

スクンビットエリア地図

  1. BTSアソーク駅
  2. MRTスクンビット駅
  3. BTSプロンポン駅
  4. BTSナナ駅
  5. ターミナル21
  6. エンポリアム
  7. エムクオーティエ
  8. ロビンソンデパート
  9. VASU(両替所)
  10. ヘルスランド
  11. メイマッサージ2号店
  12. ワットポーマッサージ
  13. バムルンラード病院
  14. ナラヤ
  15. フジスーパー1号店
  16. トップスマーケット
  17. ソイカウボーイ
  18. ナナプラザ
  19. ベンチャシリ公園

スクンビットエリアの概略

スクンビットエリアの中心が「BTSアソーク駅」になります。バンコク観光では、このエリアにあるホテルでの宿泊すると便利です。

それは、バンコクの2大交通機関であるBTS(高架電車)とMRT(地下鉄)のどちらの駅もあるからですね。

スクンビットエリアの特徴として、日本人が多いことがあげれれますね。特に、BTSプロンポン駅周辺の別名は、「日本人エリア」ですからね。

それでは、スクンビットエリアを具体的に確認していきましょう!

スポンサーリンク

スクンビットを具体的に確認しよう!

BTSアソーク駅

アソークエリアの中心は「BTSアソーク駅」になります。注意点として、朝夕は通勤ラッシュになります。

ですので、BTSチケット購入にやたらに時間がかかるのが困ります。BTSカードの購入をオススメしますよ。

タイ・バンコクのBTSの路線図と料金!ラビットカードは必須だよ
今回は、タイ・バンコクのBTSの路線図や料金について、タイ歴22年の私が解説します。 「バンコク観光はBTSが便利っていうけど、そもそもBTSって何?」「最近のタイは交通網が複雑でよくわからないんだよね」。最近、このような質問を頂く機...

MRTスクンビット駅

BTSとはバンコク市内を走る高架電車で、MRTとはバンコクの地下鉄です。バンコク観光で便利なのはBTSですが、MRTを使った方が行きやすい観光地もあるんですよね。

その代表が王宮エリア(ワットプラケオやワットポー)になりますね。MRTファランポーン駅から行くのが楽なんですよね。

BTSプロンポン駅

プロンポンエリアの中心は「BTSプロンポン駅」になります。日本食や日本に関係するお店が多いですね。

BTSナナ駅

BTSナナ駅は、後述する「VASU・バムルンラード病院・ナナプラザ」に行く時に重宝する駅ですね。

ターミナル21

アソークにある有名な中級ショッピングモールです。高級ショッピングモールではないので、タイ人にも外国人にも本当に人気があります。

特に人気なのは上階にあるフードコートですね。バンコクで最安のフードコートがあるので、かなりお客さんが多いですね。

食事時は座席を探すのが困難です。先に席を確保することを絶対にオススメしますよ!

ターミナル21のフロアー地図!おすすめはバンコク最安フードコート
今回は、ターミナル21のフロアーガイドとバンコクで最安のフードコートについて、タイ歴22年の私が解説します。 バンコク観光でターミナル21を訪れる人はかなり多いです。と言うのも、ターミナル21があるエリアはバンコクの交通の要所になるん...

エンポリアム

昔からある日本人御用達のショッピングモールです。ハイブランドのお店も数多く入居してますし、日本食も充実しています。さらには日本の本屋さんもあります。

エムクオーティエ

2015年にオープンした新しいショッピングモールです。地下フロアーと上階の飲食店が集まるフロアーが特に大人気です。空中庭園から見るプロンポンエリアも人気がありますね。

以前はエンポリアムしかなかったのですが、数年前にエムクオーティエが併設されてからはタイ人や外国人も多く集まるエリアになりました。

どちらもBTSプロンポン駅から直結してるので、雨の日でも暑い日でもとっても快適ですよ。

ロビンソンデパート

昔からあるタイのデパートです。ターミナル21と比べると、さらにローカル色が強くなります。

お客さんも少ないので、のんびりと商品を選べるメリットはありますね。私は、ここの1階にある24時間のマクドナルドをよく利用していますね。

VASU(両替所)

スクンビットエリアで両替するなら「VASU」がおすすめですね。BTSナナ駅の真下なので、行きやすいのもメリットですね。

タイバーツと円の両替で「お得になる方法」を状況に分けて徹底解説!
タイ旅行を楽しむための最初の一歩は、「日本円をタイバーツに両替すること!」になります。ほとんどの方は、タイの通貨である「タイバーツ」なんて持ってないですもんね。 さらには、この両替が後々の「タイ旅行の成否を左右する」といっても過言では...

