バンコク「チャイナタウン」ヤワラートの楽しみ方を解説していくよ!

バンコクにある有名なチャイナタウン(中華街)を紹介します。ヤワラート通り(上記写真)を中心に展開しているので、簡単に行けるのも嬉しいですね。

タイに居ながら中国の雰囲気を感じられるので、観光客にも地元タイ人にも人気のエリアですね。おすすめのバンコク観光地の1つですね。

バンコクのチャイナタウンであるヤワラート通りを紹介するよ!

実は、バンコクのチャイナタウン周辺はグルメに関して特に人気があります。と言うのも、安価な料金でプチ高級中華料理である「フカヒレやツバメの巣」が楽しめるんですよね。

それでは、具体的にチャイナタウンを観光してみましょう!

スタートはチャイナタウン門からだよ

スタートは「チャイナタウン門(上記写真)」からが分かりやすいですね。この写真の右手側が「ヤワラート通り」になります。

では、右手方面に歩いて行って下さい。タイの他の地域の雰囲気とは少しだけ異なるのがとっても興味深いですよね(笑)香りなんかも、ほんのりと中国を感じさせます。

漢字が増えてくるので、なんだか懐かしい気持ちに(笑)

タイ国内で漢字を見る機会は、あまり多くありません。日本料理のお店に行ったときくらいかな。しかし、流石はチャイナタウンです。

漢字、漢字であふれています。意味は分からないにしても、日本人なら一応は読めますよね。さらになんとなく言葉の意味がつかめます。

ですので、なんか嬉しくなるエリアなんですよね。ヤワラート通りを引き続き道なりに歩くと「チャイナタウン中心地」にたどりつきます。

チャイナタウンの中心地

もう、道なりに歩く必要はありません。この周辺がチャイナタウンのメイン観光地になります。迷子にならないように気をつけながら、心ゆくまで彷徨い歩いて下さい。

いろんな物が売ってるので、歩いてるだけでもとっても楽しいですよね。

雑踏と混沌の中華街

観光客も地元のタイ人で日々賑わってます。ですので、熱気と活気であふれかえってます。日本人が忘れてしまった「高度経済成長」の時代の雰囲気ですね。

まさに昭和のマーケットって感じかな。雑踏と混沌を感じてほしいですよね。人混みをかき分けて歩く場所もありますよね。これが、楽しいんだよね(笑)

路地から路地を歩き回ると最高に心が躍る

とにかく日本ではあまり感じられない雰囲気がたまらなくいいですね。時間の許す限り彷徨い歩いて下さいね。そして、お腹が空いたら、プチ高級中華料理を堪能してください。

日本で食べたらウン万円の食材たちが数千円で楽しめますよ(笑)私もチャイナタウンにきたら、ここぞとばかりに食べています(笑)

次のページは、「バンコク・チャイナタウンの行き方」