ヘルスランド

バンコクの有名なタイ古式マッサージのアソーク店になります。タイ古式マッサージもオススメですしオイルマッサージも超オススメです。

タイはマッサージ料金の安い国ですから、タイに来たら絶対にマッサージをしてほしいですね。

日本の3分の1の料金と言われてるので、安心してマッサージを受けられますよ。

メイマッサージ2号店

バンコク最安値のマッサージ店が「メイマッサージ」になります。とにかく安くマッサージを受けたい方にオススメです。

しかし、あまり綺麗ではないので観光客の方にはオススメできません。メイマッサージには1号店もありますが、私は2号店でフットマッサージをよくしていますね。

2号店の方が安いし入りやすいからですね。短期旅行者の方は別のマッサージ店に行くことをオススメしますよ!

タイ・バンコクのマッサージ店のおすすめとオイルマッサージの注意点
タイ旅行にいったら絶対に試してほしいのが、「タイマッサージ」になります。タイの魅力の1つに「マッサージの値段が安い!」があるんですよね。タイマッサージとは、インドのヨガから派生したタイの伝統的なマッサージで、基本的には、マッサージ師の「指・

ワットポーマッサージ

日本人に人気がある「タイ古式マッサージ」ですね。値段も手頃ですし、特に静かなのが嬉しいですね。

ワットポーの見所とマッサージスクール!行き方や時間と服装も解説
今回は、「ワットポーの見所や行き方」と「ワットポー・マッサージスクール」について、タイ歴22年の私が解説します。 実は、ワットポーの名前は知らなくても、「黄金の涅槃仏(ねはんぶつ)」の写真を見たことがある人は多いですよね。 そんなワ...

バムルンラード病院

タイ旅行で病院に行く必要が出た時におすすめなのが、バンコクの私立病院でもトップクラスの医療技術である「バムルンラード病院」になります。

ただし、海外旅行保険を使わないと、「かなりの高額」の治療費を請求されます。お金持ち御用達病院なんですよね。ですので、日本語の通訳さんもいますよ。

私も3回ほどお世話になりました。日本とタイのハーフの女性ドクターが本当によくして下さいましたね。当然ですが、日本語ペラペラですよ。

ナラヤ

タイシルクの有名店ですね。以前はジムトンプソンの1人勝ちでしたが、最近ではナラヤもかなり有名になっていますね。アジア人に人気があるようですよ。

ナラヤの支店は数多いですが、ここのナラヤは駅から1分ぐらいなのでとっても便利ですよね。

フジスーパー1号店

日本食材がほぼ揃うと言われているバンコクにある日本のスーパーです。バンコク在住の日本人の大多数がお世話になってるスーパーですね。

トップスマーケット

タイの高級スーパーになります。タイのスーパーの雰囲気を感じるだけでも楽しい場所ですね。日本へのお土産を探すのにも適していますよ!

ソイカウボーイ・ナナプラザ

ソイカウボーイとナナプラザは、「ゴーゴーバーの集合地域」になります。ゴーゴーバーとは、水着姿の女性が踊るのを見ながらお酒を楽しむ場所ですね。

ですので、若くて可愛いタイ人女性であふれかえってます。世界中の男性の盛り場だとも言えますよね。

ちなみに、女性がこの通りを歩いても危険ではありません。しかし、あんまり楽しくないと思いますね。

友人の日本人女性を連れてってあげても、あんまり喜んでくれる人はいませんもんね(笑)

タイ・バンコク夜遊びのおすすめは予算を服装にも全力投球すること!
今回は、タイ・バンコク夜遊びでおすすめなアイテムを紹介します。タイ歴22年でタイブロガーの私が、最近強く感じたことがあります。 それは、「タイにおいては、服装等の見てくれが人の価値を決める!」になりますね。昔から、理解はできてたんです...

ベンチャシリ公園

エンポリアムの隣にある公園です。都会の喧騒に疲れた時、ふと来たくなる場所ですね。夕方になるとジョギングしてる人が多いですね。

バンコクでは運動不足になりがちなので、ここの公園がありがたいんですよね。

ただし、季節によりますが「日中は暑い」ですので、ジョギングには向きませんよ。夕方頃がベストですね!

スポンサーリンク

まとめ

今回は、「バンコクの交通の要所」と「スクンビットのエリアごとの特徴」を地図を使って、タイ歴22年の私が解説しました。

それでは、素敵なバンコク観光を楽しんで下さいね!

タイ旅行を全力で楽しむためのおすすめ情報をギュッと詰め込んだよ!
今回は、「タイ旅行のおすすめ観光地」と「タイに行く前に知りたい旅情報」について、タイ歴22年でタイ旅行が大好きな私が解説します。 「タイ旅行にいこう!」と思ったとき、まず決めないといけないことがあります。それが、タイの「どこの観光地に...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
バンコク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
役に立ったと思った方はシェアして下さいね!
タイびと